21/22シーズンモデル試乗 K2 ALCHEMIST 157

 みなさんこんにちは。エス氏です。2021/2/27は栂池高原スキー場で開催されたドリームゲートの試乗会に参加してきました。今回はK2 ALCHEMIST 157の試乗レビューです。

 白樺ゲレンデで試乗しました。中級者コースで雪質も良く、カービング性能を試すのには最適でしたな。

K2

 ケーツーはスキーも作ってるアメリカの総合ブランドですね。他ブランドの板もけっこうOEM生産しているようで。フリースタイル系やバックカントリー系に強いメジャーブランドというイメージです。以前はあまり好きなブランドではなかったのですが、乗ってみて見直しました。

ALCHEMIST

 アルケミストはなかなか渋いグラフィックですな。ノーズ部分はコアが透けて見えます。見た目的にはお尻が少し割れていて、パウダー系の板かなという印象。少し硬めのミドルフレックスで、しならせると反発が強いです。フレックスの割に予想以上に扱いやすく、低速でのターンもやりやすかったですね。カービングでは安定感が抜群に良かったです。振動を吸収してくれている感じがしましたな。エッジグリップにも文句はなく、切り返した直後からしっかりと雪面を噛んでくれ、気持ち良くカービングできました。少し太めなんですかね。センターが合っていなかったのか、少々前足が踏みにくくターン弧の調整に手間取りましたが、これはビンディングの調整をすれば解決できるかと。

 良い板なんじゃないでしょうか。グラフィックがシンプルで気に入りましたね。カービング性能が高く、パウダーもイケそうですし、8万円台とまあまあいいお値段しますけど、その価値はあると思いますね。

スノーボード用品試乗レポート 一覧

2012年10月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です