地吹雪ヤバい。マジで。

エス氏夏油高原

 みなさんこんにちは。エス氏です。2015.12.27は岩手県の夏油高原スキー場で滑ってきました。東北一人旅二日目ですな。
 夏油(げとう)は以前読んだ雑誌で裏夏油会という方々が紹介されていて、ちょっと興味を持ったゲレンデでした。まあ裏夏油会の方々のようにバックカントリーを滑るわけではありませんが。

スノーボード夏油高原

 グリーンホテル大河原で6:30から朝食。朝はしっかり食べます。

スノーボード夏油高原

 7:20ホテル出発。思いの外夏油は遠かったですなー。途中高速道路でバンバン雪が降ってきて怖かったです。

スノーボード夏油高原

 東北道の水沢インターを降りると、岩手県北上市はいいお天気でしたね。一般道にはかなり雪がありました。あたり一面雪に覆われていて、綺麗でしたなあ。

スノーボード夏油高原

 9:55駐車場到着。吹雪まくってましたね。気温-8℃。これで山の上に上がったらどうなるのか。今回のウェアはかぐらの田代で滑った時と同じ、マムートのフリースにマムートのソフトシェルを重ね着したもの。ソフトシェルのフードで頭部を覆うことができ、かなり強力な防御となります。この組み合わせが以降の定番となりました。
 雪がすごかったのでもしかしたらパウダーがあるかもと、セレクタに乗ってGoProも持ちました。以降Sに乗ることはありませんでしたね。

夏油高原スキー場

スノーボード夏油高原

 駐車場からセンターまではけっこう歩きましたね。

スノーボード夏油高原

 エスカレーターで登るとショップなどが充実してましたな。

スノーボード夏油高原

 まさかのリフト券行列。5時間券を購入しました。

スノーボード夏油高原

 ゲレンデに出るとすぐ右手にゴンドラ乗り場がありましたが、すごい行列。この寒さの中あの行列に並ぶのは無理というもの。

ゲレンデマップ

スノーボード夏油高原

 とりあえず左に見える第3ペアリフトに乗りました。

スノーボード夏油高原

 A2コースで足慣らしです。寒すぎてワックスが合わないのか、全然板が滑りませんな。

スノーボード夏油高原

 今度は上級のA3コース。端のパウダー目当てで今シーズン初のGoProを使用。急斜の後は緩斜面で、板が止まってしまいます。

スノーボード夏油高原

 お隣の第2ペアリフトに乗りA5コースを滑りましたが、緩斜面で面白くはありませんな。板が滑ればまた違うのでしょうが。そういえば今回ワクシング道具は一切持ってきていませんな。

スノーボード夏油高原

 ゴンドラは大行列。はるか彼方に見えるリフトに乗ろうと思ってテクテク歩いて行くと、こちらもゴンドラでした。

スノーボード夏油高原

 こちらのゴンドラは空いていましたね。あちこちコースがありますが、エス氏が行ってみたかったシューターとサミットというツリーランコースを滑るには、やはり大行列ゴンドラに乗るしかないようですな。まあどうせコースは開いていませんでしたけど。

スノーボード夏油高原

 迂回コースを滑ると、クワッドリフトの降り場が見えました。このリフトは動いていませんでしたね。

スノーボード夏油高原

 上級のC1コースを滑りましたが、パウダーらしきものはすでに跡形もなく、ただボコボコした手強い斜面があるのみでした。まあ練習にはなりますな。

スノーボード夏油高原

 今度はB1コース側を滑ります。

スノーボード夏油高原

 途中で上級のB2コースに入りました。ここも凸凹地獄。何度か滑って練習しましたが、これが後々生きたと思いますな。

スノーボード夏油高原

 B1コースも滑ってみましたが、まあコースが荒れているのは同じですな。

スノーボード夏油高原

 レストラン激混み。

スノーボード夏油高原

 止むを得ず売店でカロリーメイトとレッドブルを購入。久しぶりに食べるカロリーメイトはなかなかうまいですなー。

スノーボード夏油高原

 ランチタイムで比較的短くなった行列に並び、ゴンドラに乗りました。あれだけ並んでいるのに一人で贅沢に乗りましたが、スタッフは仕事した方がいいですね。

スノーボード夏油高原

 超上級コースはクローズしているので、A4コースを滑りましたが、真っ白で何も見えず。ここが最高に寒かったですね。

スノーボード夏油高原

 最後は第3ペアリフトを回しました。A2コースにコブがあったのでチャレンジしましたが、まあヤられましたね。チャレンジするようになっただけでも以前よりはマシだと自分に言い聞かせます。

スノーボード夏油高原

 いやーすごい吹雪でしたわ。マムート装備のおかげで寒くはなかったのですが、指先だけはダメでしたね。使っていたのは3REEのグローブでしたが、ゴンドラの中でインナーを出して指先をモミモミしてどうにか凌ぎました。まあエス氏の血行が悪いだけかもしれませんけど。このグローブはなんだかんだ大活躍で、ワークマングローブの出番はありませんでしたね。
 けっこう滑ったのですが、体力的にはキツかったですね。まだ二日目ですが、すでに足がパンパンです。

 短いですが、今回の動画です。夏油高原はどっさり雪が降ったらかなりいい感じのパウダースポットだと思いますなあ。

 さて、今回の大きな問題は板が滑らないことでしたね。とりあえずソールに残ったワックスをすべて剥がさなければと思いましたが、スクレーパーも持っていません。ショップで買うこともできたでしょうが、あんなプラスチックの板切れに数百円も払うのはアホらしいですからね。なにか代わりになるものは…。クレジットカードなら代用できそうですが、さすがにやめておきました。使ったのはJAFカード。駐車場に戻ると車内からJAFカードを出し、スクレーパー代わりにしてワックスを削りました。JAFカードはちと薄っぺらいのですが、どうにかワックスは落とせました。いやはや便利ですね。やっぱりJAFには入っておいて正解でしたな。

スノーボード夏油高原

 さて車内で着替えていると、吹雪がシャレにならないレベルになってきました。さっさと温泉に入らねば。今回のお目当はゲレンデのちと手前にある瀬見温泉。これも温泉の達人Hさんに教わりました。イトチンさんもコメントで教えてくれましたね。ありがとうございます。

私のちょっとした温泉手記

瀬見温泉

スノーボード夏油高原

 さて温泉に着いたのですが、車の外に出た瞬間、あまりの寒さに凍えてしまいました。気温の低さに加えて凄まじい吹雪ですからね。

スノーボード夏油高原

 温泉に入ると生き返りましたが、猛吹雪の轟音が風呂の中でも聞こえてきます。今夜の宿まで行けるのか…心配になってしまいました。美人の湯というだけあって、お肌がスベスベになる感じでとてもいい湯でしたね。
 風呂上がり、建物を出て車までの50mほどの距離を歩くのにビビっていましたが、思いの外寒くは感じませんでした。温泉効果で身体が芯から温まったからでしょう。温泉すげえ!

 瀬見温泉を後にし、地吹雪を食らいつつ下山。凄まじいものですね、地吹雪って。道路が見えなくなるんですから身動き取れないわけですよ。無事に盛岡のホテルに到着できてよかったですわ。
 盛岡にくるのは久しぶりですが、やっぱり寒いですねー。この日のホテルはパシフィックホテル盛岡です。さて盛岡ではなにを食べるべきか。盛岡冷麺。うーん、やめておきましょう。

パシフィックホテル盛岡

スノーボード夏油高原

 ホテルではまずあれこれ充電。食べログで調べた小料理屋で一杯飲もうと思ったのですが、200mくらい歩いただけであまりの寒さに断念。すぐ近くの飲み屋に飛び込みました。

お茶さい

29スノーボード夏油高原

 このお店、たまたまエス氏しか客がいませんでしたが、店主のおっちゃんとおしゃべりしながら楽しく飲めました。東京の感覚からすると酒もつまみも安いですね。納豆揚げが美味かったですわ。

 さて翌日は安比高原で滑る予定でしたが、どうも雪が少ないようで。イトチンさんから八幡平リゾートの下倉ゲレンデならパウダーなのではないかという耳寄り情報が。どうせなら雪があるゲレンデに行きたいですからね。
 この日もあまり夜更かしせず、23時過ぎには寝てしまいました。

 ちなみに、各地の歓楽街的なところには全然行ってません。お茶さいのすぐ一本隣の通りがそれらしきエリアでしたが、さすがに翌日のスケジュールを考えると夜遊びはできませんでしたね。
 この日地吹雪を食らって、夜の移動は危険だと考えるようになりました。パウダーの有る無しに関わらず、午前中をメインに滑り、午後は早めに上がって移動するのが賢いなと。早寝早起きが基本の健康的な生活ですわ。そういえば毎日温泉に入ってますしね。
 なのに身体はすでにぐったりですけど。

自宅を出発してからの移動距離、686.5km

767eff7f
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ