19/20シーズンモデル試乗 DINOSAURS WILL DIE POW REAPER 156

 みなさんこんにちは。エス氏です。2019.3.23〜24は苗場スキー場で開催されたドリームゲート試乗祭に参加してきました。今回はDINOSAURS WILL DIE POW REAPER 156の試乗レビューです。

18/19シーズン 苗場スキー場【2020NEW MODEL試乗祭】の様子

2019年5月13日

 第2ゲレンデで試乗しましたが、雪は硬く荒れていて、けっこうシビアなコンディションでしたな。普段はシャバ雪で試乗することが多いのですけどね。

DINOSAURS WILL DIE

  ダイナソーウィルダイはショーン・ジェノベーゼとジェフ・キーナンというライダーさんが立ち上げたカナダのブランドです。ブランドの名前を聞いたことはありましたが、ライダーさんは正直よく知りませんな。恐竜が死ぬって?板はオーストリアのマザーシップ製だそうです。

POW REAPER

 パウリッパーはまあ何といいますか見た目からしてインパクトが凄いいたですな。デスレーベルのコフィンと同系統という気もしますが、こちらの方がより尖ってる感じです。物理的に角が尖っているので、ソールカバーが破れてしまうのではないでしょうか。ちなみにリッパーとは死神のことなので、グラフィックは写真だと分かりにくいですがドクロが描いてありますよ。自分で買うのはなかなか勇気がいる板ですが、とても個性的だとは思いますねぇ。これを担いでBCをハイクしていたらなんかカッコイイかもしれません。

 ノーズ以外はフラットキャンバーなので、ミドルフレックスですが板をしならせやすかったです。プレスもやりやすかったですし、操作性は良いですな。カービングでは思ったよりもしっかりとエッジグリップしてくれ、安定感もあり違和感なく滑れました。見た目から想像するよりはずっとまともな板だと思います。人とは違ったパウダーボードが欲しい方にはおすすめですな。

スノーボード用品試乗レポート 一覧

2012年10月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です