21/22シーズン年末年始東北トリップ2 まとめ

 みなさんこんにちは。エス氏です。21/22シーズン最大のトリップである「東北トリップ2」はエス氏ブログ史上でも最大となる8泊9日の旅となりました。大雪の予報もあり、無事に帰ってこられるかどうか大いに心配もしましたが、どうにか帰ってこられました。夏頃から計画を立て、9月にはすべての宿を予約するというかなり先走ったプランでしたが、エス氏的には練りに練ったプランのつもりでした。とはいえ夏の暑い時期にクーラーの効いた部屋で立てた机上の空論。東北の厳しい現実の前に、己の考えの甘さを思い知りましたのう。まあなんだかんだ楽しいトリップになりましたけど。

 個別の記事は順次更新してこのまとめ記事に追加していく予定ですぞ。エス氏の当初プランも記載しておりますので、理想と現実の差を見てもらえればと思います。

トリップ概要

 前回の東北トリップは、東北6県のうち宮城を除く5県で滑る7泊8日の旅でした。東北にはオフシーズンに百名山を登る旅もしておりますね。

15/16シーズン6日〜13日目 7泊8日エス氏東北1人スノーボードトリップまとめ

2016年1月15日

オフトレ 登山編 月山【姥沢(志津)コース】 百名山21/100

2016年8月23日

 今回の東北トリップ2では青森、岩手、秋田の北東北を滑ることを目的にしておりましたよ。首都圏から滑りに行くにはこの3県はかなり遠いものでして。南東北の宮城、山形、福島はまだ行ける距離なんですけどね。年末年始の休みを利用したトリップということで、普段は遠すぎて行けない北東北、特に青森のゲレンデを滑りたかったのです。

 過去最大の8泊9日の日程で、小規模なゲレンデははしごして計15ヶ所のスキー場で滑るというプランだったのですが、完全に机上の空論でしたな。出発前には年末年始に大雪が降るという予報もあり、そもそも行って帰ってこられるのか、という心配もありました。東北の道路事情には明るくないので、高速道路や一般道の積雪がどの程度か、移動時間はどのくらいか、通行止になったりするのか、その場合の迂回路はどうすればいいのか、などなど不安要素は多かったのですよ。

 結果的には無事に帰ってこられましたけど。宿は変更できませんが、滑るゲレンデは臨機応変に変更し、どうにか楽しんで滑ることができました。予定通りの日程で滑ったのは9日のうち2日だけでしたけどね。

2021/12/25(土)1日目

 初日は一気に岩手までの長距離移動。鉛温泉に宿を予約したエス氏はまず国見平スキー場で滑り、移動して宿の目の前にある鉛温泉スキー場も滑るといういきなりのゲレンデはしごプラン。さて現実は。

21/22シーズン5日目 スプリングバレー仙台泉スキー場【初183】【東北トリップ2:初日】

2022年1月5日

2021/12/26(日)2日目

 鉛温泉の宿から秋田まで移動。途中たざわ湖スキー場で滑るプランでした。

2021/12/27(月)3日目

 太平山スキー場オーパスで滑り、なまはげで有名な秋田県男鹿半島の宿に泊まるプラン。スノーボードトリップで男鹿半島に泊まる愚か者はエス氏だけでしょうね。初回の洗濯の予定もありました。

2021/12/28(火)4日目

 秋田県の男鹿半島から日本海面した道路を通っていよいよ青森県へ移動。その前に森吉山で滑るというプランでしたが、秋田や青森の人からするとかなり意味不明なプランなのではないでしょうか。出発前は大雪やらで国道が通れなくなったらどうなるのかしらという不安が一番大きかった日程でもありました。

2021/12/29(水)5日目

 今回のトリップのメインは青森県のゲレンデを滑ること。この日は宿の近くの青森スプリングスキーリゾートで滑るという比較的のんびりなスケジュールのはずだったんですよね、計画では。

2021/12/30(木)6日目

 予定では3ヶ所のゲレンデをはしごするという、けっこうタイトなスケジュールとなる日でした。なぜそんなことができると思ったのか、今となってはわかりません。2回目の洗濯の予定もありました。

2021/12/31(金)7日目

 前回の東北トリップでは八甲田山で滑るというのが大きな目的の一つになっていました。今回は釜伏山スキー場まで行って滑ってくるというのが大きな目的でして。ついでに他に2つのスキー場もはしごしようかと。そんなふうに考えていた時期がエス氏にもありました。

2022/1/1(土)8日目

 お正月は青森側から八甲田山にアクセスしてみようかと。ついでに近くにあるモヤヒルズというゲレンデも滑っておこうかしら。この日は青森から岩手まで移動です。

2022/1/2(日)9日目

 いよいよ最終日。有名なビッグゲレンデ安比高原を滑り倒しますよ〜。なんてつもりは特になく。安比から自宅まで約600kmの移動が待っているかと思うと、いつものようにサクッと上がる他ないですかねぇ。

東北トリップ2を振り返って

 東北トリップ2を項目ごとに振り返ってみます。最後にアップデートします。

プランについて

移動について

ゲレンデについて

宿について

食事について

温泉について

費用について

まとめ

 このまとめ記事は東北トリップの記事を更新するたびにアップデートしていきますが、まとめを除いて17記事を更新予定となるので、シーズンが終わってからのんびり書こうかなと思っておりますよ。次のトリップが始まるまでに初日だけは更新できるかもしれませんのう。

 さて、東北トリップ2の次は21/22シーズン初回のエス氏ツアーとなります。ユーロ安曇野ベースを拠点として白馬あたりを滑る予定ですぞ。北東北までの移動距離を考えると白馬なんて近いもんだという気がしてくるから不思議ですな。次回もお楽しみに。

21/22シーズン14日目 爺ヶ岳スキー場【エス氏ツアー1】

2022年1月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。