17/18シーズン:エス氏スノーボードギアベストバイ

大したものは買ってませんな。

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回はエス氏が17/18シーズンに購入したスノーボード関連アイテムのベストバイをご紹介しますぞ。こうしてみるとベストバイなどと記事にするほどのものではなさそうですが。

第1位:Coolcasc(クールカスク) ヘルメットカバー

16

 16/17シーズンのベストバイはオークリーのヘルメットでした。そのヘルメットに被せたのがこちらのカバー。リンゴのデザインで、ヘタの他に青虫が顔を出しているのがチャームポイントですぞ。エス氏の赤いウェアにマッチする赤いカバーでかなりのお気に入りアイテムです。ドリームゲート試乗祭ではスコット・スティーブンスにサインしてもらいましたし。

 リンゴの他にも様々な種類があるようですが、実物はあまり見たことがありません。エス氏は八千穂高原スキー場の売店で購入しましたが、他では焼額山スキー場の売店でも見かけましたね。外国製で、日本国内ではあまり売られていないようです。そういえばオーストリアトリップでは日本よりもはるかに個性的なヘルメットがあり、またヘルメットカバーなどのアクセサリーの多かったですの。さすがはヘルメット文化が根付いているだけのことはあります。

 このヘルメットカバーはあまりにもウェアとマッチしすぎていて、ウェアを買い替える気が無くなってしまいました。18/19シーズンもこのスタイルで滑ることになりそうですわ。ウェアに合わせて着せ替えできるように、もっと色々なヘルメットカバーが欲しいものですな。

第2位:GREGORY(グレゴリー) アルパカダッフル 45L

 こちらはオーストリアトリップ用に買ったバッグですな。バートンのWHEELIE GIG BAGとこのアルパカダッフルで海外トリップも楽々でしたわ。ヘルメットを収納できるサイズで、背負うこともできて機内持ち込みもOKです。北海道へ2泊3日くらいだとここまでの収納力は必要ないかもしれませんけどね。以前はキャリーバッグも使っていましたが、ボードケースとキャリーバッグの組み合わせはコロコロ2つで不便でして。背負えるアルパカダッフルは便利でしたの。頑丈で防水で、タフに使える頼もしい相棒ですわ。

第3位:GALLIUM(ガリウム)ワクシングアイロン TU0153

ガリウムアイロン

 以前は家庭用のコードレスアイロンを使っていたのですが、あまりワックスが塗りやすくはなかったので買い換えることにしました。今度はホットワックス用のアイロンです。ガリウムにはもう少し低価格のアイロンもありましたが、奮発して高いやつを買いましたぞ。アイロンなんてそうそう買い替えませんからね。現在は廃番になっているようですが…。

 コードレスを使っていたので最初は戸惑いましたが、慣れれば気になりません。重量感があり、アイロンの面積も広くてワックスを塗りやすかったですね。奮発した甲斐がありましたわ。当分はこのアイロンを使うことになるでしょう。いい買い物でしたわ。

第4位:McDavid(マクダビッド) M6440 HEX レッグスリーブ

 エス氏が愛用しているのがマクダビッドのプロテクター。お尻と膝にはこれを使っております。今回は膝のパッドを一つ無くしてしまったので買いなおしたというわけです。下半身のプロテクターはタイツと一体型のも多いですが、エス氏は別々の方が好きです。タイツを変えてもプロテクターは使えますからね。マクダビッドのプロテクターは薄くて軽く、フィット感もいいので使いやすいですぞ。薄いというのはけっこう大事で、ウェアのシルエットが崩れないのがいいですの。

 肝心の防御力についてはまあ必要十分かと。エス氏はあまり危ないことはしないので、プロテクターの恩恵を受けることは少ないものでして。雪の上に座った際などの防寒性については薄型なのでまあそれなりといったところでしょうか。エス氏としては一つの不満もないプロテクターなので、今後も愛用し続けると思います。

第5位:Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300 GR カムフラージュ

 従来はキヤノンのデジカメを使ってきたエス氏ですが、今回初めてキヤノン以外のカメラを買いました。ニコンのCOOLPIX W300 GRは防水なのでアウトドアでも安心して使えるのがいいですね。キヤノンのカメラは防水じゃないのに雨でも雪でも容赦なく使ってましたからのう。カメラ機能には詳しくないエス氏ですが、このカメラに変えてから写真がきれいになったと言われたりもしたので、まあカメラとしても十分な性能なのかなと思います。一つだけ不満なのは、起動するまでに時間がかかることでしょうか。数秒ではありますが、滑っている最中にさっとカメラを出して撮影するという使い方をしているので、起動時間が遅いというのはストレスです。それ以外は気に入ってますけどね。カムフラージュ柄はアウトドアっぽくてけっこう好きです。

第6位:Fruit Wax PERFECT BASE GRAPHITE

 フルーツワックスはショップで進められて買ったのですが、ホットワクシングの際に甘い香りがするのが特徴でしょうか。滑走性については、まあエス氏はワクシングに関しては塗ってあればいいでしょ、という意識低い系なのであまり気にはしておりません。17/18シーズンを通して、北海道・オーストリアから春のシャバ雪まで全てこのワックスのみしか使いませんでしたが、特に不満を感じなかったということはそれなりに良かったということなのかもしれません。ワクシングの際にいい匂いがするのって、何か意味があるのかしら。そう思っていた時期がエス氏にもありましたが、臭いよりはマシだということでそれなりに意味があるような気がする今日この頃です。

Fruit Wax PERFECT BASE GRAPHITE グレイフルーツワックス パーフェクト ベース グラファイト

価格:3,240円
(2018/6/23 20:24時点)

“"

第7位:ORANGE ソールカバー

 ドリームゲート試乗祭のパーティで当たった板用のソールカバーとして買いました。板に被せてはいますが、まだエス氏の自宅の外に持ち出したことはなく、特にコメントしようはありません。活躍するのは18/19スーズンでしょうね。エス氏はソールカバーに何のこだわりもないので、正直何でもいいです。こちらはネオプレーン素材ですが、ニットのものより安価でいいと思いますね。ニットのソールカバーはショルダーストラップが付いていないのでシンプルでいいとは思いますが、ショルダーストラップ付きの方が便利なことの方が多い気がしますのう。

【あす楽対応】ORANGE / オレンジ SOLE COVER ソールカバー スノーボードケース ガード

価格:6,696円
(2018/6/23 20:26時点)

“"

おまけ:スキー板とブーツ

2ブランシュ

 17/18シーズンにスノーボード関連のアイテムに費やしたお金は125,000円ほどですが、そのうち95,000円がスキーとスキーブーツでした。あれ、計算が合わない…125,000円にニコンのデジカメ代が入っていませんでしたね。気がつかなかったことにしましょう。ともかく費用の大半はスキー道具に費やされてしまったわけです。エス氏はスキーも一応は滑れるので、時々滑って練習するつもりでおりましたが、思ったよりも乗りませんでしたのう。それだけスノーボードで滑るのが楽しかったということなので何も問題はありませんが。エス氏ツアーでのスキー対決では敗北を喫してしまったので、来シーズンではリベンジしたいですの。

まとめ

 1位がヘルメットカバーという本当にしょうもないベストバイ記事でしたな。ここまで読んでいただきありがとうございました。まあ前回もほうきがランクインしたりと、しょうもなさは毎度のことかもしれませんが。来シーズンはボード、ブーツなどは新しく買う予定なので、もう少しスノーボードブログっぽい記事になるような気がします。とはいえ年々ギアに対する興味が薄れてきているので、ベストバイ記事も今後書くことが少なくなっていくかもしれませんのう。まあギアは消耗品だと思っているので定期的に買い替えは必要になるわけですが。どうせなら楽しく良いお買い物がしたいですのう。

16/17シーズン:エス氏スノーボードギアベストバイ
15/16シーズン:エス氏スノーボードギアベストバイ
14/15シーズン:エス氏スノーボードギアベストバイ
13/14シーズン:エス氏スノーボードギアベストバイ

スノーボード道具まとめ TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です