19/20シーズン11日目 TIGNES【フランストリップ4日目4】

 みなさんこんにちは。エス氏です。フランストリップ4日目、2020/1/2はエス氏思い出のゲレンデ、TIGNES/ティーニュで滑りましたよ。前回は標高3,456mのグラン・モットから超絶景コースを滑り降り、20年前のエス氏が滑ることができなかったエリアまで進みました。今回はティーニュの名所、AIGUILLE PERCEE/エギュイ・ペルセを目指しますぞ。

19/20シーズン11日目 TIGNES【フランストリップ4日目1】

2020年7月24日

19/20シーズン11日目 TIGNES【フランストリップ4日目2】

2020年7月27日

19/20シーズン11日目 TIGNES【フランストリップ4日目3】

2020年7月30日

 今回のマップはこちら。

【START】GRAND HUITリフトを降りたところで前回が終わっているので、今回はancolieコースを滑るところからスタートです。奥には次に乗るリフトも小さく写っていますね。さらに遠くには、実はエギュイ・ペルセも写っているんですよね。元データなら確認できるのですが。

 凸凹な上に日陰で硬いという手強い斜面を頑張って降ります。この日はホントけっこう滑りましたわ。

【1】その名もAIGUILLE PERCEEリフトに乗りますよ。20年前、エス氏がティーニュに滞在していた時期にはここまでこられるほどの雪はなかったのです。まあ秋でしたからね。

 20年前のティーニュでエス氏の心に残っていたのは、実は空の青さだったりします。それまでの人生でこれほどの青さの空は見たことがありませんでした。どうしてティーニュの空はこんなにも青いのでしょうか。この日の天気が雲ひとつない晴れで本当に良かったです。エス氏はエギュイ・ペルセと同じくらいこの青い空が見たかったのですよ。

 そういえばエス氏の板も青でしたな。ティーニュの空の深い青さと比べると、アミックスブルーは少し明るいですね。パラディ・スキーでも空の色を見ていたのですが、ここまで青くはありませんでした。

【2】AIGUILLE PERCEEリフトを降りるとエギュイ・ペルセが見えます。穴の空いた岩のことですね。

 トラバースしてアプローチします。こ、これが20年前に見ることができなかったエギュイ・ペルセ…。ついにここまできましたよ。

 ちなみに足元は凍っていてそこそこ滑り、板を持って登るのはちと怖かったです。ここで滑って板を流したら…どうなってしまうのか。

 ビビりながらも念願のエギュイ・ペルセの穴の中で写真を撮ることに成功しました。アミックスブルーの板がもう少し空の青さに溶け込むと想定していたのですが、思ったより雪が付いていましたね。いや、雪を取ろうとはしたのですが、凍りついていて剥がせなかったのですよ。

 さて、エス氏を除く3人はリフト側に戻りましたが、エス氏は板を持っていたのでそのまま穴の向こうへ降りることに。穴の隣でシャンパンを飲んでハッピーニューイヤーと騒いでいる陽気なイギリス人たちは、エス氏とは異なり斜面を登ってここまでたどり着いております。

 穴の向こうはかなりの急斜面、というより崖と言いたくなるような斜度。JM、赤パン、うんこマンはエギュイ・ペルセの周りを移動してこちら側へきていました。

 ちょっと画像では伝わりにくいと思うんですが、めちゃくちゃ急な上に凸凹でガチガチ。エス氏のレベルではろくにターンもできず、横滑りで降りてくるのが精一杯でしたわ。

 安全なところまで降りてから振り返ってみると、青い空と白い雪の間にあるエギュイ・ペルセは不思議な迫力がありましたな。

 3人と合流したところで出発です。ここはどうもコース外のようなので、まずはコースに戻りましょう。それにしてもコース外のエリアが広すぎますの。

 天然のハーフパイプっぽい地形でチョロチョロ。

 ようやくbruyeresコースに合流できました。ここからがまた長いのですが。

【3】anemoneコースに入り、LE LACとTIGNES 2100が見えてきましたよ。

 エス氏が20年前に滞在していたアパートの裏のコースですな。後半は雪が降り、この辺りも滑った記憶がありますの。ここで滑れると、わざわざヴァル・クラレまでシャトルバスで移動してからさらに地下ケーブルカーに乗って…というゲレンデまでの長いアプローチが無くなって楽チンなのですが、やはりコース的にはグラン・モットの方が面白かったんですよね。

【GOAL】初回に通り過ぎたTIGNES 2100にまた戻ってきましたよ。いやあ、疲れたので少し休憩しましょうか。

 街で見かけたタバコの吸い殻入れ。箱に質問が書いてあり、回答によって左右のどちらかに吸い殻を入れるようになっています。この方法だとポイ捨てが減るようですね。

 懐かしいですなぁ。奥の方にアパートの管理会社があり、部屋の鍵をもらったりしましたね。本屋さんには無修正のエロ本や、ゲイ向けの雑誌などもあって衝撃を受けましたのう。そういえば管理会社の前を通りかかったら、鍵をくれたおっさんに呼び止められたことがりましたな。おっさんはゲレンデで見かけなくなったJMから預かったという手紙を渡してくれたのですが、この手紙がなかったらエス氏はこの時再びティーニュを訪れていなかったかも知れませんのう。不思議な縁ですわ。

 ちょっと座って休みましょう。そういえば毎日買い物に行っていたスーパーの”カジノ”はまだあるのかしら。

 エス氏と赤パンはビールで乾杯。JMとさんおつが飲んでいたのはチョコレートか何かだったような。なお赤パンはここでビールを飲んだことを交換する羽目になります。

 ちょっとお店も覗いてみましょう。

 ヘルメットカバーも売っていたので、幾つか買いましたよ。エス氏がシーズン後半に使っている緑のドラゴンのヘルメットカバーも並んでいますね。

 懐かしいアパートをちょっと見に行ってきました。この坂道がまあまあキツイんですわ。

 

 このアパートですね。エス氏たちは1階に住んでいましたよ。しかも2年続けて同じ部屋でした。管理会社の人も覚えていてくれたのでしょう。当時JM以外に現地で日本人なんて見かけませんでしたからね。パークで山崎勇亀さんらしき人は見かけましたが。

 アパートの入り口です。中まで入るのは気が引けましたね。ちなみに通りに面した店舗部分(郵便局)からエレベーターで上がった丘の上に住宅部分の建物があり、エス氏たちは丘の上の1階に住んでいましたよ。

 毎日のように板を持ってこの道を歩き、シャトルバスに乗っていたのです。

 アパートの向かい側の建物は1階が店舗になっています。テラスがあってLE LACやヴァル・クラレが見渡せますね。一度も利用したことはありませんでしたけど。

 通りを歩いていると、なにやら臭い店が。画像の左が臭い店で、右が雑貨屋です。雑貨屋ではステッカーなどを買いましたよ。

 臭い店に入るとチーズやサラミが売っていましたね。日本の自宅近所に欲しい店ですのう。

 数あるサラミの中でも、試食させてくれたフィレミニョンという牛の希少部位をスモークしたサラミが激ウマで、晩飯用に買って帰ることにしましたよ。

 てなわけで、今回は念願のエギュイ・ペルセを見て、懐かしのTIGNES 2100まで戻ってきました。20年振りに街を歩けて楽しかったですわ。懐かしいのは街だけではなく青い空も。滑りに来られて本当に良かったです。次回はTIGNES編の最終回。下山してアヌシーに帰りますよ。お楽しみに。

19/20シーズン11日目 TIGNES【フランストリップ4日目5最終回】

2020年8月6日

ヨーロッパで滑りたい方はこちら!ユーロ・スポーツ

にほんブログ村 スキースノボーブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です