18/19シーズン28日目 会津高原南郷スキー場【初 奥会津トリップ後半午前】

会津高原のゲレンデはそれぞれ特徴がありますのう。

 みなさんこんにちは。エス氏です。2019/2/16〜17の【奥会津トリップ】2日目は会津高原南郷スキー場で滑ってきましたぞ。予定では会津高原たかつえスキー場で達人たちと一緒に滑る予定でしたが、怪我をしてしまったそうで。せっかくなので達人の肩が治ってから一緒に滑ろうと思い、たかつえはやめて南郷スキー場へ行くことにしたわけですな。ちと遠回りでしたけど。

 旅館ひのえまたで朝風呂と朝食を済ませ、出発したのは8:00過ぎでした。旅館ひのえまたの記事では朝食後に無料のコーヒーを飲んでくつろいだとか書いておりますが、実際にはうんこを我慢していたので速攻でコーヒーを飲み干して部屋のトイレに駆け込みました。外に出ると車にはそこそこ雪が積もっていましたね。

【旅館ひのえまた】尾瀬檜枝岐温泉の秘湯と山人料理は山奥まで足を運ぶ価値あり!

2019年3月22日

 檜枝岐から南郷スキー場までは約50分ほどの移動でした。そこそこ降ったようで、多少は新雪が楽しめそうですな。

 雪道でしたが直線が多くアップダウンは少ないため走りやすかったですの。信号で止まることもなくほぼノンストップでした。

 9:00前に南郷スキー場の駐車場に到着しましたぞ。

会津高原南郷スキー場

 なんなんですかね、この駐車場は。まるでスケートリンクですわ。

 準備をしてセンターハウスへ。この日は気温はそれほど低くなかったのですが、なんせ風が強くて。けっこう寒かったですぞ。

 ネットでテキトーに見つけたクーポンを使いリフト1日券を買いました。どれ、どこぞにパウダー的なものはあるでしょうか。まずは第1ペアリフトに乗ります。正面のコースではスキーの大会をやっていましたね。

 山頂を目指すため第3ペアリフトに乗り継ぎます。晴れ間も時々のぞきましたが、基本的には曇りで強風の1日でしたな。

 第3ペアリフト沿いには大きなパークが。リフトの右側はハーフパイプで、左側にはあれこれアイテムがありました。もう少し初級レベルのパークはないものかしら。

 中間駅がありますが、エス氏はそのまま上へ。パークに入る人がここで降りる感じですね。

 最後の第5ペアリフト。乗り場が遠いんですけど…。南郷スキー場はリフト3本しかありませんが、コースバリエーションは豊富ですしリフト待ちもありませんぞ。

 山頂は良い眺めですの。遠くに見える山間の道を先へ進むと只見町という町があります。首都圏のスノーボーダーとしては奥只見丸山スキー場を思い浮かべる地名ですが、奥じゃない只見ですぞ。

 さてこちらは伝上コース。けっこう上手な人たちが滑ってましたね。リフト側の林沿いはまだノートラックでしたが、それほど積もっていませんでした。

 今度は第5ペアリフトから横手コースの方へ。

 空いていて滑りやすいコースでしたね。端の方に新雪けっこうありましたしなかなか楽しかったですな。

 こちらは伝上コースと横手コースの間にある斜面。

 両脇の林の中はノートラックでしたが、入ってみると思ったより木が生えていてエス氏にはちと難しかったです。

次のページに続きます。少し下の方にボタンがありますぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です