野沢温泉スキー場の男性行方不明:スノーボード男性、自力で下山 保護 /長野

野沢温泉スキー場の男性行方不明:スノーボード男性、自力で下山 保護 /長野

 みなさんこんにちは。エス氏です。今日は首都圏でもずいぶんと雪が積りましたね。駅までの道のりを、滑って転ばないように慎重に歩きましたが、道路に普段は気がつかないような傾斜があったりして新鮮でしたな。微妙な傾斜でも、雪に覆われると途端にデンジャラスなポイントに早変わりですからね。まったく雪ってのは馬鹿に出来ませんのぅ。

 野沢温泉で行方不明になった男性が無事に発見されたというニュースです。以前にもありましたな。55歳の男性という事ですが、雪を舐めてしまったんですかね・・・。

野沢温泉スキー場の男性行方不明:スノーボード男性、自力で下山 保護 /長野 毎日jp 2012.2.9

雪中で2晩、無事下山 スキー場で不明の男性 雪をなめて過ごす 産経ニュース 2012.2.28

 DQNな若造かと思いきや、55歳のいい歳をした大人とは。しかも一人で日帰り。がんばりますな。
 本人は道に迷ったと話しているそうですが、まあ普通に考えてコース外に出ない限り「道に迷ったあげく行方不明」になんてならないのでしょうけど。そのあたりはニュースの記事からは分かりませんけど。
 携帯電話も持っていなかったそうですからね。自身が遭難する可能性については毛ほども考えていなかったのでしょう。本当に迷子になった気の毒な人だと思いたいですね。無事で何よりでした。
 これがわざわざコース外に出てパウダーを滑ったとなると話は別です。勘違いしたDQNオヤジの愚行でまたスキー場に迷惑がかかった、という腹立たしいニュースに早変わりです。

スキー場外「遭難救助」で請求数十万円? 民間ヘリ出動なら数百万円も JCASTニュース 2012.1.5

 これはまた別の記事ですが、タメになるので合わせて読んでみて下さい。
 さて、この55歳の男性にも捜索費用は請求されるのでしょうか。コース外に出て遭難したのなら請求されるのでしょうが、本人があくまでも「コースを滑っていて迷った」と主張すると、さてこれはどうなるんでしょうかね。

 コース外滑走については、エス氏の周りにも「自己責任で滑ればいいんでしょ」という人もいます。「コース外は滑ってはいけない」が大原則で、それでもロープをくぐる人に対して、「遭難した場合の死の危険、捜索費用の負担などのリスクはご自身で負って下さいね、スキー場は責任取りませんよ」というのが自己責任の意味だと思うのですが。
 自己責任なら滑ってもいい、なんて自分勝手な理屈でルールを無視する人間が、本当に自己責任を取るんですかね・・・。ちょっと話がズレましたけど。

 それにしても野沢温泉はホームページでもブログでもツイッターでも、このニュースに関しては完全に無視なんですね。

ミサワ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です