19/20シーズン9日目 LA PLAGNE【フランストリップ2日目 中編】

 みなさんこんにちは。エス氏です。フランストリップの2日目、2019/12/31の大晦日はパラディ・スキーのラ・プラーニュで滑っております。前編では朝イチから最高のコンディションで滑った様子をご紹介しました。今回はPLAGNES CENTERに戻ってきたところからはじまりますよ。

19/20シーズン9日目 LA PLAGNE【フランストリップ2日目 前編】

2020年6月24日

 こちらが今回のマップです。【START】はPLAGNES CENTERです。ちなみに標高は1,970mですね。日本ならここから滑り降りる高さですが、フランスではここからさらに上がって滑るのですよ。

 さて前編では標高2,500mのGrande RochetteからPLAGNES CENTERまで一気に滑り降りてきました。今度はCOLORADOリフトに乗りましたよ。

【1】COLORADOリフトを降りて向かったのがBUFFALOパークです。このパークはメチャクチャ面白かったんですよね。普段パークには寄り付かないエス氏ですが、こんなに楽しいパークが日本にもあれば滑りまくりだと思いますわ。

 パークといってもキッカーやレールなどがあるわけではありません。そんなパークで楽しめるほどエス氏は上手くないですからね。このパークで最初に出てきたのはコース脇に立っている少年と、バカでかいチョキです。これは何かと思ったら、すれ違いざまにぶっ叩くためのもののようで。叩いても痛くない素材でできており、キッズスキーヤーが楽しそうに叩いていましたぞ。どれ、エス氏も叩いてみましょうか。オラァ!右の手の平で叩いてみたところ、予想外にしっかりとした手応えが返ってきてバランスを崩しそのまま転倒。なんてこった。チョキにパーで挑んだのが失敗だったか。このアイテムはコースのあちこちに出てきましたが、慣れてしまえば転けずにぶっ叩くことができて楽しめますぞ。

 続いて出てきたアイテムがこちら。先ほどぶっ叩いたの同じようなものが上から吊るされています。ふむ、これを叩きながら通過しろということですね。簡単そうですが油断は禁物です。さっき転けたばかりですし。これは正面に向かって殴ると戻ってきてカウンターを食らうかもしれないので、枠に向かって飛ぶように慎重にパンチを食らわせつつ通り抜けましたよ。

 ふたつのトンネルは大人にはやや小さいですが、しっかりとかがんで行けばすり抜けることが出来ましたよ。こういうのは何度かやったことがありまして。

 難しかったのはこのアイテム。コースの上に貼られたローブからぶら下がっているボードに通り抜けられるスペースが空いているのですが、ロープが左右に揺れているのでボードも左右に動くんですよね。最初は簡単に抜けられるだろうと思ったのですが、近づいてみると意外に大きく左右に揺れておりまして。スキーならボーゲンでスピード調整しつつ揺れに合わせて通り抜けるのも難しくはないと思うのですが、スノーボードではなかなか突破が難しいアイテムではないかと。写真は横滑りでボードにぶち当たっているうんこマンです。

 BUFFALOパークについてはスマホで動画を撮りながら滑ったのですが、4人でワイワイ楽しそうに滑っている動画が残っており、いい思い出になりましたね。こんなものがそんなに楽しいかと思うかもしれませんが、はっきり言ってマジ面白かったですわ。子供だけじゃなく大人も楽しめましたよ。日本にもこんなパークが欲しいですの。

 というわけで再びPLAGNES CENTERに戻ってきました。ここでようやくランチ休憩です。

 PLAGNES CENTERはかなり広いので、せっかくですからちょっとお店も覗いてみましょう。

 こちらはゲレンデマップの下着。これは面白いと買ってみたのですが、赤パンも女性用を買っていましたね。どこで履くのかしら。

 おっと!これはエス氏が探し求めていたヘルメットカバーではありませんか。欲しかったんですよね〜。

 下着とヘルメットカバーをいくつか買ってしまいました。赤パンの分も合わせてJMがバックパックに入れてくれたので助かりましたわい。

 他にもスーパードライが売っているお店にも入り、ここでもお買い物。

 こちらはPLAGNES CENTERのマップ。地下街もあってけっこう広いのです。

 さてようやくランチです。PLAGNES CENTERの地下街にあるお店に入りましたよ。こちらはシードルですね。りんごのお酒。濃厚で美味しかったのですが、甘くてジュースみたいでしたな。

 ガレットはフランスの料理ですからね。さすが本場はうまいですの。

 そしてクレープ。ガレットの後だったので、こんなに食べられるか心配でしたけど余裕の完食。注文しなかったら後悔するレベルでしたわ。フランス料理はやっぱり美味しいですね。クレープなんて日本ではももちゃんクレープくらいしか食べませんが、けっこう好きなんですよ。ちなみにうんこマンは大の甘党です。

 ランチの後は地上へ。雑貨屋にも入り、ステッカーなどを購入しましたよ。フランストリップ後のエス氏の写真をみると、AGGRESSORにあれこれステッカーが貼ってあるのがわかると思いますぞ。

 広間にはボブスレーのそりが置いてありました。ラ・プラーニュではボブスレーの大会が行われたりするようですね。本当はエス氏が前に座りたかったのですが、うんこマンがなかなかどかなかったんですよね。いつまで座ってんだおっさん。

 さてそろそろ滑りに行きましょう。PLAGNES CENTERから建物の下を通り抜けて滑りましたよ。こういうのは珍しい気がしますね。

【2】少し移動してBERGERIEリフトに乗りました。午後もけっこう滑りましたよ。

 BERGERIEリフトは街の間を抜けていきます。この街はPLAGNE SOLEILかPLAGNE VILLAGESのどちらでしょうかねぇ。マップを見てもよくわからんのですよ。

 遠くに見えるのは前編で乗ったゴンドラ、FUNIPLAGNE GRANDE ROCHETTEではないかしら。

【3】写真はリフトを降りたところですが、中央に見える岩山の奥が中編の目的地ですな。かなり遠いのです。

 目的地まで行くゴンドラに乗るために、まずはPLAGNE BELLECOTEという街まで移動します。移動といってもけっこう滑りますけど。

【4】街が見えてきましたが、こちらはBELLE PLAGNEという別の街ですね。後編で出てきますよ。

 ようやくPLAGNE BELLECOTEが見えました。大きな建物がバンバン建っていて驚きますね。フランスは日本のゲレンデとは違い建物の外観に統一感があるのでとてもきれいに見えますな。日本もジャパウとかいう降らなきゃ終わりの雪に頼るばかりではなく、リゾートとしての完成度を高めてもらいたいものですの。

【5】PLAGNE BELLECOTEに到着です。ここからBELLE PLAGNEというゴンドラに乗るのですが、ここもかなり混んでましたな。

 ゴンドラから見ると本当に広大なゲレンデですのう。写真だとわかりにくいのですが、あちらこちらに滑った跡が見えるんですよ。我々はコース内しか滑っていませんが、コース外も含めると広すぎてとても滑りきれないでしょうね。

 BELLE PLAGNEゴンドラは、先ほど滑っている際に見えたBELLE PLAGNEという街に到着しますが、そのまま乗り換えなしで今度はROCHE DE MIOというゴンドラになります。まあBELLE PLAGNEが中間駅で、その前後が別の名前になっているという感じでしょうか。写真はBERGERIEリフトを降りたところで見た岩山の下あたりです。こんなところも滑っている人がいるんですねぇ。

 さて岩山の上あたりがゴンドラの山頂駅だと思っていたのですが、それを越えたところに予想以上に広大なゲレンデが待ち構えていました。下からは全然見えなかったので、奥がこれほど広いとは思いもよりませんでしたわ。

【GOAL】ROCHE DE MIOゴンドラを降りたところはその名もRoche de Mioという山の山頂で、標高は2,739mです。日本で一番標高が高いのは志賀高原の横手山スキー場の山頂で2,307mですが、それよりも400m以上高いところにこんなにバカでかいゲレンデがあろうとは。こういう日本には無いシチュエーションで滑れるのも海外トリップの魅力ですよね。

 山頂にはちょうどヘリコプターが降りてきました。乗り込む雰囲気で撮影したのが今回のTOP画像ですが、もちろん乗り込みませんよ。これはヘリスキー的なものなのか、それとも救助用のものなのか。なんとなく救助用という気がしましたけど。

 今回はPLAGNES CENTERのランチとRoche de Mioまでの移動がメインでした。後編ではRoche de Mioから下山しますけど、ここからが長いんですわ。次回もお楽しみに!

19/20シーズン9日目 LA PLAGNE【フランストリップ2日目 後編】

2020年6月29日

にほんブログ村 スキースノボーブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です