セッティング[Setting]

スノーボード用語集 セッティング[Setting]

セッティングとは?

 セッティングとは、乗り手に合わせてビンディングを調整することです。スノーボードの操作は全てビンディングを通して行われるので、セッティングは非常に重要な意味を持っています。

セッティングは難しい

 しかしながらセッティングをどのように行えばいいのか、初心者さんには非常に分かり難くなっております。ビンディングは多くの部品で構成されており、それぞれの部品をどのように調整すればいいのか、またどのような効果があるのか、知識と経験がなければとても行えないのが現実です。
 このブログではセッティングの際に調整可能な部分と、調整によってどのような効果があるのかを詳細に説明しております。エス氏自身のセッティングもご紹介しておりますので、参考にしてみて下さい。
 今後は、エス氏が初心者さんの板のセッティングをした際は、その詳細もご報告したいと思います。

セッティングで調整する項目

 セッティングの際は、以下の項目を調整します。詳細についてはそれぞれの記事をご覧ください。

スタンス

 レギュラースタンス or グーフィースタンスどちら?

スタンス幅

 両足をどのくらい開くか。

セットバック

 ビンディングを真ん中辺りに取り付けるか、後ろ寄りに取り付けるか。

アングル

 両足をどの角度に向けるか。

フォワードリーン

 ハイバックをどのくらい前傾させるか。

・ローテーション

 ハイバックをエッジに沿わせる。

・センタリング

 板の幅に合わせて、つま先と踵の位置を調整。

・ガスペダル

 ブーツに合わせてつま先を調整。

・ストラップ

 ブーツに当たる位置を調整。

・ラチェット

 ブーツに合わせて締める位置を調整。

 この様に様々な調整を行いますので、初心者さんが一発で適切なセッティングを行うことはまず無理だと思います。上級者でも、板を買い換えた場合などは、何度か滑って微調整を行ったりします。少しずつ何度も調整を行い、自分にあったセッティングを見つけてください。

[参考] ・初心者向けスノーボードのビンディング取り付けの流れ
ビンディング[Binding]

スノーボード用語集 TOPページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です