【浅間温泉 富士乃湯】シンプルですが質の高い老舗旅館のおもてなしに癒されましたぞ

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は長野県松本市の浅間温泉にある老舗旅館、富士乃湯をご紹介しますぞ。8室のみの小さな旅館ですが、創業1832年で現当主が20代目と超老舗。良くいえばシンプル、悪くいえば地味ですがクオリティは高く、のんびりくつろげる温泉旅館としておすすめですな。

浅間温泉 富士乃湯

 スノーボードトリップで宿泊する場合、松本市は近くにスキー場があるというわけでもないのですが、白樺湖、八ヶ岳、富士見、白馬などあちらこちらへ一応は滑りに行きやすいんですよね。

 富士乃湯は松本市の浅間温泉にある旅館です。温泉街には旅館や日帰り温泉などがありますぞ。その中でも富士乃湯は割と奥の方にありましたな。

 車のすれ違いが出来ないような狭い通りに入ると旅館の入り口があります。荷物を下ろしていると旅館の人がお出迎えしてくれましたよ。

 通りを奥に進むと専用駐車場があります。

 玄関にはかっこいい鎧が。館内には古美術品が色々展示されておりましたな。

 靴を脱いで館内へ。検温と手の消毒をしましたよ。

 フロントでは先客がチェックインをしていました。エス氏より先にチェックインとはなかなかやりますね。チェックインの際にはマスクをもらいましたよ。さらには持ち運び用の消毒スプレーも渡されました。コロナ対策は徹底しているということなのでしょう。

 老舗旅館というものは階段が多いですよね。

 客室に行くまでにあれこれ展示品がありましたぞ。日本刀はやはりかっこいいですね。

 掛け軸は有名な日本画家の作品のようですな。

 エス氏が泊まったのは「りんどう」というお部屋でした。

 踏込でスリッパを脱いで部屋に上がります。正面は洗面とトイレで右側が居室です。

 洗面台の隣には冷蔵庫があり、中の飲み物は無料ということでした。ビールも入ってましたよ。

 奥がトイレ。

 さてこちらがダイニングルームです。食事はこちらに運んでくれましたよ。

 広縁もあります。マッサージチェアは嬉しいですな。

 お隣はベッドルームで、こちらも広々としております。

 ダイニングよりもベッドルームの方がテレビが大きいのですね〜。

 ベッドルームの奥にも水周りがあります。

 源泉掛け流しの温泉にいつでも入れるのはホント最高ですな。でかい窓があるだけで半露天風呂と称するのは如何なものかとは思いますが、文句なしにイイ湯だったので良しとしましょう。湯船に入ると溢れ出す温泉が良い気分にさせてくれます。源泉がジャンジャン流れてくるので、すぐに湯船が満タンになるのも素晴らしい。いや〜良いですね、マジで。

 こちら側にも洗面台があります。

 トイレが2箇所あるお部屋は珍しい気がしますね。これなら女の子とのお泊まりでも遠慮なく臭い大便をひり出すことができますな。

 まずは大浴場へ。大浴場は2箇所あり、男女入れ替えとなります。チェックイン直後の時間帯は男性が「夕映え」というお風呂でしたよ。

 脱衣所は特に広くはありません。密にならないようにでしょうか、人数制限もありましたね。エス氏しかいませんでしたけど。

 温泉付きの部屋に泊まっても、まずは大浴場で身体を洗うのがエス氏のパターンです。

 無色透明で臭いもない温泉というのはそれほどエス氏の好みではないのですが、久しぶりに入ったからでしょうか、肌に染みるような湯は実に気持ちよかったですな。ちなみに露天風呂はありません。

 貸切風呂もあり、空いていれば予約なしで利用できますよ。もちろん無料です。

 大浴場もそうですけど、湯はともかくとしてお風呂自体はごく普通という印象。面白いのは部屋にあるQRコードを読み取ることで貸切風呂の利用状況を知ることができるというところでしょうか。試しに読み込んでみたら空いているということがわかりました。お、おう。。

 滑った後に立ち寄ったスーパーで買ったビールを冷やしておいたので、風呂上がりにグビグビ。冷蔵庫にもビールが入っていましたし無料でしたけどね。

 ルームサービスのメニューはかなり充実していて、ビールのあとは日本酒を注文しましたぞ。その際に気がついたのですが、お酒の持ち込みはダメみたいでした。すみません、お酒たくさん注文したので勘弁してください。

 というわけで酒を飲みつつZガンダムを見ておりました。

 さて夕食です。時間は18:00〜19:00の間で選ぶことができましたよ。どの部屋に泊まっても食事はお部屋で食べるようですね。時間になると仲居さんが部屋に来て食事の準備をはじめてくれましたぞ。まずはダイニングテーブルの上を片付けてきれいに拭いてくれました。これもコロナ対策かしら。徹底しているという感じでしたな。

 以下はお料理の写真です。白子ポン酢ホント美味い。

 焼胡麻豆腐とお造り。

 茶碗蒸しはテーブルの上で火にかけて、できたてを食べさせてくれましたぞ。

 ふぐひれ吸と銀鱈の信州味噌焼。酒がすすみますのう。

 そういえば、若女将はきき酒師という資格を持っているそうで、オススメのお酒を取り揃えているようです。日本酒は何種類か注文して飲みまくりましたが、確かに美味かったですぞ。

 あわびとふろふき大根に信州プレミアム牛のローストビーフ。お肉が出てきたのでメインかと思ったら違いました。

 メインは信州プレミアム牛の味噌デミグラス煮。これは絶品でしたね。長野県産のコシヒカリも旨かったです。

 デザートを食べる頃にはお腹がパンパンでした。味もさることながらボリュームがすごいですわ。食事の前にビールやら日本酒を飲みまくって失敗でしたね。

 朝食の時間は7:30、8:00、8:30から選ぶことができます。意外に思われるかもしれませんが、エス氏は朝食はいつも一番早い時間にしてもらうのですよ。食べた後にゴロゴロしたり、さっさと滑りに行ってその分とっとと家に帰りたからではありますが。

 テーブルに置かれた重箱を開けると、おかずがあれこれ入っておりましたよ。

 ジュースとサラダにヨーグルト。

 地元の生みたての卵ということですが、なんかやたらデカい卵でしたな。卵かけ御飯にしましたが、これがまた美味しくて、朝からご飯をお代わりする羽目に。

 さて。部屋で15分火にかけて出来たお豆腐をいただきました。これはこれで美味いのですが、なんといいますか、それほどテンションは上がらない一品なんですよね。正直あちらこちらの旅館でよく見ます。出来立てのお豆腐をどうぞ!という旅館側の意気込みは感じるのですが、エス氏の好みの問題でしょうか、それほどの盛り上がりはありません。それより納豆くれ。

 食後にはコーヒーか紅茶を出してくれますよ。エス氏はコーヒー好きでして。

 富士乃湯さんはいい旅館でしたね。何かこれといって特徴のある旅館でもないのですが。女将さんは感じよかったですな。食事の世話をしてくれた仲居さんやルームサービスを注文した際の対応もとても丁寧で気持ちの良いものでした。部屋は広く快適で、源泉掛け流しのお風呂は文句なしでした。何度も入ってしまいましたわ。大浴場も露天風呂がないなど地味ではありますが、イイ湯でしたわ。食事も味も量も大満足。ついつい食べ過ぎてしまいダイエットを意識しているエス氏としてはうれしいような危険なような。評判がいいのも頷ける、老舗らしい快適な旅館でしたね。

21/22シーズン初滑り しらかば2in1スキー場【初滑りトリップ】

2021年12月13日

宿情報ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です