【富山県南砺市】東山荘【おすすめの宿】

ツルツル対策をすべし。

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は富山県の南砺市にある宿、東山荘(とうざんそう)をご紹介しますぞ。エス氏にしては珍しく2泊した宿ですね。リーズナブルで食事が美味しく、一人旅には良い宿でしたぞ。池波正太郎も泊まったことがあるとか。

東山荘

 東山荘はスキー宿という感じでは全然ありませんが、車で1時間以内でアクセスできるゲレンデがいくつもあり、なかなか便利な立地ですぞ。目の前には瑞泉寺というお寺があります。

 立派なお寺ですのう。特に見物はしませんでしたけど。

 宿の前は石畳の緩やかな坂になっています。ここが凍りつくと宿から一歩も動けなくなります。マジで。

 坂の上、宿の隣が駐車場になっていますぞ。

 駐車場の目の前はお寺の駐車場になっていました。

 こちらが玄関。古い建物ですな。宿の方々はとても感じが良かったですぞ。

 古い建物のお約束といえば急な階段。

 二階の廊下。洗面台もあります。トイレは、まあ昔懐かしい便所でしたな。

 これは初めて見る間取りですね。ふすまを開けると、さらにいくつかに仕切られています。右がエス氏の部屋でしたが、奥と左側もそれぞれ客室なのでしょう。

 こちらがお部屋。天井が高く、見た目よりも広く感じました。エス氏には落ち着く部屋でしたな。

 このスイッチ懐かしすぎますね。

 東山荘がある井波というところは彫刻が有名なようですの。なかなか立派なものです。

 部屋には鍵がありません。一応内側から施錠できますが、外側からはできません。貴重品があれば宿に預かってもらうというスタイルですね。他の客がほとんどいなかったのであまり気になりませんでしたけど。

 お風呂は温泉ではないのがちと残念。他の客が入浴している間は入れないのも不便。滑りに行ったらゲレンデ近くの温泉に入る方が満足度が高いかと。

 東山荘は食事が美味かったですわ。こちらは初日の夕食です。この他にも揚げ物とか出ましたね。部屋へ運んでくれるのはありがたいですう。

 飲んだのは地元井波の若駒という日本酒。これがまた美味しくて、滞在中はこればかり飲んでいました。

 こちらは初日の朝食。目玉焼きにソースをかける文化なのでしょうか。

 2日目の夕食。味もボリュームも文句なし。全部美味かったです。

 酒はもちろん若駒。こんなに日本酒を飲みまくったのは久しぶりでしたな。

 ご飯とお味噌汁は冷めるといけないからと、飲み終わってから持ってきてくれました。嬉しい心遣いですな。

 2日目の朝食。朝はこのくらいでちょうどいいですね。

 ちょうど大晦日に泊まったこともあり、元旦には瑞泉寺に初詣に行こうかとも思いましたが、それどころではなりませんでした。とりあえず荷物を車に載せようと外へ出たのですが、宿の前の緩やかな坂が完全に凍りついていまして。滑ってしまって一歩も歩くことができません。仕方なくエス氏BOXを重りにし、少しずつ動かしながらどうにか移動しました。二往復したのですがBOXがない2回目の方が大変で、立ったままでは歩くことができないのでしゃがみこんで這うように坂を登りましたわ。いやはや、北陸トリップ中最難関のスロープでしたのう。

 東山荘は古い建物なのでホテルのような快適性はありません。女性と泊まるなら別の宿にしますね。ですが一人旅では居心地が良くてリラックスできる宿でした。食事も酒も美味く、リーズナブル。人も親切でした。館内の設備としてWi-Fiはないのですが、一応相談したらパスワードを教えてくれましたぞ。あるんかい。1人で過ごす上でWi-Fiが使えるかどうかはかなり重要ですからね…助かりました。富山へ一人旅をするならおすすめの宿です。

東山荘の予約はこちらから。

18/19シーズン9日目 立山山麓スキー場【初】【北陸トリップ2日目午後】

2019.01.15

Snowboard Trip

2011.03.19

宿情報ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です