21/22シーズン17日目 よませ温泉スキー場【湯田中トリップ】

 みなさんこんにちは。エス氏です。2022/1/15〜16は湯田中温泉に宿をとって滑りに行ってきましたよ。湯田中渋温泉郷にはよく泊まっているエス氏ですが、実際には渋温泉と上林温泉がメインで、湯田中温泉の宿に泊まるのは珍しいのです。とはいえ定番のトリップになると思っていたのに実際は予想以上に楽しめてしまいましたぞ。

 どこに滑りに行くかは少々迷いました。木曜から金曜にかけてかなりの雪が降り、パウダーが滑れる土曜日だったんですよね。それほどパウダー狙いでというわけでもないエス氏ですが、まあ積もっているなら滑りたいという気持ちはあります。今回よませ温泉で滑ったのは、エス氏お気に入りのゲレンデだということもありますし、パウダー競争率がそれほど高くないからでもあるのですよ。

よませ温泉スキー場

 5:00頃には練馬インターから関越道に乗るといういつものパターンではありますが、思えば21/22シーズンに練馬インターを使うのは今回が初めてかも。このところ中央道がメインでしたからね。上信越道の東部湯の丸SAで朝食を食べるというのもエス氏の定番。かき揚げそばはもう少し美味しかったような気がするのですが。

 上信越道は信州中野から先は規制がかかっており、冬タイヤかどうかのチェックがありました。おかげで信州中野インター手前から少々渋滞がありましたな。

 高速道路を降り、有料道路を通って中野市街へ。トンネルを抜けて視界が開けるところが好きなんですよね。山の方はいささか雲がかかっているようでしたが。

 一般道は雪道でした。夜間瀬のイントネーションがいささか気になる今日この頃。

 よませ温泉スキー場の駐車場には8:40頃到着しました。それほど混んではいない様子。

 駐車場で準備。エス氏ブログの読者なら駐車場で着替えるのにすのこや折りたたみの椅子が便利なのは当然ご存知だと思うのですが、SNSではこの程度のことすら知られていないようで少々驚いております。

 準備をしてチケット売り場へ。とはいえエス氏はよませ温泉で金など払わないのですよ。

 ふるさと納税でゲットした信越自然郷スーパーバリューチケットを使えばリフト券と食事券がもらえるのです。

信越自然郷スーパーバリューチケット

 よませ温泉のスノーボードスクールにはいささかご縁があるので受付に寄ってみました。久しぶりに代表に会えてよかったですわ。昨シーズンは会えなかったですからね。

 いつもならホテル明幸の中を通ってゲレンデへ出るのですが、団体客がいて貸切なのか通れませんでした。仕方なく外を通ってゲレンデへ。スキーの団体客がいて、コロナ禍に苦しめられた昨シーズンとは少し異なる雰囲気を感じられましたね。チェアスキーのグループも滑っていましたが、本当にすごいと思います。

 まずは乙女ゲレンデで足慣らし。パウダーコンディションではありましたが、ガッツくほどのパウダー好きでもないもので。端パウ滑るくらいで十分です。

 よませといえばメインのリフトはやはり第2クワッドですね。

 エス氏の板、AMICSSのDNA Tiはカービングボードなので、こういうコースを気持ちよく滑るためのものなんですよね。エス氏もカービングを楽しみましたが、板の性能に対し技術が全然追いついていない感じですわ。近頃タラタラ滑ってばかりでしたが、たまには練習しないとどんどん下手になりますのう。

 クワッドからメインバーンの反対側のコースへ行くと本当にガラガラなんですよね。端パウを楽しみながらタラタラ滑りましたよ(練習しないと、なんてことはすぐに忘れるのがエス氏です)。

 いくつか分かれ道がありますが、最終的には同じところに出るので迷子になる心配はありませんぞ。

 ゲレンデ上部へ行ける第3高速ペアリフトにも乗りましたよ。

 上級のチャンピオンコースは非圧雪でしたね。すでにギタギタになっておりましたが、こういう荒れたコースを楽に滑れるのがDNA Tiさんのいいところでして。板に助けてもらってどうにか降りてこられましたぞ。

 ちなみに第3高速ペアリフトの下でポールバーン沿いの辺りは新雪がたくさん残っているのですが、スキーヤーが練習していて入りにくいんですよね。メインバーン側はロープ貼ってあるし。ということで、ロープがなくなったところから巻いてリフト下に入ってみました。画像だとわかりにくいのですが、メインバーン側から見ると登りになっているので、このラインで侵入する人は誰もいませんでしたね。基本的にロープは潜らないエス氏ですが、潜らなくてもイケるところは割とイキます。マナー的にどうなのかとは思いますけど。まあ気持ちよくパウダーが滑れましたぞ。後からみたら同じラインで侵入した人がいた様子。誰かに道を示すことができたようで嬉しく思います。ちなみにエス氏ももう一度同じラインで入ろうかと思ったのですが、今度は入り口の段差に跳ね飛ばされて沈みました。ぴえん。

 迂回コースのプロムナードコースも滑ってみました。つづら折りのコースですが、壁やショートカット部分はほぼ手付かずでしたな。なかなか楽しめましたよ。

 プロムナードコースからゲレンデの一番奥にあるメイプルリーフコースに合流しました。ここは空いているし眺めもいいしで好きなんですよね。端パウもたんまり残っていました。

 ツリーランコースも滑ってみましたよ。入り口がわかりにくいのですが、エースコースの上の方から入ります。普段はほとんど滑っている人がいないのですが、今回はけっこう滑った跡がありましたね。それにしても久しぶりにこの林の中を滑りましたが、以前より難しく感じましたのう。まあまあヤられてきました。

 最後は高井富士への連絡コースの入り口辺りに出てきます。後半の通路部分はノートラックだと途中で止まってしまうのですが、今回はトラックがたくさんあったので楽に脱出できました。

 ベースにあるホテル明幸は貸切だったので、レストランあっぷるでランチ休憩。

 カレーに海老フライはいささか珍しいですな。味は普通でした。

 ちなみに信越自然郷スーパーバリューチケットでリフト券と一緒にもらった食事券が使えるのはレストランシャンテだけのようですが、これって高井富士のセンターハウスのレストランなんですよね。舐めてんのか。

 800円の食事券を使い損ねて心がささくれ立ったエス氏。レストランを見渡すと、若者たちのグループが多かったですな。男の子だけのグループや女の子だけのグループも目立ちました。ナンパしたいとか考えているんでしょうね。女の子と楽しく滑ってこそのスノーボード。エス氏の隣のテーブルには4人組の娘さんたちが座っていました。4人のうち、2人は先に食事がきていましたが、残りの2人の文が揃うまで待っていて、全員が揃ってから手を合わせて「いただきます」といってから食べはじめていました。育ちがいいのかしら。おじさん感心してしまいましたぞ。エス氏なんぞはメシができたら仲間を待ったりはせず、とっとと食べてとっとと昼寝をしてしまいますからね。癒されましたわ。

 午前中にパウダーを滑ったので、午後はカービング主体で滑っていました。エス氏にしてはそれなりに滑ったつもりのタイミングで上がることに。乗りこなせてはいないものの、DNA Tiにもかなり慣れたような。次回からは再びプレートを使ってみようかしら。現状で一番の問題は実はブーツにありまして。次のトリップまでに対策を講じるつもりでおりますが、さてどうなることやら。

 てなわけで、よませ温泉を滑り倒して15:00頃に上がりました。この日の宿は湯田中温泉の味な湯宿やすらぎですよ。宿が近いのはいいことですな。

味な湯宿 やすらぎ

 こちらは普段エス氏が泊まる宿からするとかなりリーズナブルではありますが、なかなか気に入ってしまいましたね。別記事で詳しくご紹介しますよ。

 やすらぎはセブンイレブンの裏にあり、お買い物に便利なんですよね。セブンではなぜかサッポロクラシックが売っていましたな。温泉に入った後に飲んだらいやはや美味かったですわ。

 トリップ初日はおなじみのよませ温泉でパウダーにカービングとたっぷり楽しむことができました。宿も快適でしたしね。さて翌日は黒姫高原へ滑りに行ってきました。なんとこの時期からAMICSSの試乗会があるというのですよ。22/23シーズンのAMICSSは3つのニューモデルを発表していますからね(フリースタイルの話で、アルペン系の板は知りません)。試乗会に興味を持ったのか、マツザワ師の他にも(エス氏的には)意外な人物も現地に現れましたよ。次回もお楽しみに。

21/22シーズン18日目 黒姫高原スノーパーク AMICSS試乗会【湯田中トリップ】

2022年1月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。