19/20シーズン27日目 牧の入高原スノーパーク【越信甲トリップ 中編】

 みなさんこんにちは。エス氏です。2020/2/22〜24の3連休は越信甲トリップということで、初日の「越」は新潟の池の平温泉スキー場で滑りました。2日目の「信」は長野へ移動し、牧の入スノーパークで滑ってきましたよ。

19/20シーズン26日目 池の平温泉スキー場【初157】【越信甲トリップ 前編】

2020年2月28日

【うぐいすの初音】関温泉と会席料理のクオリティ!客室数4部屋のみのプライベート感も魅力の宿ですな。

2020年3月3日

牧の入高原スノーパーク

 前日より関温泉の旅館、うぐいすの初音に宿泊しておりまして、朝から部屋の風呂に入っていると窓の外に関温泉スキー場のリフト乗り場が見えました。そこそこ降ったようですね。朝もまだ降り続いていましたよ。

 朝食後のコーヒータイム。宿の記事ではリラックスしているかのように書いていますが、実はうんこを我慢していたんですよね。このところどうも朝食後がうんこタイムとなっております。

 エス氏がパウダー大好きおじさんだったら関温泉で滑ったと思いますが、そうでもないので特に未練もなく長野へ向かいました。

 前日に訪れた鮎正宗酒造の前を通りましたが、この辺りは雨が降っていましたね。

 10:15頃牧の入高原スノーパークの駐車場に到着です。空いてますのう。

 駐車場からゲレンデまでの坂で息が切れます。

 うーん、雪が少ないですね。センターハウス周辺は昨晩降った数センチの雪しかありませんでしたぞ。

 センターハウスでリフト券を購入。スキーヤーがポールの練習をしているおかげで滑れる範囲はかなり狭くなっていたのですが料金は変わらず。しかも金は返さないと念を押されました。そこまでやる気はなかったので別にいいんですけどね。ちなみに牧の入のゲレンデマップを見ると来シーズンにはゲレンデ上部のリフトが稼働予定となっているんですよね。スタッフにその事を聞いてみると、確定ではないものの予定はあるということでした。ガラガラの牧の入でもう一本リフトが動いたらかなり熱いですね。来シーズンに期待しましょう。

 動いていたのは第1クワッドリフトのみです。リフト沿いのコースは滑れませんでしたね。雪は多少降っていましたが、あまり寒くはありませんでした。

 リフトを降りて右側へ進んだところのコースもポール練習中で規制されていました。つまり滑れるのはスノーボードライディングパーク(にはるはずだったコース)のみ。

 そっちのコースに移動するのにもトラバースがいささか大変でした。

 林の右と左にコースがあり、こちらは上から見て左側です。ゲレンデの一番端ですね。

 右側の方が新雪が多少滑れましたな。薄っすらとですが前日降った雪があったんですよね。

 林の下で左右合流すると幅広いバーンに出ます。雪が少なくて圧雪はされていませんでしたが、けっこう楽しめましたよ。

 幅が広く滑りやすい斜度で、とにかくガラガラ。誰もいなすぎて一本滑る間に1人も滑っている人を見かけないこともありました。左に見える動いていないリフト沿いは薄くですがノートラックの新雪が楽しめましたな。

 下まで降りてくるとやはり雪が少なくて地形の凹凸がもろに出ていましたのう。

 練習していたスキーヤーが一斉に休憩に入ったので、時間をずらして遅めのランチ休憩。これはハリケーンポテト(350円)というスパイシーな食物でしたが、子供達に大人気のようで、ちびっこがみんな注文していました。

 こちらは豚キムチ丼(800円)。エス氏は豚キムチが好物でして。それにしてもこれは量が少ないのでは…と一瞬思いましたが意外に十分なボリュームで、しかもけっこう美味しかったです。これはアリですね。

 午後になると、第1クワッドリフトから規制されているはずのメインバーンを滑っているスノーボーダーを見かけました。ふむふむ、ポール練習中のグループが一つ撤収してコースが広くなったので解放されたのかも。リフト降り場でおっちゃんに聞いてみると、残っているポールコースの邪魔にならないところは滑っていいそうです。こりゃ面白くなってきましたよ。

 スキーヤーの邪魔にならないようにコースの奥を滑りましたが、薄っすらパウダーがほぼ手付かずで残っていて気持ち良く滑れましたね。特に第2トリプルリフト沿いは完全にノートラックでした。今シーズンはあまり深い雪は滑ってませんが、薄くてもパウダーはけっこう楽しくて気持ち良いものですよね。埋もれる心配もないのでパウダー初心者でも楽しめますし、カービングとパウダーの中間のようなフィーリングがとても気に入っているのですよ。

 特に規制はされていなかったので、第2トリプルリフトの向こう側も滑ってみました。こちらもノートラックでしたけど、側溝の跡やら雪が無くて完全に地面が露出している部分とか滑りにくくて失敗したなと思いましたね。あまり楽しくはなかったです。

 午後は思いがけず薄っすらパウダーを思う存分滑ることができ、ここしばらくで一番気持ち良く滑れてしまいました。このところのエス氏を単なる温泉旅館大好きおじさんだと思っている方もいるかもしれませんが、スノーボード もちゃんと楽しんでいるのですよ。牧の入は練習してるスキーヤー以外にあまり人もいないので、空いていて好きなゲレンデです。そこにもう一本リフトが動くと思うと今から楽しみで仕方ないですね。

 十分満喫したのでサクッと上がることに。

 さてこの日の宿は長野県千曲市にある笹屋ホテルです。戸倉上山田温泉は以前日帰り入浴にきたことがありまして。なかなか良かったのでいつか泊まりできたいと思っていたんですよね。

笹屋ホテル

 笹屋ホテルの別棟、登録有形文化財の豊年虫に泊まりました。さすがは老舗旅館といいたいところですが、女性も利用する大浴場の露天風呂が外から丸見えという問題もありまして。詳しくは別記事でご紹介しますよ。

【笹屋ホテル 別棟 豊年虫】(露天風呂が外から丸見えという以外は)老舗旅館の風格はすごいものですね

2020年3月9日

 てなわけで牧の入の新雪と高級旅館を満喫したエス氏。3連休の最終日は山梨で滑りましたよ。次回も楽しみに。

19/20シーズン28日目 カムイみさかスキー場(屋外)【初158】【越信甲トリップ 後編】

2020年3月11日

にほんブログ村 スキースノボーブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です