13/14モデル試乗 SALOMON ASSASSIN 153 感想・レビュー・評価・評判・口コミ・インプレッション

IMG_1889

 みなさんこんにちは。エス氏です。H25.4.28は丸沼高原スキー場でヴィクトリアの試乗会に参加してきました。
 今回はSALOMON ASSASSIN 153のレビューです。

IMG_1849IMG_1838

 第1リフトと第5リフトを使い、バイオレットコースから第1リフト乗り場まで戻るコースで試乗しました。前日に雪が降り、GWにしては滑りやすいコンディションで試乗出来ましたね。

SALOMON

 サロモンはフランスのスキーメーカーで、他のスポーツ用品のメーカーを買収したりされたりして、現在はフィンランドのスポーツ用品総合企業アメアスポーツコーポレーションの傘下にあります。サロモンブランドも、スキー・スノーボード以外にもアパレル・シューズなどアウトドア用品を販売しています。
 何でも屋って感じでエス氏的に好きなブランドではありませんが、一方でサロモンならちゃんとしてそうだなぁという安心感もありますね。

ASSASSIN

IMG_1893

 アサシンはROCK OUTキャンバーというサロモン独特の構造を使っているそうです。ミドルフレックスのオールラウンドボードですな。

滑り

IMG_1890

 あまり軽くは無いですね。重さのせいかサボタージュよりは硬く感じましたが、まあミドルフレックスです。低速でも割と扱いやすいですな。安定感があるのでカービング性能はサボタージュよりいいですね。

グラトリ

IMG_1891

 ミドルフレックスのキャンバーなのて、グラトリが特にやりやすい感じではありません。プレスやスピンの安定感があるので高速グラトリなんかにはいい感じかと。反発がよくいい感じに跳ねますね。

感想

IMG_1892

 サボタージュより滑りの性能がよく、オールラウンドボードとしてなかなかバランスよく出来ていますな。カービング性能を重視するならアサシン、グラトリ重視ならサボタージュですかね。

ASSASSINの購入はこちらから。

Snowboard Gear TOPへ戻る

スノーボード用品インプレッション 一覧へ戻る

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ