19/20シーズン24日目 八千穂高原スキー場【日帰りプチ山トリップ】

 みなさんこんにちは。エス氏です。2020/2/11は日帰りで長野県の八千穂高原スキー場へ滑りに行ってきましたよ。前回の記事では次回エス氏ツアーと書いた気もしますけど、そういえば日帰りで滑ってましたわ。八千穂高原は横浜から日帰りでも滑りに行きやすいゲレンデで、けっこうエス氏のお気に入りなのですぞ。今回はアミックスの板に乗ってみたいという滑り仲間のプチ山と一緒でした。彼はプチ山軍団という軍団の長で、以前は軍勢を引き連れてエス氏ツアーにも参加してくれていたのですが、昨年からエス氏ツアーが開催されなくなりしばらく一緒に滑っていなかったんですよね。今回は久しぶりに滑れてよかったです。

 川崎に住むプチ山に迎えに来てもらい、彼の車で八千穂高原へ向かいました。今シーズン人の車で滑りに行くのははじめてですね。実はこの時点で大きなミスを犯していたのですが、そのことにエス氏が気がつくのはまだしばらく先のこと。

 今回はプチ山にアミックスのアグレッサーを貸すためのトリップですし、車も彼が出してくれました。自然と彼のペースに合わせるトリップになりましたが、中央道の談合坂SAで休憩してすた丼を食べるというエス氏定番の流れは踏襲してくれましたね。

 この日はスカッと晴れて良いお天気でしたなぁ。最高のスノーボード日和でした。

 八千穂高原は小海リエックスのすぐ先にあります。小海リエックスの先からは一部雪道になりましたよ。この辺りは雪が解けずに残るのです。

 8:30頃八千穂高原スキー場に到着しました。

八千穂高原スキー場

 プチ山は駐車場の一番奥に車を駐めました。こんなところに駐めたらゲレンデまで遠いではないか。

 と思いましたが、駐車場の端から見える景色がキレイだったのでよしとしましょう。

 車内で少し仮眠してから駐車場へ。一瞬ですが眠れてすっきりしました。目が覚めた瞬間、ここはどこだと混乱しましたけど。リフト券は会社の福利厚生で入会しているベネフィットステーションのクーポンを使い、1日券が3,000円になりました。

 19/20シーズンは序盤に滑りに来ましたが、今回はほぼ全面滑走可となっています。プチ山がアグレッサーに試乗するには絶好のコンディションでしたな。

19/20シーズン3日目 八千穂高原スキー場【サクッと日帰りトリップ 前編】

2019年12月9日

 まずは第4リフトに乗り、第4コースを滑ります。八千穂高原で一番滑りやすいコースですが、けっこう混むんですよね。しかもなぜかガチ勢が多いです。上手いんだからもっと他で滑ってほしいものです。

 続いて第3リフトに乗り第3コースへ。こちらの方が空いていて人を気にすることなくカービングできましたね。

 センターハウス脇のファミリーゲレンデへ。ここは短いコースですが、初心者が練習するには十分かと。

 ファミリーリフトから第2リフトに乗り継ぎます。

 第2リフト下のトライアルコースはクローズしていましたがなぜでしょう。

 第2コースの前半は滑りやすい斜度でしたね。リフト下にある壁はもう少し雪がついていると良かったですな。

 後半はちょっと斜度がありましたよ。ところどころ雪質が変わるので、転ばないようにゆっくり降りました。

 続いてアゼリアコース。こちらは緩やかな斜面ですがいささかコース幅が狭いんですよね。

 アゼリアコースの途中にコブがありましたよ。なにやらシャバ僧には入りにくい雰囲気を醸し出していますが、なんせ滑れる男プチ山と一緒だったのでチャレンジしてみることに。

 コブはキレイでしたがちと硬かったですね。シャバ僧のエス氏的にはもう少しシャバってくれている方が滑りやすかったです。そしてコースが長い。キツイなーと感じたのにまだ半分しか滑っていなくてこりゃ無理だと諦めようかと思いましたが、プチ山に負けてなるものかと頑張りました。

 エイトパークというのもありましたが、あまり滑っている人はいませんでしたね。

 今度はアゼリアコースを下まで降りました。概ね緩やかで滑りやすいコースでしたな。

 アゼリアコースの下にあるレストラン、ジョイナスでランチ休憩。中はそこそこ混んでいて、座敷の席しか空いていませんでした。

 こちらは唐揚げ定食1,150円。うーん、この唐揚げはなんと言いますか微妙でしたね。味付け自体は悪くないのですが、なんですかね。油が悪いのかな。

 座敷の良いところはお昼寝できることですな。すやぁ〜。

 いつまでも寝ていたかったエス氏ですが、プチ山が滑るというのでついて行きました。彼は八千穂高原が初めてということでしたが、午前中で一通り滑りましたからね。彼が滑りたいというコースに付き合って午後も滑りましたよ。エス氏はランチ休憩の後は帰るタイミングを計り出すのですが、今回はプチ山の車できていることもあり、彼のペースに合わせました。これがまたリフトが止まるまで滑る男なんですよ、プチ山は。

 第2コースの後半では検定が行われていました。スキーヤーにまじり一人だけスノーボーダーがいましたが、とても上手でしたね。

 エス氏もプチ山に付き合って16:00頃まで滑っていましたが、いい加減疲れて上がることに。プチ山はさらに16:30まで滑っていました。いやはやがんばりますのう。こういう人が上手くなるんでしょうね。エス氏も見習いたいと思います。実際には普段より長く滑ってもあっという間でしたね。楽しく滑れたからでしょうか。八千穂高原はやはり滑りやすくて良いゲレンデでしたわ。プチ山も思う存分アグレッサーに乗れたようです。気に入ってくれたようですが、まあ買うとなるとけっこう勇気いりますよね。

 夕方になるといささか寒くなりましたね。エス氏は普段日が高いうちに上がるものでして。身体が冷えてしまったので八峰の湯で温まることに。八千穂高原からは小海リエックスを通り過ぎた先にある日帰り温泉施設ですね。通り道にあるので以前から知っていましたが、ヤッホーの湯というネーミングセンスにチープなものを感じ今まで避けていたのですが、まずは身体を温めることが先決でした。まあ結果的にはかなり良かったので別記事でご紹介しようかと。

八峰の湯(ヤッホーの湯)

 お風呂から上がるとすっかり日が落ちていました。この時間だと普段なら高速道路の上ですな。

 帰りはプチ山おすすめという花吹雪で晩御飯。こちらはランチはやっていないようなので、普段のエス氏のペースだとまず訪れることのないお店ですね。

 食にうるさいプチ山おすすめというだけあって実に美味かったですね。しかもボリューム満点。エス氏は牛たたき風ステーキ定食1,980円を注文したのですが、ちょっと一人では食べきれませんでした。プチ山はいつかここで飲みたいと言っていましたが、エス氏も同感ですね。良い店です。

 余談ですが、花吹雪の周辺は畑ばかりなんですよね。食事が終わる頃にはすっかり辺りは真っ暗になっていたのですが、おかげで星がとてもキレイに見えました。おっさん二人で星空を眺めるのもどうかなとは思いましたが。

 自宅までプチ山に送ってもらう途中、衝撃の事実が明らかになりました。エス氏が川崎駅の歓楽街周辺に住んでいると思っていたプチ山は、実は全然違うところに住んでいるというではありませんか。思い込みって怖いですね。プチ山はルート的にゲレンデと逆方向にエス氏を迎えに来ることになってしまったのです。申し訳ないことをしました。プチ山曰く「エス氏が無理難題をオレに押し付けてきた」だそうです。先に言ってくれよ。

 そんなわけで、久しぶりにプチ山と滑りましたが、コンディションが良くて楽しかったですな。彼に合わせてエス氏もいつになくたくさん滑りましたわ。たまには良いものですね。自分で運転して帰ると思うとキツイですけど。この日は雪も良かったですけど天気も実に良かったんですよね。青い空が印象的でした。こんな青い空を見るとエス氏は20年前に滑ったフランスのティーニュを思い出すのです。ティーニュの空は実に深い青でしてね。そういえば最近またティーニュで滑ったような気もしますが、ブログの更新はいつになるのでしょうか。もう忘れてしまいそうですけど。

 フランスどころか毎週のトリップも更新しきれなくなってきております。次回は、今度こそエス氏ツアーですよ。あいにくの雨でしたけどね。お楽しみに。

19/20シーズン25日目 鹿島槍スキー場【エス氏ツアー】

2020年2月26日

にほんブログ村 スキースノボーブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です