19/20シーズン12日目 La Clusaz【フランストリップ5日目 中編】

 みなさんこんにちは。エス氏です。フランストリップ最終日の5日目、2020/1/3はLa Clusaz/ラ・クルーザで滑りましたよ。前回はラ・クルーザで一番標高の高いCol de Balmeまで登りました。リフトが怖くて大変でしたけどね…。今回はCol de Balmeから滑り降りるところからはじまりますよ。

19/20シーズン12日目 La Clusaz【フランストリップ5日目 前編】

2020年8月11日

 今回のマップです。前回は移動ばかりでしたが、今回は滑りますよぉ。

 その前に景色を眺めてから行きましょう。なんせ観光スノーボーディングですからね。

 崖に突き出した展望デッキがありましたよ。いい眺めですのう。高いところが苦手なエス氏ではありますが、こういうところは意外に平気だったりします。

【START】さあ滑りましょう。Col de Balmeから降りるBlanchotコースは見晴らしもいいですし、左右を巨大な岩に囲まれていてなかなか迫力があるコースなんですよ。

 リフト降り場から少し回り込むようにしてコースに入ります。とにかく岩がデカイんですわ。

 岩の話ばかりで恐縮ですが、画像からこのサイズ感が伝わるでしょうか。怖いぐらいです。

 乗ってきたCol de Balmeリフトの向こう側にもどデカイ岩。左右を岩に囲まれたこのリフトはエス氏史上最恐でしたな。

 ちなみにBlanchotコースは景色を眺めに来た初級者も大勢滑っていましたが、なかなか侮れない斜面でしたよ。滑落しているスキーヤーも見かけましたから。

 手強い斜面は迂回しましょう。けっこう雪も硬かったのですよ。

 最恐リフトの乗り場が見えてきましたね。斜度も雪も距離も手強い斜面でしたわ。おまけに人も多かったですし。

【1】ようやくLa Balmeゴンドラの降り場、Col de Balmeリフトの乗り場まで戻ってきました。まだまだ先は長いのですが、ここからのコースは斜度的にまだ楽でしたな。

 長〜〜いつづら折りのコースをどこまでも滑ります。標高が下がってきたので木も生えてますな。

 半分凍った池が見えますね。人工降雪機で使うためのものでしょうか。

 池の辺りまで来ると斜度も緩やかになり、だいぶ滑りやすくなりましたよ。ちなみに疲れるので張り切ったガチカービングなんかは特にやりません。タラタラ。

 ゴンドラ乗り場まであと少し。ラ・クルーザはパラディ・スキーやティーニュに比べると標高が低いので、積雪量は少なめでしたね。雪が硬いのは人工降雪機で補っているからでしょうか。ちなみにLa Balmeゴンドラ1本分ガッツリ人工降雪機が備えられていました。ハンパないですね。

 ようやくゴンドラ乗り場まで降りてきました。Col de Balmeからの1本だけでもうお腹いっぱいという感じでしたわ。

【2】とりあえずトイレ休憩。トイレは行ける時に行く。これがフランストリップで学んだことですね。それにしてもトイレはやっぱり日本は最高ですなあ。

 さて2つのゴンドラのうち、今度は残るFernuyゴンドラに乗りますよ。先ほどよりずいぶん混んできましたな。時刻は11:00頃で、Col de Balmeまで行って戻ってくるのに1時間かかった計算ですね。

 Fernuyゴンドラの乗り場は珍しく木造でした。なかなかいい雰囲気ですな。

【3】Fernuyゴンドラを降りたところはCoteという場所で、ゲレンデマップを見た感じ標高2,000mのようですね。上の方にもコースが見えますが、ボッコボコなので下へ降りることに。ちなみにここでポーズを決めた写真を撮ったのですが、仕上がりを見たらダサすぎてブログには使えませんでした。

 下の方もまあまあボコっている上になにやら混んでましたわ。衝突に気をつけないと。

 ゲレンデを見渡すと、下の方は木が生えていて黒く見えますね。2,000mまでは生えないものの、1,800mくらいまでは生えてそうですな。その辺りが森林限界というやつでしょうか。

 ど〜れコブでも攻めてみるか!と意気込んでみたのですが、よく見るとコブはデカイわ雪は硬いわで痛い目に遭いそうな予感。やめておきましょう。

 右奥にもコースが見えますが、そちらは次回滑ります。まずはリフトの下をくぐってまっすぐ滑りましたよ。

 雪が少なく、地形がくっきり出ていましたな。まあ同時期の日本のゲレンデに比べるとかなりマシだったとは思いますが。

 降ってくると、コース上にちょいちょい小石などが出ていました。当時はまだシーズン前半だったので、プレミアムボードのアグレッサーに傷がつくんじゃないかとヒヤヒヤしましたのう。

【4】Cote2000リフトの乗り場まで滑りました。JMのプランではこの先まで行くつもりだったようなのですが…。

 コースを見ると雪は少なかったですね。滑れないことはありませんが、かなり板が傷ついてしまいそうな斜面。ここは無理することもないでしょう。ということでCoteに引き返します。

 Cote2000リフトから見たゲレンデですが、クソデカイのがなんとなくお分りいただけるでしょうか。ラ・クルーザだけで白馬バレーの全ゲレンデに匹敵するデカさなのは伊達じゃありません。

 ちなみにCote2000リフトはL’Aiguilleというリフトの上を通ります。リフトとリフトが交差するのは珍しいですよね。

【GOAL】というわけで先ほどのCoteに戻ってきました。エス氏のポーズがダサかったところですね。

 今回はCol de Balmeで景色を眺めてからロングコースを滑り降り、ゴンドラに乗ってさらに滑ってと、かなり楽しめましたな。後半は雪不足でしたけど。雪不足だった当時の日本よりははるかに雪がありましたけど。さて次回はCoteから街まで下山しますよ。お楽しみに。

19/20シーズン12日目 La Clusaz【フランストリップ5日目 後編】

2020年8月24日

ヨーロッパで滑りたい方はこちら!ユーロ・スポーツ

にほんブログ村 スキースノボーブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です