19/20シーズンモデル試乗 DINOSAURS WILL DIE KWON 158

 みなさんこんにちは。エス氏です。2019.3.23〜24は苗場スキー場で開催されたドリームゲート試乗祭に参加してきました。今回はDINOSAURS WILL DIE KWON 158の試乗レビューです。

18/19シーズン 苗場スキー場【2020NEW MODEL試乗祭】の様子

2019年5月13日

 第2ゲレンデで試乗しましたが、雪は硬く荒れていて、けっこうシビアなコンディションでしたな。普段はシャバ雪で試乗することが多いのですけどね。

DINOSAURS WILL DIE

 ダイナソーウィルダイはショーン・ジェノベーゼとジェフ・キーナンというライダーさんが立ち上げたカナダのブランドです。ブランドの名前を聞いたことはありましたが、ライダーさんは正直よく知りませんな。恐竜が死ぬって?板はオーストリアのマザーシップ製だそうです。

KWON

 このモデル名はクォンと読むんでしょうか?国連っぽいグラフィックはあまりカッコよくありませんな。恐竜の事務総長的なキャラがいなければまだマシだったとは思いますが。ミドルフレックスですが板はしならせにくかったです。ズラしたターンはしやすいですけどカービングはエッジグリップが弱くイマイチでしたなぁ。板の真ん中はキャンバーで、ノーズとテールがフラットキャンバーになっているようです。扱いやすさは感じましたが、どうせならもう少ししならせやすいと良かったかも。エントリーモデルでもソフトフレックスでもないのにカービング性能がイケてないというのはどうしたらいいんでしょうか。マイナーブランドで性能がイマイチの上にグラフィックもダサいとは…。この板を輸入して販売しているニッピンの店員さんの心中お察しします。

スノーボード用品試乗レポート 一覧

2012年10月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です