19/20シーズンモデル試乗 SALOMON SICK STICK 157

 みなさんこんにちは。エス氏です。2019.3.23〜24は苗場スキー場で開催されたドリームゲート試乗祭に参加してきました。今回はSALOMON SICK STICK 157の試乗レビューです。

18/19シーズン 苗場スキー場【2020NEW MODEL試乗祭】の様子

2019年5月13日

 第2ゲレンデで試乗しましたが、コースには雪が積もりパウダーも滑れましたよ。圧雪されたコースは雪面が多少ボコボコしてましたが。普段はシャバ雪で試乗することが多いのですけどね。

SALOMON

 サロモンはフランスのスキーメーカーで、他のスポーツ用品のメーカーを買収したりされたりして、現在はフィンランドのスポーツ用品総合企業アメアスポーツコーポレーションの傘下にあります。サロモンブランドも、スキー・スノーボード以外にもアパレル・シューズなどアウトドア用品を販売しています。以前はあまり好きなブランドではなかったのですが、使ってみたらすっかり気に入ってしまいましたわ。

SICK STICK

 シックスティックは何度か試乗しているエス氏お気に入りのフリーライディングボードですな。ミドルフレックスでしならせやすく、反発もあってオーリーしやすいです。パウダーでは浮力があり板を動かしやすく感じましたね。圧雪コースでも操作性は良く、とても乗りやすい板ですな。キャンバーなので多少荒れた斜面でもしっかりとエッジグリップしてくれ、気持ち良くカービングできました。けっこう調子に乗ってスピード出しましたが、安定感があって滑りやすかったですわ。相変わらず良くできた板ですが、HPSの方がパウダーでの浮力はあるかと。買えるものならHPS-TAKA NAKAIの方が幸せになれる気がします。もちろんシックスティックも十分良い板ですけど。

スノーボード 板 サロモン シックスティック パウダー メンズ SALOMON SICKSTICK 2019-2020 予約商品

価格:77,760円
(2019/9/4 22:40時点)

スノーボード用品試乗レポート 一覧

2012年10月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です