19/20シーズンはこれ!エス氏スノーボードギアベストバイを発表します

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は19/20シーズンにエス氏が購入したスノーボード関連アイテムの中から、これは良かった!というベストバイをご紹介しますぞ。というここまでのテキストは前回のコピペです。この記事を書くにあたって過去のベストバイを振り返ってみたのですが、参考になるようなならないような。今回もみなさんのお役に立つようなことは特に書かれていないと思いますので、あまり期待せずに読んでいただけると幸いです。そもそも何を買ったかろくに覚えてませんでしたわ。

第1位:鎧武者 ヒッププロテクター ショートタイプ

 滑りに行った際にプロテクターを紛失してしまったので、代わりに買ったのがこちら。パッドが厚くて防御力が高く、フィット感もいいんですよね。パッドの厚みの割にすっきりとしたシェイプで、パンツのシルエットが崩れないところも気に入っております。これは無くさないようにして長く使いたいですね。けっこう高価だったし。

 ちなみに膝のプロテクターは以前と同じものを買いなおしたのでランキングには入れておりませんが、17/18シーズンのベストバイで紹介しておりますよ。

鎧武者 ヨロイムシャ ヒッププロテクター ショートタイプ YM-1747ユニセックス ポロン 【XRD®レイヤリングパッド(2層パッド 3Dメッシュ)】 BK

第2位:ヘルメットカバー

 すっかりエス氏のトレードマークとなったヘルメットカバー。日本ではほとんど売られていないので、フランストリップの際に幾つか買ってきました。ゲレンデで誰かと被ることは皆無なのがいいですな。

第3位:AMICSS AGGRESSOR

 20年以上スノーボードをやっていて、何本もの板に乗りましたが、その中でも最高に素晴らしいと感じているのがアミックスのアグレッサーです。それにもかかわらず1位じゃ無いのは、この板がまだ進化の途中だという気もするからですな。いや、すでに文句無しの板なんですけどね。20/21モデルも試乗したかったですのう。

19/20モデル AMICSS AGGRESSOR 157 インプレッション

2020年5月7日

第4位:NITRO VENTURE TLS

 フィット感抜群のナイトロのブーツ。こちらのベンチャーは硬すぎず柔らかすぎず、オールラウンドに使えるちょうどいいフレックスだと思いますね。一度試着する価値はありますよ。てか試着してみるべきです。

19/20モデル NITRO VENTURE TLS インプレッション【ブーツ】

2020年7月13日

第5位:AMICSS GOGGLE

 アミックスの板に惚れ込んでいるエス氏なのでゴーグルも買いましたが、よくよく考えてみるとアミックスファン以外はまず使いませんよね。レンズをマグネットで着脱できる利便性の高さやレンズの視認性の良さなど、ゴーグルとして良くできていると思いますけど。アミックスの板に乗っていないのにゴーグルだけアミックスの人とかいるのかしら。と思ったらゴーグルだけプレゼントしたことがありましたな。

第6位:OYUKI Proclava

 ヘルベットを被る際は必ずバラクラバも被っているエス氏。つまりほぼ毎回使っているど定番アイテムなわけですね。中でもお寿司のバラクラバはエス氏の超お気に入りアイテムだったのですが、使いすぎていささか劣化してしまいまして。同じものが欲しかったのですが、品切れだったので別の柄を購入。ふむ、これはこれで悪く無いですね。

第7位:ワイヤーロック

 高価な板に乗るようになったのでワイヤーロックを新調。これは厚みが薄くウェアのシルエットが崩れないのがいいですね。プロテクターもそうですが、これでも一応見た目を気にしているのですぞ。

DAKINE COOL LOCK ダカイン ロック 盗難防止 ワイヤー 鍵 ダイヤル

第8位:ゴーグルカバー

 エス氏はヘルメットにゴーグルを付けたままにしているので、レンズにカバーを被せれば保護できるんじゃないかしら、なんて思って購入したものの、なんと一度も使うことなく終わりました。無くてよし。

まとめ

 エス氏が日頃絶賛しているアグレッサーが第1位だと思った方も多いのではないでしょうか。実のところ今まで板が第1位だったことは無いんですよね。エス氏は板よりも、滑りを快適にしてくれるものや楽しめるアイテムの方が好きなんですよ。プロテクターは何年も使えますしね。そういうアイテムは高評価です。ナイトロのブーツは前回第1位でしたけど、これはベンチャーよりサンダーが良いということではなく、ナイトロのブーツを発見したことが前回は嬉しかったわけですな。

 ヘルメットカバーはエス氏に無くてはならないアイテムになりましたが、日本では欲しくても買えないんですよね。我ながら実に参考にならないランキングを作ってしまいましたのう。このランキングから学べることは特に無いと思いますが、恒例行事ということで今後も継続したいと思います。

 ちなみに今回の記事を書くにあたり、過去のベストバイを見直したのですが…今にして思えば順位を入れ替えた方がいいかなというものがたくさんありましたな。まあその時の気分で書いているので、当時はそんな風に思っていたんだと振り返ることができるのは楽しものですが。なお歴代1位を決めるならスノコかなと思います。

18/19シーズンはこれ!エス氏スノーボードギアベストバイを発表します

2019年7月8日

1314シーズン:エス氏スノーボードギアベストバイ

2014年6月28日

14/15シーズン:エス氏スノーボードギアベストバイ

2015年5月31日

15/16シーズン:エス氏スノーボードギアベストバイ

2016年5月7日

16/17シーズン:エス氏スノーボードギアベストバイ

2017年6月5日

17/18シーズン:エス氏スノーボードギアベストバイ

2018年6月25日

にほんブログ村 スキースノボーブログへ

4 件のコメント

  • いつもレビュー楽しみにしております。
    AMICSS1位でないのは意外でしたが、投稿を見ているとカービングだけではない素晴らしいボードであるということが伝わってきます。
    私もカービング頑張るためハンマーヘッド(BCstream R2とか)を検討していたのですが、試乗会がことごとく中止になってしまい、結局唯一開催されたSalomonの試乗会で試乗できたUltimate Rideにしました。
    ハンマーヘッドの板に移行する際は、最初はやはり慣れるのに時間がかかるものなのでしょうか?

    • kyamiさん
      ありがとうございます(^^)
      ベストバイの1位が板になることはあまりなさそうな気はしておりますね。。。
      でもAMICSSの板は本当に素晴らしいですよ!
      オガサカからサロモンとは珍しい乗り換えという気もしますが、個人的には国産と外国産に性能の差はないと思うので、アルティメットライドは良い選択なのではないでしょうか(^^)
      ハンマーヘッドに乗り換えた際の違和感としては、板の硬さとエッジグリップかなと。
      ハンマーヘッドの板は割と硬めのものが多いので、柔らかい板に乗っていると違和感があるかも。アグレッサーならフレックスの違和感はあまりないと思います。
      エッジグリップについては、切り返しの際にラウンドボードより一瞬早くグリップしてくれるので、はじめだけ違和感がるかもしれませんが、これはハンマーヘッドの利点なのですぐになれるかと。
      カービングがある程度できるのであれば、ハンマーヘッドの板でもすぐに乗れるとは思いますよ。
      グラトリとかしようとすると勝手が違うということになると思いますがw
      まずはメタルなしの板に試乗すると違和感が少ないと思いますね(^^)

      • エス氏さん
        ありがとうございます。
        個人的には最初に乗ったOfficialがカービングもトリックもやりやすかったのと、試乗したHuck Knifeもかなり乗りやすかったのでお気に入りのブランドです。
        Ultimate Ride試乗した感じだと、切り替え直後にエッジが食いつくスピードが他のラウンドの板と比較してかなり早いのでハンマーいらないかもと思ったりもしましたが、やはり気になるのでDesperadoのグラスに次シーズン試乗してみようかと思います。
        (個人的にはあのシンプルすぎるデザインがツボです)

        • サロモンいいですよね!エス氏も好きなブランドです。
          デスペラードのメタルじゃないやつは試しに乗ってみるにはいいと思いますよ〜(^^)
          まあアルティメットライドで十分な気もしますけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です