16/17モデル SALOMON SYNAPSE WIDE インプレッション

16/17モデル SALOMON SYNAPSE WIDE 感想・レビュー・評価・評判・口コミ・インプレッション・価格・割引

シナプスワイド

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回はエス氏が16/17シーズンに履いたブーツ、サロモンのシナプスの感想をご紹介します。

SALOMON

 サロモンはフランスのスキーメーカーで、他のスポーツ用品のメーカーを買収したりされたりして、現在はフィンランドのスポーツ用品総合企業アメアスポーツコーポレーションの傘下にあります。サロモンブランドも、スキー・スノーボード以外にもアパレル・シューズなどアウトドア用品を販売しています。以前はあまり好きなブランドではなかったのですが、使ってみたらすっかり気に入ってしまいましたわ。

SYNAPSE WIDE

 カチッとしたホールド感のブーツで実にエス氏好みですな。脛の部分にベルトが付いているブーツが欲しくてディーラックスが候補だったのですが、シナプスと履き比べた結果こちらにしました。ベルトがなくても脛の部分に十分なフィット感があり、しっかりと力が板に伝わる感じがしますね。ただし硬すぎますな、これは。

 アウターのレースは、甲の部分はグリップを引くだけで締まりますが、脛の部分は自分でフックに通してから引く必要があります。これは面倒そうに思えるかもしれませんが、レースの通し方を変えることでフレックスの調整が出来るので、便利といえば便利ですが、面倒でもありましたな。

 一番上のフックまで全てレースを通して締めるとかなりガチガチの硬さになり、足首が曲がらなくてエス氏には扱えなくなってしまいます。そこで上のフックは外して締めるなどあれこれ試してみて、ちょうど良いフレックスになるように締めていました。圧雪されたバーンでは硬めに締め、パウダーでは緩めると。うっかり締まったバーンを緩めて滑るとレスポンスが悪くなってしまいますし、パウダーで硬めに締めてしまうと今度は足首が動かしにくくなってしまいます。この辺りゲレンデコンディションの見極めを間違えると、最悪すっ転んだりしてしまいます。

16/17シーズン32日目 白馬乗鞍温泉スキー場

 エス氏の場合はコンディションに合わせてブーツの締め方を調整する必要がありましたが、面倒な分性能は良かったですな。ガッチリ締めるとカービングの安定感が抜群になりますし、脛の部分を緩めても甲の部分のフィット感は落ちないので、パウダーでの操作性もバッチリでした。使い方にも慣れてきましたので、次のシーズンもこのブーツで滑ろうと思います。

 シナプスの前はHEADのSEVEN BOAを履いていたのですが、BOAのワイヤーの不具合で、シーズン中どうしても修理に出さなくてはならなくなりました。ワンシーズン履いたブーツに明らかなヘタりを感じてもいたので、これを機に新しいブーツを買おうかなと。修理に出している間に履くブーツも必要でしたし。

 現在はシナプスをメインで履いていますが、一度パーツが壊れて修理に出したことがあります。その間は不具合を直したセブンボアを履いていたのですが、ブーツが2足あると便利なものですな。今後もブーツは2足体制でいきたいと思うようになりましたぞ。

SALOMON SYNAPSEの購入はこちらから。

スノーボード道具まとめ TOPへ

スノーボード用品インプレッション 一覧へ

2 件のコメント

  • エス氏さんおはようございます。
    私も昨シーズンまでサロモンブーツ愛用してました。今季は他ブランドBoAでした。
    私サロモン使用するまではイメージが良くなかったのですが、利用してみるとテクノロジーが詰まっていてすごくいいブランドだと感じました。板も4枚立て続けに履いてました。
    利用してみないと分からないものですよね(^^)
    決戦の金曜日が楽しみです♡

  • >にんぐるさん
    サロモンは使ってみると良さが分かるブランドですよね(^^)
    金曜日…それはもしかしてでしょうか。別グループかもしれませんけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です