19/20シーズン9日目 LA PLAGNE【フランストリップ2日目 後編】

 みなさんこんにちは。エス氏です。フランストリップ2日目の後編です。天気も雪も最高のコンディションの中、パラディ・スキーのラ・プラーニュでの滑りを満喫しましたよ。前編ではGrande RochetteやLes Verdonsというピークの辺りでKamikazeコースなんかを滑りましたね。中編ではBUFFALOパークを滑り、PLAGNES CENTERでランチの後はRoche de Mioの山頂まで上がりました。今回はRoche de Mioから下山するところからはじまりますよ。

19/20シーズン9日目 LA PLAGNE【フランストリップ2日目 前編】

2020年6月24日

19/20シーズン9日目 LA PLAGNE【フランストリップ2日目 中編】

2020年6月26日

 今回のマップはこちらです。

【START】さあ、標高2,739mのRoche de Mioから下山しますよ。これがまた長いんですわ。

 Tunnelというひたすら続くコースを滑ります。特に難しい斜面はなく初級者も大勢滑っていましたが、午後になって多少斜面が荒れてきており、疲労が溜まってきたエス氏にはなかなかハードでしたな。

【1】Tunnelというコース名だけあってトンネルがありますぞ。けっこうな人数が集中するのでもう少し大きなトンネルにして欲しいものですな。

 トンネル内は怪しげな雰囲気。幅が狭く斜度も緩いので基本的に直滑降ですが、狭くて天井も低く、ちょっと怖かったです。雪面がけっこうボコボコしてまして。スキーヤーはボーゲンで楽勝でしょうが、スノーボーダーはいささか注意が必要です。

 ようやくトンネルを抜けてホッとしましたわ。まあ面白かったですけどね。

 トンネルの後もまだまだ先は長いのです。

【2】中編で少し出てきたBELLE PLAGNEという街に入りましたよ。普通に街中を滑っていきます。

 ここもけっこう広い街なんですよね。

 こんな街中を滑るコースなんて日本には無い(と思う)のでなかなか新鮮ではあります。

 BELLE PLAGNEを通り過ぎると、ゴンドラに乗ったPLAGNE BELLECOTEまでもう一踏ん張りです。かなり長い一本でしたわのう。長いコースは疲れてしまうので、エス氏的には適度にリフトに乗れる方が楽なのですが。

【3】やっとの思いでPLAGNE BELLECOTEまで戻ってきたのですが、とんでもない数の人がリフトに並んでいました。なんじゃこりゃ。ここもPLAGNES CENTERのようにゴンドラやリフトが集中している場所ではありますが、それにしてもすごい人でしたわ。

【4】行列に並び、ようやくCOLOSSESリフトに乗れました。時々あるのですが、リフト降り場の手前にカメラがあり、乗客を撮影してくれるんですよね。リフト降り場にあるモニターに撮影した写真が表示され、アプリがあればダウンロードできたような。そういえばJMがポチポチしていたような気もしますけど、その写真はどうしたかしら。

 いい眺めですね。ここが北海道なら海が見えるのかと勘違いするところでしたわ。

 さてDolinesというコースを滑ったはずなのですが、この辺りコースが入り組んでいてどこを滑ったのかイマイチ把握できておりませんでした。レ・ザルクやラ・プラーニュはリフトを降りた後、いくつものコースに枝分かれしているのが特徴かなと。リフト1本を回すだけでもけっこうな数のコースを滑ることができるんですよね。おかげさまでどこを滑ったのかわからなくなっているわけですけど。

 コースのど真ん中にTバーリフト。ぶつからないように通り過ぎましたよ。

 中編のリフトから見たPLAGNE SOLEILかPLAGNE VILLAGESのどちらかわからない街のどちらかだと思います。

【5】どちらかわからない街を越えるとPLAGNES CENTERです。この建物も中編で出てきましたね。

 今度はLes minesという、夏は道路なんだろうな、という感じのコースを滑りました。

 コンクリの壁に激突したら痛そうですよね。

 なかなかの急斜面。日も落ちてきて雪が硬くなってきましたし、コースも荒れておりまして。これがまた疲れた身体にキクんですよね。

【6】1800という変わった名前のリフトに乗りましたよ。それにしても駐車場が遠いですのう。

【7】すっかり日が落ちてきましたのう。右側は前編の朝イチで滑ったGolfコースですね。ここを気持ちよく滑ったのが遠い昔のようですわ。

 朝はGOLFリフトに乗りましたが、今回はその奥のCornegidouilleコースから下山します。

 cornegidouilleコース(読めねぇ)がこれまた長いコースでして。もう精根尽き果てましたわ。どうでもいい話ですが、エス氏はこの「精も根も尽き果てる」という言葉を、「精(液)がなくなるほど(男)根で突きまくって疲れましたわ(漢字は精も根も突き果てる)」というエッチな内容が語源だと勘違いしておりました。

【8】ENVERSリフトが見えてきましたが、これには乗らずさらにおります。後一息ですが、その一息がまた長いのですよ。

 連絡通路のようなコース。雪が硬くて油断はできません。もはや壁で遊ぶ気力なし。

【GOAL】ようやく駐車場まで戻ってこられました。いやあこの日もよく滑りましたわい。

 普段はサクッと上がってばかりのエス氏ですが、滑る時は滑るのです。むしろフランスでしっかり滑ったので、雪のない日本では温泉旅館がメインだった、ともいえますな。

 アヌシーの宿に蹴る前に、昨日と同じくカルフールでお買い物。

 買い物かごは車輪が付いていて持ち運びが楽なのですが、床タイルのつなぎ目でガタガタと大きな音を立てるのがまあまあうるさいんですよね。ワープ要員玄米のボードケースを思い出しましたわ。

 アヌシー湖の前を通りかかったのは17:30頃でした。18:00になるとかなり暗くなってしまうのですが、この時間ならまだ湖がキレイに見えましたね。アヌシーの水はヨーロッパで一番透明度が高いんですって。

 この日は大晦日ですからね。JEANMAIREというシャンパンで乾杯。JMはワインにも非常に詳しく、ワインやシャンパンも全部彼に(あんまり高くないやつを)選んでもらいましたよ。まあそもそも日本よりお酒は割安ですけどね。

 大晦日なので年越しそば。オーストリアトリップでも食べましたね。そばは日本から持ってきましたよ。異国の地で食べるおそばはホント美味いですな。

 てなわけでフランストリップ2日目も無事に終わりました。広大なラ・プラーニュを思う存分滑りましたね。パークで遊んだりお買い物をしたりと充実した1日でしたわ。大晦日ではありましたが、疲れていたので特にカウントダウン的なこともせず、サクッと布団に入りました。翌日の元旦もガッツリ滑りますからね。さて次回もパラディ・スキーですが、レ・ザルク、ラ・プラーニュといった単体のスキー場ではなく、その両方を行き来してパラディ・スキーの本当の広さを感じてきましたよ。お楽しみに。

19/20シーズン10日目 Paradiski【フランストリップ3日目 前編】

2020年7月2日

にほんブログ村 スキースノボーブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です