21/22シーズンモデル試乗 FLUX CV

 みなさんこんにちは。エス氏です。2021/3/20は苗場スキー場で開催されたドリームゲートの試乗祭に参加してきました。今回はビンディング、FLUX CVの試乗レビューです。

 第3高速リフトに乗り、第2ゲレンデで試乗しました。シャバ雪でボコボコと、まあ厳しいコンディションでしたな。

FLUX

 フラックスはジャスダックに上場している株式会社カーメイトが展開しているビンディングのブランドですね。カーメイトは自動車用品の企業ですが、なんだってスノーボードのビンディングなんて作っているのでしょうか。ビンディングについては長いことバートンが最高だと思っていましたが、ここ数年はすっかりフラックスがエス氏のお気に入りとなっていますな。

CV

 フラックスのビンディングはTransfer、Flat Rocker、Basicという3つのカテゴリーに分類されますが、21/22シーズンからの新モデルであるCVはSuper Transferというカテゴリーになります。Transferはカービングなどのライディング重視のシリーズということなので、Super Transferはその進化版ということでしょうか。

 ベースプレートにブーツを入れると、かかとからふくらはぎにかけての収まりが良いように感じられました。ストラップはキュッと締まる感じでフィット感が良いですね。エス氏は同じくFLUXのXFを使っておりましたが、ハイバックはXFより硬く感じましたな。レスポンスは抜群で、とても気持ち良くカービングできました。

 CVは他のモデルよりもヒールカップの位置を高くしているのが特徴で、板を傾けてもドラグしにくくなるということですが、まあエス氏はそこまで傾けられませんので関係ありませんな。それでもヒールサイドのターンはやりやすく感じましたし、ブーツの収まりも良かったので、印象としてはとても素晴らしいビンディングかなと思いましたぞ。というわけでCVは試乗会の後で予約をしてしまいました。このモデルなかなかの人気ですでに入手困難なようですね。ビンディングがこれほど売れるとは珍しい気もしますが、まあ実際エス氏も試乗してみて、もうこれで決めちゃっていいな、とすぐに判断できる程度には良かったと思います。

 試乗後に自分のXFで滑りましたが、これはこれで実に良いビンディングだな、という印象は変わらず、エス氏の腕前的にはXFで十分すぎるほどだという気はしておりますな。XFの方がカラーバリエーションが豊富なので、CVが買えなかった方もそれほどがっかりする必要はないかと。

20/21モデル FLUX XF(JOHN JACKSON) インプレッション【ビンディング】

2021年5月7日

スノーボード用品試乗レポート 一覧

2012年10月12日

4 件のコメント

  • レビューありがとうございます。
    CV、SNSとかで話題になっていましたが、実際よさそうですね。
    XF、SRの他のTransfer Seriesと違って板とバインが接するところの角にクッションがついているのも良さそうですね。

    • CVは実際良かったですね〜。
      クッションは気がつきませんでした!
      ハイバックのローテーションもさせやすくなっているとか…。
      実物が届いたらあれこれ観察してみたいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です