ある日。

水上高原 1

 みなさんこんにちは。エス氏です。2017.2.22は有給休暇を使って水上高原スキーリゾートへ滑りに行ってきました。平日なのでエス氏1人です。最近滑ってばかりなので、たまには部屋の掃除でもしようか、滑りに行くにしてもイエティ辺りをサクッと滑るかなどと考えましたが、せっかくなのでまだ滑ったことのないゲレンデを開拓することにしました。

 今回は比較的アクセスしやすい水上エリアに行くことに。水上には赤沢、大穴、藤原とまだ滑っていないローカルゲレンデがありますが、そこそこ滑りごたえがありそうな水上高原で滑ることにしました。

水上高原スキーリゾート

水上高原 2

 ゲレンデの営業開始は平日8:30からなので、それに合わせて到着するように出発するつもりが、かなり早く出てしまったようです。平日の移動には慣れていないので、ついつい関越道の渋滞を心配してしまうんですよね。時間調整のため下道を走って東松山から関越道に乗りました。ちなみに朝食は東松山インター手前の松屋。

水上高原 3

 順調に移動して水上インターを降りました。ETCレーンでちとトラブルはありましたけど。

水上高原 4

 水上高原スキーリゾートはインターから1番奥にあるゲレンデで、40分くらい下道を走りました。途中ダムがありましたね。

水上高原 5

 ローカルゲレンデの藤原スキー場。帰りに回数券買ってサクッと滑ってみようか…なんてこの時は考えていましたの。

水上高原 6

 ゲレンデまでやってきました。日帰りセンターはさらに奥。

水上高原 8

 駐車場に車を停めて着替えました。それほど寒くはありませんし、天気も良さそうです。前日に降ったようなのでパウダーがあるかもと思いましたが、この日はカービングの練習をみっちりするのが目的。まあ朝イチの何本か新雪が滑れたらいいですね。

水上高原 9

 ホテルに入るとやたらポケモンが。このゲレンデはポケモンとコラボしてるようでしたが、その割にポケストップはありませんでしたの。

水上高原 10

 リフト一日券は4,200円ですが、JAFカードを提示すると半額になるそうで。ツイッターで教えてくれた方もいて助かりました。このホテルは従業員の感じがいいですね。前日はかなりコンディションが悪かったようですが、この日は最高だとか。こりゃ楽しみですわ。

水上高原 11

 ゲレンデに出ると修学旅行生が多勢いました。

水上高原 12

 巨大なピカチュウ。うーん、雪玉をぶつけられまくってましたね。

水上高原 13

 ゲレンデマップを見ると、現在地はコースの途中。リフトまでは滑って降りる必要があります。

水上高原 15

 眠っちまいそうな緩斜面を滑ってみなかみクワッドに乗りました。まだ動いているリフトはここだけでしたね。

水上高原 17

 すいすいファミリーコースを見ると、右の林側に新雪がありました。初見のコースですが、向かいにグランドコースも見えているので平気でしょう。

水上高原 18

 林を抜けてグランドコースに出ました。退屈な緩斜面です。

水上高原 19

 第2ロマンスが動き出しました。グランドコースの途中から右に入るとリフト乗り場です。このリフトに1番多く乗りましたね。

水上高原 20

 上級で非圧雪の熊つっとすコース。パウダーをガッツリ滑れました。このコースの動画はFacebookページにアップしてます。

水上高原 21

 かもしかコースと合流し、後は流して第2ロマンスへ戻ります。何本か熊つっとすコースを回していると、第1ロマンス運行開始のアナウンスが。

水上高原 24

 みなかみクワッドからすいすいファミリーコースを進むと、トップオブみなかみコースの下に出ます。

水上高原 25

 第1ロマンスに乗りました。右手には宝台樹スキー場が見えますね。

水上高原 26

 トップオブみなかみコースには新雪がたくさんありましたが、圧雪された迂回コースとの段差が大きくて気を使いました。

水上高原 28

 熊ぼっこすコースのパウダーは一通り食われてましたね。コースの中ほどから林に入るとすいすいファミリーコースに抜けられます。けっこう楽しめましたな。

水上高原 29

 まさかりコースを滑ってみましたが、ホテルに戻る連絡コースの様なものですね。

水上高原 36

 林の中でも滑ると楽しいのでしょうか。

水上高原 22

 第2ロマンスに戻り、モンキーダンスコースへ。ここはまだまだ新雪が残ってましたね。

水上高原 31

 こちらはかもしかコースの上部。上からくるコースもありまひたが、この日は立入禁止になっていました。ラインつきまくってましたけど。

 リフトから見える熊つっとすコースの林の中を滑ってみましたが、ここは楽しかったですな。何度か滑ってみましたが、かもしかコースと合流することろまでツリーランを満喫できますぞ。

 みなかみクワッドに乗り、リフト降り場からグランドコース沿いの林の中を滑ってみました。雪が少々重くなっていましたが、まあまあ良かったですわ。

水上高原 37

 ひたすらパウダーを滑って満足したので、昼過ぎには上がることに。カービングの練習なんて全くしてませんけど、まあ楽しめたので良しとしましょう。こんなことならセレクタを持って来ればよかったですかね。まあカズでも全く問題ありませんでしたけど。

 滑った後は宝川温泉へ。車で20分ほどの距離です。

宝川山荘

水上高原 40

 ここは毎度おなじみ滑り仲間のhorihさんに教わりました。混浴の温泉ですな。

 日帰り入浴1,500円と強気な価格ですが、日本一の大露天風呂とやらはなかなか良かったですわ。露天風呂は3箇所あり、裸のまま歩いて回れるので一通り入ることに。

 混浴とはいえ当然男性しか入浴していません。平日にしては人が多いくらいでしたが…驚くべきことに途中から外国人の美女が3人も入ってきました。こんなモデルの様な美女達と一緒に露天風呂に入る機会がこようとは…信じられない奇跡。この感動をどう言葉にすればいいのでしょう。エス氏にはついにこの時がきたのだと思いました。よく目にするものの、自分では一度も使ったことがない言葉。本当に限られた時にだけ使うべきだと思う言葉。

THE DAY

 ああ…これがTHE DAYなのか…。今まで素晴らしいコンディションで滑ったことは何度もありましたが、だからといってわざわざTHE DAYなどという表現をすることもないと考えていました。本当にTHE DAYなどと呼べる日はシーズンにそう何度もないはず。そう考えるエス氏ですが、間違いなくこの日が16/17シーズンで最高の、まさにTHE DAYだということに確信が持てます。有給を使い、休まず滑り、水上を選んで、昼で上がり、そして宝川温泉へ。全ての偶然が重なって生み出されたこの奇跡こそがエス氏にとってのTHE DAYとなりました。ありがとう、宝川温泉。

 この素晴らしい宝川温泉については別の記事で詳しくご紹介します。

 というわけで、ついに出ましたエス氏のTHE DAY。最高の1日でしたわ。水上高原の方はまあまあ良かったですな。パウダーないと面白くなさそうですけど。ロープが無いので林の中を滑りまくってきましたが、本当はダメなんですかねぇ。ツリーランしなかったらすぐに飽きてしまいますわ。コース沿いの林は迷子になる恐れがなく、木の間隔もちょうどいい具合で、かなり楽しくツリーランできるゲレンデだと思いますね。エス氏はツリーランが上手くはありませんので、いい練習になりましたの。まあ滑るのなら自己責任で。

 さて次回はよませ温泉。またまたスクールのお世話になりますよ。

【今回のリフト券:2,100円 16/17シーズン累計73,900円 1日あたり2,239円】
【野沢温泉シーズン券償却:定価63,000円 今回0円 残29,400円】

767eff7f
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ