19/20シーズン21日目 松之山温泉スキー場【初155】【津南トリップ 後編】

 みなさんこんにちは。エス氏です。2020/2/1〜2の津南トリップ2日目は、十日町市の松之山温泉スキー場で滑ってきましたよ。前日はニュー・グリーンピア津南スキー場でちょろっとパウダーを滑ることができ、玉城屋では温泉もお酒も最高でなかなか楽しめまして。松之山温泉スキー場はリフト2本のローカルゲレンデですし、ちょろっと滑って帰るかな〜といういつものヌルいプランでしたよ。

19/20シーズン20日目 ニュー・グリーンピア津南スキー場【初154】【津南トリップ 前編】

2020年2月5日

【松之山温泉 酒の宿 玉城屋】日本酒ペアリングプランがおすすめ!お酒も温泉も最高の宿

2020年2月6日

松之山温泉スキー場

 松之山温泉の宿に泊まるとスキー場のリフト割引券がもらえますよ。松之山温泉スキー場は1日券が大人3,000円ですが、割引券を使うと2,000円になります。ちなみにエス氏は午前中でサクッと上がるつもりだったので、半日券(こちらも2,000円)で十分だったんですけどね。

 温泉街のお土産屋は朝から営業しているというので、出発前に覗いてみることに。

 とりあえず手を入れてみますよね。

 漫画家のしげの秀一さんはなんと松之山出身だそうで、こんなポスターが。ちょっと驚きましたね。

 かんずり味?のチャルメラは思わず買ってしまいました。まだ食べてませんけど。その他にも新潟限定のビールなんかをお土産に買って帰りましたぞ。

 温泉街から松之山温泉スキー場までは車で数分の距離です。9時過ぎ頃に駐車場に入りましたが、大会があるようでけっこう車が駐まっていましたね。ほぼ長岡ナンバーでしたけど。

 ローカル感漂うスキーハウスです。いいですね〜好きですよ、こーゆー感じ。

 中もいい感じに小屋っぽいですね。リフト券は割引券を使って1日券を買いました。せっかくもらったので使っておこうかと。

 そのリフト券にもしげの秀一のイラストがw

 スキーハウスからリフトまでは少し登ります。この日は視界がイマイチでしたね。

 まずは第1リフトに乗りました。週末に雪が降るまでは営業中止していたくらいなので雪は少なかったですね。営業できるほどに降ってくれて良かったのですが、けっこう雪を集めてくる作業などしていたようで大変だったと思いますのう。

 こちらはリフト沿いのファミリーゲレンデ。まずは足慣らしに1本滑りました。雪は重いですが、滑れるだけでありがたいですわ。

 第1リフトから見たパラダイスゲレンデです。ふむ、どういうコースなのかよくわかりませんのう。1枚バーンというわけでもなさそうですが。

 第2ロングリフト側へ降ります。雪が少なくて地形の凹凸がけっこう出ていて滑りにくかったですの。

 第2ロングリフトは思った以上にロングでした。

 中級のニュールックコースは少ないなりになかなか良さげな雪がありましたね。

 リフトを降り、初級のクロスオーバーコースで降りることに。右側は非圧雪のチャンピオンコースですが、こちらは滑走不可でした。

 松之山温泉では赤い色が塗ってある竹がコースに沿って刺さっていて、その内側がゲレンデの管轄エリアということのようでした。竹の外側に出るのは自己責任ということですね。自己責任というのは好きに滑っていいということではなく、そこで死んでもゲレンデの責任じゃないよ、という意味ですな。

 これがその竹ポールです。チャンピオンコースは竹ポールの外側ということになるのですが、そもそもこの下でスキーの大会やってるんですよね。

 細いクロスオーバーコースを降りていくと、スキー大会の会場が。ネットの間を滑って進みます。スノーボードの初級者にはちょっと大変かも。

 右側は大会で使っているので、左側の平坦なコースを進む羽目に。スノーボーダーにはいささか不親切ですが、仕方ありませんね。

 コース脇のパウダーはけっこう楽しめましたよ。雪は重いですけど。

 クロスオーバーコースも中ほどまでくれば左半分でも滑りやすくなるのですが、その狭い一般コースをスキーヤーがかっ飛ばして滑るのは危なくて迷惑でしたわ。

 こちらはリフトから見たニュールックコースですね。ふむふむ、ここは降りても大会のコースにはぶつかりませんぞ。

 ニュールックコースと合流した先は緩やかになり、クロスオーバーコースの後半に続きます。

 このクロスオーバーコースの後半がなかなかのくせ者でして。

 視界が悪くてよく見えなかったのですが、小さなポールでバンクドスラロームのような細いコースが作られていました。コースの外は雪が少なく圧雪もされていません。下山するために雪を集めた細い通路の周りにうっすらと雪が積もっているだけのようでしたな。

 ある程度降りてくると普通に幅の広いコースになるのですが、ここまでが面倒でしたのう。このコンディションだと初級レベルのスノーボーダーにはおすすめできないゲレンデですね。もっと雪があれば状況は全然違うと思うのですが。

 さて、今度は第2ロングリフトからニュールックコースを滑ることにしましたよ。この先パウダー開放中なんて嬉しいじゃないですか。ところでこの看板には「解放中」と書いてあるんですよね。エス氏は「開放中」の方がしっくりきたのですが、今まで滑走を制限されていたコースを「解放」したということなら「解放中」で正しいのかも。日本語って難しいですのう。

 まあ雪は少ないし重いんですけどね。それでもこの斜度のコースなら十分楽しめます。スキーヤーは大会で、このコースはほとんど誰も滑っていませんでした。ようやくアグレッサーでパウダーらしいパウダーを滑ることができて良かったですわ。まったく問題ないですね。やはりアグレッサーは素晴らしいフリーライディングボードです。

 ついでにパラダイスゲレンデも滑りましたよ。ここは雪が少なく竹ポールの外側になっていたのですが、まあイケるかなと。重雪に足を取られ、地形の凹凸をかわしながら慎重に滑ったのでそれほど気持ち良かったわけではありませんが、やはり非圧雪は楽しいものですな。

 下から見たパラダイスコースです。このゲレンデは降った後は相当なパウダーゲレンデになりそうですね。ガラガラだしエス氏はけっこう気に入りましたよ。

 最後は第2ロングリフト乗り場の脇を通ってスキーハウスまで降りました。ちょろっとしか滑りませんでしたけど、十分楽しめましたぞ。松之山はちと遠いのですが、ゲレンデも温泉もかなりエス氏好みです。今度はしっかりと雪があるときに滑りに来たいものですわ。たぶんまた来る気がします。

 さて、玉城屋で朝風呂に入ったというのにまた温泉にやってきたエス氏です。第2ロングリフトはけっこう寒かったのですよ。鷹の湯は松之山温泉街にある日帰り温泉施設ですね。別記事で詳しくご紹介しましょう。

【松之山温泉 鷹の湯】日本三大薬湯の一つで身体の芯までぽかぽか!

2020年2月10日

松之山温泉 鷹の湯

 身体を温めた後は湯沢方面を経由して東京へ帰ります。津南の辺りは道路の雪が溶け走りやすくなっていましたが、湯沢側の方がやや雪が多かったですかね。

 お、石内花岡スキー場の案内が。営業しているのかしら。

18/19シーズン18日目 石打花岡スキー場【初】【中越トリップ1日目午後2】

2019年2月22日

 東京に帰る前に久しぶりにぽんしゅ館に寄りましたよ。最後に来たのはいつかしら。

【新潟県】ぽんしゅ館 越後湯沢店【湯沢町】

2016年10月5日

 玉城屋で飲んだ越の鶴は気に入ったので買って帰りました。

 エス氏の定番、鮎政宗も忘れてはいけません。

 そしてサーモンの塩辛。これが美味いんですわ。さーて、とっとと帰って一杯やりますかね。

 てなわけで、津南トリップは大満足の結果に終わりました。ニュー・グリーンピア津南スキー場は空いていて楽しく滑れましたし、松之山温泉スキー場は穴場を見つけた気がしますのう。玉城屋では温泉もお酒も楽しめました。津南トリップはエス氏がシーズン前からプランを考えていたいくつかのトリップのひとつなのですが、今シーズンは雪不足だったりスケジュールの都合で実現できていないトリップが多いいのですよ。そんな中で今回のトリップが楽しいものになったのは嬉しかったですぞ。

 さて次回は昨シーズン行われた「超接待トリップ」の第2弾のはずが…。一体どうなってしまったのでしょうか。次回もお楽しみに。

18/19シーズン36日目 野沢温泉スキー場【超接待トリップ 前編】

2019年5月16日
767eff7f

にほんブログ村 スキースノボーブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です