【フォレストリゾート 山の手ホテル】温泉が素晴らしですが食事はイマイチでしたな

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は秋田県大仙市にある宿、フォレストリゾート 山の手ホテルをご紹介しますよ。ウエディングなどもやっているホテルではありますが、エス氏が宿に求めるクオリティからすると少々物足りないホテルでしたな。良い部分もありましたけど。

フォレストリゾート 山の手ホテル

すぐ近くに大曲ファミリースキー場があり、周辺にも幾つかの(恐らく)小さなスキー場がありますが、田沢湖スキー場や太平山オーパススキー場などへ行くには少し距離があります。スノーボードトリップの宿としては特に魅力的な立地というわけでもありませんね。

 視界の悪い雪道を長時間ドライブしてようやくホテルに到着した時はホッとしましたな。すぐにスタッフが出てきて荷物運んでくれ、車も移動させてくれました。

 ロビーは明るく広々としていますな。

 チェックインの手続きをしているとお茶とおしぼりを出してくれました。温かいお茶が美味かったです。

 客室は別棟になります。途中ホールのようなスペースがあり、温水プールもありましたよ。このホテルは廊下やあちらこちらに絵画が飾られていてなかなか楽しめますぞ。




 どこかで見たことがあるような絵も。市松人形は呪いのアイテムというイメージしかないのですが、よく見ると可愛いものですな。

 天皇陛下が皇太子の時にこのホテルにご来館されているようですね。

 ホールからスロープを下っていくと宿泊棟になります。一部屋ずつ棟が分かれているようで、隣室の気配などが感じられないのは良かったですね。

 エス氏が泊まったのは若菜というお部屋です。

 部屋に入るとまず踏込。

 前室にはクローゼットや冷蔵庫がありました。

 主室は広くはありませんがまあ十分といえば十分。Wi-Fiの電波も悪くありません。

 部屋の一角に謎の板の間がありました。とりあえず荷物置き場にしましたけど。

 なにやらスゴいエアコンがついていましたが、こいつが曲者でした。てかこれしか暖房器具がないんですよね。

 窓の外は雪景色ですが、特に良い感じということもありません。

 玄関の脇が水周り。トイレは綺麗でした。

 洗面と風呂。ホテルっぽいですね。お風呂は使いませんでした。

 テーブルにはホテル特製というパウンドケーキが置いてありましたが、美味しいのかどうかはよくわかりませんでした。なぜなら紙のように薄っぺらかったからです。セコすぎませんか。せめて5mmくらいの厚みはあって欲しかったですのう。

 荷解きしたところで大浴場へ。ホールの奥に大浴場があるのですが、正直ホールと部屋の間のスロープを移動するのはまあまあ面倒でした。

 脱衣所でスリッパを脱ぐと、自分のものだとわかるように目印をつけられるようになっていました。

 脱衣所は広々とはいいませんが十分なスペース。

 夜に入りに来たらエス氏1人でした。大浴場は開放感があって良いですね。お湯はヌルヌルでお肌がスベスベになったと錯覚するほど。おっさんの肌がスベスベになったところでどうだという気もしますが、普段はヌメヌメしているのでたまには良い気分です。これほどトロリとした湯は久しぶりでしたのう。とても気持ち良かったです。

 内湯は少し熱めでしたが、露天風呂は温くて良い感じ。雪の林は静かで物寂しく、悪くない雰囲気でしたのう。

 ルームサービスの地ビールは何本か種類があったので、とりあえず全種類飲もうと思ったのですが、けっこう人気らしく1本しか残っていませんでした。なかなか美味かったですぞ。

 食事の会場へはホールから専用エレベーターで上がります。

 開始時間は18:00〜19:00で選べたのでエス氏定番の18:00に。

 ワインリストにはハーフボトルもあったので、まずは白のハーフから。スタッフは和服姿の若い娘さんでしたが、作業をしているだけでおもてなし感ゼロなのが少々気になりましたな。以下お料理の写真です。





 ワインは途中で赤のフルボトルを追加。




 お肉は少なめでしたが、コースのボリュームはちょうどいいくらいでしたな。味は普通。途中で登場した米倉涼子っぽい雰囲気の女性スタッフは接客のプロという感じで好印象でした。

 部屋に戻ると布団が敷かれていました。余った赤ワインをこち帰ってきたので、テキトーにアニメ見ならがらのんびり過ごしましたよ。

 さてみなさんは夜寝る際にエアコンをつけっぱなしにするでしょうか。エス氏はケースバイケースですが、この時はエアコン止めて寝ました。これが大失敗でしたね。暖房器具がエアコンしかないので、これを止めると地獄のようにクソ寒かったです。朝あまりの寒さに目が覚め、慌ててエアコンのスイッチを入れたのですが、待てど暮らせど動き出さないではありませんか。寒さに震えながらどうにか手を伸ばして内線でフロントに連絡。ホテルの人にきてもらい見てもらうと、室外機の霜取り?をする機能が働いていて動かなかったとか。霜取りを解除して強制的に作動させてくれたのですが、しばらくたつと再び停止。結局寒さは解消されませんでした。布団に包まってガタガタ震えていましたが、そもそも布団が小さい。いつの時代の日本人を想定しているのでしょうか。エス氏は現代の平均的な体格の日本人ですが、この布団は小さいってマジで。こんなに寒い思いをしたのはマツザワ師の部屋に泊まった時以来ですわ。

 どうにか着替えて食事会場へ。明るくなると外の景色が見え、なかなか良い感じではありませんか。



 食事の方は、写真では良い感じに見えるかもしれませんが、実際にはそうでもありませんでした。正直イマイチ。特に酷いと思ったのはフルーツですね。変色していていかにも不味そう。このエス氏、あちらこちらで宿に泊まっておりますが、こんなフルーツを出されたことはありません。食べましたけど。このホテルの送迎バスをみると、オーベルジュって書いてあったんですよね。オーベルジュって宿泊もできるレストランということで、メインは食事ということだと思うんですよ。それなのにこのフルーツを皿に乗せて客の前に出してしまうというのは理解に苦しみます。

 山の手ホテルの良いところは温泉ですかね。これは文句無し。館内のあちこちに飾られている絵画もまあまあ楽しめました。食事のクオリティは、フルーツは別にしても、高くはありません。部屋は寒さを除けば普通。冬はエアコンつけっぱなしで寝ることを推奨します。てかそもそもエス氏が推奨する宿には入りませんけど。1泊2食付きで13,000円くらいならまあこんなものかと思えたかもしれませんのう。

宿情報ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。