ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボード用語集 スイッチスタンス[Switch stance]/フェイキー[Fakie]

スイッチスタンス/フェイキーとは?

 スイッチスタンスとは、通常の進行方向と逆向きに滑ることをいいます。単にスイッチともいいます。フェイキーという用語も同様の意味です。
 レギュラースタンスの人がスイッチスタンスになると、右足を前にして滑ることになります。グーフィースタンスの人がスイッチスタンスになると、左足を前にして滑ることになります。


用語の使い方

 「スイッチする」とは、板を回転させて後足を前にする動作をするようなときに使います。「フェイキーする」といういい方はしませんね。「フェイキーで滑る」という状態を表すいい方になります。もちろん「スイッチで滑る」という使い方も出来ます。
スイッチスタンスから技をやる場合、スイッチ○○という言い方が一般的で、フェイキー○○とはあまりいわないような気がします。こうしてみると、「スイッチ」の方が汎用性が高そうですね。


スイッチスタンスは難しい?

 レギュラーの方もグーフィーの方も、自身が滑りやすいスタンスで滑っているはずです。スイッチスタンスで滑るということは、「滑りやす」くない方向へ滑るということですから、普通に滑ることに比べるとちょっと難しいです。


なんでスイッチして滑るの?

 滑れるようになってくると、あれこれ技にチャレンジしてみたくなるものです。スノーボードの技には様々な種類がありますが、技を練習する上で一番基本となるのがスイッチスタンスで滑る技術です。
 例えば、スピン系の技で最も初歩的な180°(ワンエイティー:ジャンプして板の向きを180°回転させる技)という技があります。この技は着地がスイッチスタンスとなるため、スイッチで滑る技術がないとマスター出来ません。
 スイッチスタンスからも技が出来るようになると、バリエーションも増えます。フリースタイル系スノーボーダーなら是非スイッチスタンスで滑る練習をして欲しいですね。


スイッチスタンスはどんどん練習しましょう

 スイッチスタンスでの滑りは慣れれば難しくありません。連続ターンで滑れるようになったらどんどん練習しましょう。スイッチスタンスで滑れるようになれば、普通の滑りはちょっと簡単に感じられるようになるので、 いつも滑っているコースで攻めた滑りが出来るようになる・・・かも知れません。

[参考]
スタンス[Stance]
レギュラースタンス[Regular stance]
グーフィースタンス[Goofy stance]
ダックスタンス[Duck stance]

スノーボード用語集 TOPページへ戻る

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ