オフトレ 登山編 天城山 百名山20/100

これでようやく5分の1クリアですわ。

1天城山

 みなさんこんにちは。エス氏です。2016.7.24は静岡県の天城山に登ってきました。天城山(あまぎさん)とは連山の総称で、百名山的には最高峰の万三郎岳(ばんざぶろうだけ)がターゲットです。ちなみに万三郎岳の標高は1,405mから1,406mに改定されていますね。天城越えやら伊豆の踊子で有名な天城ですが、特に興味はありません。

 天城山はエス氏が日帰りで登りに行けるエリアの百名山としては標高も低く、もっと早い段階で足慣らしに来ていてもよかったとは思うのですが、いかんせん伊豆はあまり行ったことがなく、道路が混むというイメージがあり避けていました。数年前にサーフィンで伊豆に行きましたが、帰りの道が混んで合コンに間に合わずドタキャンする羽目になった苦い思い出もありますからね。

 海と山とではアクセスが違うわけですが、ともかく渋滞は避けたいと思い、早く出発して早く帰ってくるという作戦に出ました。前日のサーフィンと同じく1:30起床です。2日連続でこの時間に起きるのはまあまあキツイですね。こんな時間に起きて海だの山だのに行くインドア派がいるのでしょうか。
 自宅を出発したのは2:10でした。予定では高速道路のサービスエリアで食事をしようかと。

 東名高速が工事のため厚木で通行止めになっており、ナビに従って小田原厚木道路から箱根新道を通って伊豆スカイラインに乗るというルートを取りました。目的地は天城高原ゴルフコースです。

天城高原ゴルフコース

 空いている時間だったので移動はスムーズでしたが、箱根新道から伊豆スカイラインはひたすら片側1車線の道路で気を使いましたね。しかもコンビニとか食事ができるようなサービスエリアが皆無。食事をする予定がすっかり狂ってしまいました。伊豆スカイラインは深夜の時間帯が無料なのは助かりましたけどね。

 伊豆スカイラインを終点の天城高原で降り、ゴルフ場へ向かう途中の道は野生の王国でした。道路に飛び出してきた小動物は最初ネコかと思いましたが、よくよく考えるとこんなところにネコはいなそうなので、タヌキだったのではないかと。車にびっくりして車道でモタモタしていたので、エス氏が停車しないと轢いてしまっていたかもしれません。

 その先では道路脇に鹿を見かけたので、写真を撮ろうとしましたが逃げてしまいました。暗くて撮れなかったと思いますけど。その先でも何度も鹿を見かけ、一度に5〜6匹まとめて見たりもしました。もはや鹿だらけという状態で、ゴルフ場に着くまでに20匹近くいたと思います。

2天城山

 4:25ゴルフ場の駐車場に到着しました。ハイカー用の駐車場はクラブハウスの手前左側にあります。

3天城山

 広い駐車場でしたが、この時間はガラガラでした。トイレもあって便利ですね。用を足そうと外に出たら、かなり寒くて驚きました。ジャケットが必要でしたね。ちなみにポケモンはいませんでした。

4天城山

 さて、コンビニすらないままここまで来てしまいましたが、食料や水は事前に用意していたので問題はありませんでした。朝食は予備のカロリーメイトとスーパーヴァームという寂しいものになってしまいましたが。

5天城山

 準備を整え、5:05出発です。登山道の入り口は駐車場の入り口から道路を挟んだ向かい側にあるのでわかりやすいですね。今回のルートはゴルフ場から万三郎岳をぐるりと回るシャクナゲコースです。8.7km、5:30のルートです。

シャクナゲコース

6天城山

 まずは軽く降るところからはじまります。山の中はまだ薄暗く、予想以上に足元が見えにくかったですな。先週の三連休はお休みしたので体力には余裕があるはずでしたが、睡眠不足は効いていますね。

7天城山

 5:20最初のチェックポイント四辻に到着です。万二郎岳を目指して左に進みましたが、帰りは右手の方から帰ってくることになるのでしょう。

8天城山

 日が昇り、歩いていたら暑くなってきましたぞ。

9天城山

 6:10万二郎岳到着。ここでジャケットを脱ぎました。

10天城山

 こちらは万二郎岳からの景色。南側でしょうか。

11天城山

 次は万三郎岳です。ここからはアップダウンの連続ですな。身体も暖まり、ペースが上がります。

12天城山

 視界が開けたところがありました。いい天気ですな。あれが万三郎岳でしょうか。まあこの程度はワケないですな。

13天城山

 途中右手に見えたのは遠笠山でしょうか。

14天城山

 6:45石楠立(はなだて)到着。これではなだてとは読めませんでしたわ。

15天城山

 ここから少々登ると開けたところに出ます。あと少しですな。

16天城山

 山頂てまで見えた先ほどの遠笠山。雲海がキレイでしたわ。

17天城山

 7:15万三郎岳到着。誰もいないのでセルフタイマーで撮影。

天城山ポケモンストップ

 万三郎岳山頂はポケストップになっていました。百名山の山頂はポケストップになっているのかもしれませんのう。ポケモンは3匹いましたが、自宅周辺にいるようなヤツらばかりでした。山頂でのポケモンGOについては電波が届くかどうかが大きな問題ですの。auは圏外になったりもして、危うくポケモンを捕まえられないところでしたわ。卵についても、登山中はほとんど移動距離にカウントされていなくてショックでした。

18天城山

 山頂で休憩。これは朝食…なんでしょうか。

19天城山

 今回はPUSH PRESSOという簡単にエスプレッソを楽しめるというアイテムを用意してきました。那須岳でご馳走になったコーヒーがなかなか美味かったので、エス氏も飲んでみようかと思ったのですが、ここで思い浮かんだのはジャイロのイタリアンコーヒーでした。ご存じない方はスルーしてください。

20天城山

 はじめて使ったアイテムですが、思ったより薄かったですな。コーヒーはブラックで飲むエス氏ですが、ここは砂糖を入れました。ドロドロのコールタールの様にはなりませんでしたが、ふむ、まあ悪くはないですね。何度か試してみて良さそうだったら改めてご紹介いたします。

21天城山

 7:55下山開始です。少し進むと分かれ道が。ここは右へ進みます。

22天城山

 下りの階段は足を滑らせない様に気を使いました。ここを登ってくるのはキツそうですね。

23天城山

 8:25涸沢分岐点到着。ここからは主にトラバースでした。

24天城山

 天城山は直射日光を浴びることがあまりないので、それほど日焼けの心配もありませんの。

25天城山

 木が伐採されているところまできたら四辻ももう直ぐです。9:20に四辻到着。
26天城山

 9:35登山道の入り口に戻ってきました。下山完了です。悪くないペースでしたな。

天城山 コースタイム 登り2:10 下り1:40

5:05 登山開始
5:20 四辻到着
6:10 万二郎岳到着
6:45 石楠立到着
7:15 万三郎岳到着
7:55 下山開始
8:25 涸沢分岐点到着
9:20 四辻到着
9:35 下山完了

27天城山

 ゴルフ場から降る途中、相変わらず鹿がいたので撮影しました。ちなみにこっちを向いてもらおうと呼びかけましたが、シカトされました。

28天城山

 帰りは伊豆スカイラインを冷川で降りてごぜんの湯へ。毎度おなじみ温泉の達人hさんに教えてもらいました。

29天城山

 駐車場に車を停めると、おばちゃんが現れ「この人はなんだろう」と。え…。温泉に入りに来た旨を伝えると、このおばちゃんが温泉の女将さんでした。聞けば温泉は12:00からとか。しかもおばちゃんはお祭りの準備で家を空けてしまうとうことでしたが、事故さえ起こさなければ一人で入ってもいいよと言ってくれました。事故というのは、のぼせてしまったり足を滑らせたりしてしまうことの様で、エス氏はまだ若いから大丈夫だろうということで入らせてもらえました。ありがたいことです。

ごぜんの湯

 サクッと汗を流し、伊豆スカイラインの途中で食事をして自宅に帰ってきたのが13:25という速さ。渋滞もなく予定通りスムースに事が運びましたわ。
 天城山は初級者向けのイージーな山でしたが、途中にコンビニがないとか罠もあるので注意が必要ですね。今回は準備をしていたので助かりましたけど。まあ天気も良く、熊も出ない山だったので楽しく登れましたわ。毎度山を舐めて痛い目に遭っているエス氏ですが、たまには軽くクリアできる時もあるわけですの。

オフトレ 登山編 日本百名山 まとめ

767eff7f

6 件のコメント

  • >タカユキさん
    やはりインドア派っぽくないですよね…アウトドア派とか思われたら困ってしまいますわ(^^;;
    ウゴウゴルーガのシカトを思い出しました*\(^o^)/*

  • 5分の1達成おめでとうございます。
    PUSH PRESSO良いですね私も気になっております!
    百名山といえば私の地元筑波山にもぜひ!百名山で最も低い877mです笑

  • >さささん
    ありがとうございます(^^)まだまだ先は長いですが頑張ります〜
    PUSH PRESSOはもう何度か試してみたいですね
    筑波山は昨年クリアしてますよ〜

  • タカユキ へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です