穴場にもほどがありますわ。

北竜温泉1

 みなさんこんにちは。エス氏です。年末年始4泊5日の旅、最終日の2017.1.2は北竜温泉ファミリースキー場で滑ってきました。ここは日本有数のビッグゲレンデ野沢温泉スキー場から車で10分もかからないほど近いので、まあ普通に考えるとここまできたら野沢温泉で滑るよね、ということになる超ローカルなゲレンデ。そんな北竜温泉に、野沢温泉のシーズン券をもつエス氏があえて滑りに行ってきました。

北竜温泉2

 野沢温泉まで鬼を送り行きましたが、やはり駐車場は満車で、シャトルバスの乗り場に人が並んでいました。

北竜温泉3

 飯山側に少し引き返すと北竜温泉ファミリースキー場の看板が見えます。ついにこの角を曲がる日がきましたか。

北竜温泉ファミリースキー場

北竜温泉4

 一面雪景色の中、ポツンと建物があり、その奥にリフトが見えます。あれでしょうか。どうも様子がおかしいですぞ。誰も滑っていません。

北竜温泉6

 駐車場には地元の軽トラしか停まっていません。そもそもここは駐車場なのでしょうか。5台くらいしか停められませんけど。手前に広い駐車場もありましたが、あちらがメイン駐車場の様ですな。

北竜温泉5

 建物の中に人が見えたので、とりあえず入ってみました。客がいる様には見えませんが、一応営業しているようです。野沢温泉とはえらい違いですな。

 リフトは1本だけ。北竜温泉文化会館側のリフトはもう動いていないそうです。ゲレンデにはまだ雪が少なく、滑れるのは一部のみ。とりあえず午前券を買いました。

北竜温泉7

 センターハウスから少し滑ると、このゲレンデ唯一のリフトが。

北竜温泉8

 Aコースはトラックが1本しかありませんが、雪はどうなんでしょう。サラサラには見えませんが。滑る気満々でしたが、Aコースはクローズしてました。滑れるのは初級のゴールデンコースと中級のBコースのみ。

北竜温泉9

 まずはゴールデンコースを滑りましたが、雪はガリガリに凍ってましたね。

北竜温泉10

 Bコースを覗いてみましたが、この雪ではなかなか厳しそうですな。

北竜温泉11

 コースはここまで。

北竜温泉12

 右に滑るとBコースと合流。

北竜温泉13

 最後は軽く流してリフト乗り場に戻ります。さてどうしましょう。雪が硬すぎて全然楽しくないですぞ。午前券の元を取るには13回以上リフトに乗らなくてはなりません。

 ゴールデンコースの奥側は微妙に滑りやすいぞ、とか小さな発見をしつつ3本ほど滑ったところで飽きました。これはBコースを滑るしかないでしょう。

北竜温泉14

 試しにコース脇の非圧雪部分にちょっと入ってみましたが、表面はパリパリで中はしっとり。板をとられてターンがしにくいですの。まあこれも練習ですかね。

北竜温泉15

 というわけで、Bコースに入ってみることに。そこにはパリパリのノートラックバーンが広がっていました。恐る恐る滑ってみると、思ったより滑りやすいですね。斜度があるのでスピードを出しやすく、勢いがあればこの様な雪でもコントロールがしやすいわけですな。

北竜温泉16

 雪質が良いとはいえませんが、やっぱりノートラックは気持ち良いですわ。サラサラの雪じゃなくても十分過ぎるほど面白かったです。最高なのはこの斜面を滑っているのがエス氏1人だけだということ。他のお客さんは、初心者のボーダー2人と母子の初級スキーヤー、スキーレッスンを受けている子供が2人だけ。下の方でそり遊びをしている家族はいましたが。

 Bコースは適度な斜面で滑りやすく、滑っても滑っても無くならない新雪を存分に楽しむことができました。リフトには17回乗ったので、しっかりと元は取れましたな。こりゃAコースも滑りたかったですわ。

北竜温泉17

 センターハウスに戻ってランチ。空いてますのう。

北竜温泉18

 カツ丼は肉が少し固めでしたが、まあまあイケました。

北竜温泉19

 てなわけで、超ローカルゲレンデ北竜温泉ファミリースキー場を大満喫してきました。帰る頃には多少客が増えていましたが、それでも10人前後。お正月でこれとは、ふだんはどうなっているんでしょうか。このローカル感はさかえ倶楽部の比じゃないですね。雪が積もったらパウダー滑り放題な気がしますぞ。野沢温泉の朝イチに出遅れてパウダーが滑れなそうな日は、手前の北竜温泉に寄ってみるとガッツリ新雪を楽しめるかもしれませんの。今度試してみたいと思います。

 北竜温泉の動画をFacebookページにアップしておりますよ。

DQNボーダー養成口座:Facebookページ

北竜温泉20

 滑った後は鬼と合流し、いいやま北竜温泉文化北竜館で温泉に入りました。この施設はなかなか綺麗で女性にも好評です。昨シーズンも入浴し、別記事でご紹介するといいつつそのままになっていたので、今回こそは記事みまとめたいですな。

いいやま北竜温泉文化北竜館

 これで年末年始4泊5日のスノーボードトリップは終了です。さかえ倶楽部で雨に降られた以外は楽しく滑れました。美味しいものを飲み食いして、温泉にも入り、なかなか充実しておりましたね。今回の連休は比較的短かったのですが、それでもこれだけガッツリ滑れる機会はそれほどありません。貴重な休みを楽しく滑れてよかったと思いますの。

 さて次回の滑走日記は今シーズン2回目の北海道、キロロスノーワールドです。お楽しみに〜。

16/17シーズン年末年始4泊5日のスノーボードトリップ【飯山編】

【今回のリフト券:2,200円 16/17シーズン累計31,100円 1日あたり1,829円】
【野沢温泉シーズン券償却:定価63,000円 今回▲0円 残38,400円】

767eff7f
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ