18/19モデル NITRO THUNDER インプレッション【ブーツ】

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回はエス氏が18/19シーズンに履いていたNITROのブーツ、THUNDERの感想をご紹介します。

18/19シーズン用のブーツはNITROのTHUNDERにしましたよ。ナイトロってブーツも作ってたんですね。

2018年11月2日

NITRO

 ナイトロはけっこう古くからあるアメリカのスノーボードブランドですな。ボード、ブーツ、ビンディング、ウェアと一通りのアイテムを揃える総合ブランドだということは知りませんでしたけど。興味なかったので。エス氏の中ではナイトロ=ファビアン・ローラーというイメージで、ファビアンがあまり好きではなかったエス氏はナイトロにもいいイメージはなかったんですよね。使ってみたら印象変わりましたけど。

THUNDER

 サンダーはナイトロのブーツのラインナップの中では柔らかめのブーツとなります。エス氏は比較的硬いブーツを履いてきたものですから、サンダーのような柔らかいブーツを履くのは初めてのことでした。結果的にはとても良かったですね。

 18/19シーズンはSIGNALのPARK SERIESという板を買い、パークの練習しちゃうぞと意気込んだエス氏。板に合わせてあまり硬くはないビンディングとブーツを選ぶことにしたわけですね。ナイトロのブーツを履くのは初めてでしたが、試着したらフィット感が抜群だったのでこのサンダーに決めました。レーシングシステムも初めてなのでいささか心配はありましたが。

 使ってみると板とビンディングとの組み合わせはとても良い感じにバランスが取れていたと思いますね。フィット感はやはり抜群に良く、特に足首から下側はカチッと固定されているフィーリングでエス氏的には完璧でした。

 レーシングシステムはブーツの上と下をそれぞれ別々のレースで締めることができる仕組みです。上下ともブーツの正面から引っ張るだけなので簡単でした。緩める際は上下で4本のレースをロックから外す必要があるのですが、慣れれば問題ありません。レースにつまみがついているので、ロックを外した後はつまみを引っ張ると簡単にレースを緩めることができて便利です。

 滑っている際の不満は特にありません。ハンマーヘッドの板に乗った際は板のフレックスに対してブーツが柔らかすぎると感じましたが、あくまでもパーク用の板に合わせて買ったものですからね。足首を動かしやすく板の操作がとても楽でしたわ。

 硬いブーツではパウダーを滑る際に足首を動かしやすくするためにレースを緩めたりしたものですが、サンダーの場合はきっちり締めていても違和感なくパウダーを滑ることができました。コンディションに合わせてレースを締めたり緩めたりしなくてもいいのはとても楽チンでしたな。

 その一方で、上側のレースはよく緩むなと感じました。1日のうちに何度か締め直していましたね。駐車場でブーツを履き、一度しっかりとレースを締めます。そこからゲレンデまで歩いて移動するうちに上側が緩むので、滑る直前に改めてレースを締め直すときっちり締まります。その後しばらく滑っていると徐々に緩んでくるので、上側は再度締め直しが必要になります。不満があるとすればこの一点だけでしょうか。

 まあ締め直しは他のブーツでも多かれ少なかれ必要ですけどね。エス氏としましてはこのブーツは非常に気に入りまして。ナイトロのブーツを試したという意味でも、硬くないブーツ履いてみたという意味でも、買って大正解だったと思っています。19/20シーズンも迷うことなくナイトロのブーツを履くでしょうね。今度はハンマーヘッドなのでサンダーよりもう少し硬いブーツになると思いますが。ご興味があれば一度試着してみてはいかがでしょうか。

Nitro Thunder TLS Snowboard Boot – Men’s Black/Whiskey, 11.0 [並行輸入品]

新品価格
¥34,995から
(2019/6/29 11:56時点)

NITRO

スノーボード用品試乗レポート 一覧

2012年10月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です