20/21シーズン41日目 鹿沢スノーエリア【ローテンショントリップ 後編】

 みなさんこんにちは。エス氏です。2021/4/10〜11は長野県の野沢温泉で試乗会があるというので参加してきましたが、野沢温泉の駐車場が激混みしていてやる気ナッシングになってしまったエス氏。早々に上がって温泉旅館でくつろいだというのが前編でしたな。野沢温泉で滑る気も試乗する気も無くなったエス氏が翌日滑りに行ったのは、なんと群馬の鹿沢スノーエリアでした。鹿沢はこの時期でも営業してますし、野沢温泉よりも自宅に近くなりますからね。イメージ的には野沢温泉から自宅に帰る途中にちょっと寄り道して滑ってきた、という感じです。一応滑っただけエス氏にしてはよくやった方かなと。

20/21シーズン40日目 野沢温泉スキー場【春のローテンショントリップ 前編】

2021年6月28日

【河一屋旅館】リーズナブルな割に部屋も料理も温泉も十分満足できますぞ

2021年7月1日

鹿沢スノーエリア

 野沢温泉の河一屋旅館を出発したのは8:30頃だったでしょうか。ウェアを着て出発したエス氏が、まさか野沢温泉ではなく群馬まで行って滑るつもりだとは宿の人も思わなかったでしょうね。

 この日はスカッと晴れて良いお天気でしたな。野沢温泉から鹿沢までのルートは、高速道路を使って須坂まで移動し、菅平を経由して群馬に入るというルート。画像は須坂で、ここから菅平に向かった坂を上るというあたりですが、桜が咲いていて綺麗でしたな。

 鹿沢スノーエリアに到着したのは9:50頃でした。さ〜て、サクッと滑ってサクッと上がりますか。

 準備をしてゲレンデへ。さすがに雪がありませんな。滑れるコースは2コースあるようでしたが、スキーヤーがポールを張っていたので実質1コースのみでした。

 もちろん回数券を購入。

 リフト券はICカードで、返却すると保証金が帰ってくる仕組み。それにしても回収機がでかいですのう。

 脇に大量の硫安が積まれていました。

 鹿沢では前に1度しか滑ってことがありませんが、その際はパウダーで楽しく滑れた記憶が。この日はシャバシャバ雪でホームコースのみを滑りましたよ。

 第1ロマンスリフトに乗りましたが、この乗り場がなかなかに容易ならざる難関でしたな。

 ゲートの5mくらい手前に雪の塊が設置されており、ゲートまでのルートが1本に絞られています。これは雪が少ないので、限定したルート上だけに雪を集めるための手段なのでしょう。スキーであれば特に問題ないと思います。しかしスノーボードの場合はいささか厄介な状況だったといえます。まずワンフットの場合、ゲートまで減速せずに突っ込むとスピードが出すぎて危険です。途中で減速すればいいのですが、スピードコントロールをしようとすると今度はゲートまでの距離が短く、横幅も狭いので、ワンフットの技術がそれなりにないと難しいのです。両足を履いたまま雪の塊を抜け、ゲートの手前でブレーキをかけてからゲートに入り、両腕でゲートを抑えて停止してから後ろ足を外して通過する、という流れが一番スマートですかね。初級レベルのスノーボーダーもいましたが、潔く板を持ってリフトに乗っていました。まあその方が確実ですな。意地悪なリフト乗り場でしたわ。

 リフトの右側はファーストコース。こちらはスキーヤーの貸切状態でしたな。エス氏は左側のホームコースを滑りましたよ。

 リフト降り場もなかなか意地悪な仕様でした。第1ロマンスリフトを降りてからすぐ下にある第2ダブルリフトも動いていたのですが、これに乗って滑れるセカンドコースもスキーヤーの貸切。そのセカンドコースの下にはファーストコースがあるのですが、セカンドからファーストへ行かず、この第1ロマンスリフトの降り場を経由して第2ダブルリフトに乗る、というルートができておりまして。つまりリフト降り場が、リフトから降りる人とセカンドコースを滑った人とが合流するポイントになっていたわけです。さすがにリフトから降りる人の邪魔になるスキーヤーはいませんでしたが、これもワンフットの操作が未熟な初級レベルのスノーボーダーには余計な緊張を強いられるといういささか不親切な仕組みであったかなと。

 リフトの乗り場と降り場はいささか大変でしたが、コースは平和でした。板を履き、まずは緩やかな滑り出しです。

 ホームコースを何本か滑ったわけですが、斜度は緩すぎず、思ったよりも気持ち良くカービングできましたな。シャバ雪でもけっこう楽しめましたぞ。リフト側の端にはコブもあり、ラスト1本で入ってみましたが、うまいこと完走できました。回数券の元も取りましたし、もう鹿沢に思い残すことはありません。予定通りサクッと上がりますぞ。

 巨大回収機にリフト券を入れてから、近くの日帰り温泉とべの湯で汗を流しました。

 さて、鹿沢スノーエリアからは東御嬬恋線を通り、湯の丸スキー場を経由して上信越道に出ます。東御嬬恋線はやたらと道路の補修工事をしており、思ったよりも通過するのに時間がかかりましたのう。まあ温泉を出た時点でまだお昼前だったので、渋滞に巻き込まれることもなく余裕で自宅に帰ることができましたが。

 久しぶりの鹿沢スノーエリアでしたが、リフトはともかくコースはそこそこ楽しめましたな。1時間くらいで十分ですけど。野沢温泉で滑る気をなくしたので鹿沢まで移動してきましたが、空いていて良かったですわ。春のトリップはこのくらい滑れれば十分かなと思っているエス氏です。

 さて、いよいよ次がシーズン最後のトリップです。エス氏が愛用しているアミックスの試乗会が志賀高原で開催されるというので行ってきましたが、初日はまさかの雨。それにもかかわらず志賀高原に1泊してしまいましたよ。最終回もお楽しみに。

20/21シーズン42日目 志賀高原スキー場【AMICSS試乗会トリップ】

2021年7月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です