野沢温泉スキー場【20-21モデル アルペン・スポーツデポ試乗会】の様子

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は2020/3/7に野沢温泉スキー場で開催されたアルペン・スポーツデポの試乗会の様子をご紹介しますよ。試乗会は主にシーズン後半の3月からあちこちで開催されるのですが、19/20シーズンはコロナ禍であちらこちらの試乗会が中止となってしまいました。試乗会大好きおじさんのエス氏としては残念でしたのう。まあ実際には試乗会を中止する意味はほとんどなかったと思いますけどね。

19/20シーズン31日目 野沢温泉スキー場【野沢温泉試乗会他 前編】

2020年3月27日

20/21シーズンモデルのスノーボード試乗会について

2020年2月12日

 エス氏は4つの試乗会に参加する予定だったのですが、結局3つは中止となってしまい、参加できたのは今回ご紹介する野沢温泉の試乗会だけでした。他が開催を中止する中、アルペンはよく開催してくれたと思いますな。

 さてアルペン・スポーツデポの試乗会はネットで予約ができるので申し込みが便利です。当日受付もしていましたけどね。会場はやまびこ駅を降りたところです。当日は天気も良くて会場はそこそこ賑わっていましたよ。ちなみにエス氏に特にお目当の板はなく、適当に目に付いた板に試乗してみただけです。

 今まで野沢温泉の試乗会ではやまびこエリアを滑っていたのですが、今回はエス氏お気に入りの湯の峰ゲレンデで試乗してみることに。上ノ平ゲレンデからブナ林コースへ。

 ここでは板の滑走性や低速での操作性、コース脇に積もった新雪で浮力などを確かめることができましたよ。

 湯の峰ゲレンデのAコースはカービングするのにちょうどいい斜面ですね。いつも空いているので遠慮なく滑れますわ。

 湯の峰ペアリフトに乗り、今度はBコースを滑ってゴンドラ中間駅まで滑りました。ここではカービングやらグラトリなんかをチョロチョロやってましたね。

 ゴンドラ中間駅まで滑ったら、やまびこ駅まで戻って試乗終了です。まあエス氏にしては割と1本の板に長く乗っている方でしょうか。やまびこエリアで滑るよりは試乗しやすかったと思うのですが、ゴンドラが新しくなるとこのルートでの試乗はできなくなってしまいますのう。

 今回試乗した板は以下の6本です。いや〜シーズンを通してたったの6本しか試乗できなかったというのは物足りないですのう。それでも楽しかったので良しとしましょう。

20/21シーズンモデル試乗 SALOMON HPS TAKAHARU NAKAI 158

2020年9月11日

20/21シーズンモデル試乗 SALOMON DANCEHAUL 152

2020年9月14日

20/21シーズンモデル試乗 YONEX SYMARC 160

2020年9月16日

4.Vector glide KINT UN 158

5.GRAY DesperadoⅢ 157

6.BATALEON Surfer 159

 試乗はリフト1本ぐらいでサクッと終わらせるエス氏ですが、湯の峰ルートだと時間がかかってしまい6本しか乗れませんでしたが、いつもよりはじっくり乗れたかなと。印象の良かった板もあれば悪い板もありましたのう。やはりエス氏が乗っているAMICSSのAGGRESSORと比べてしまうと不満を感じることが多かったです。レビューでは板のしなり方やフレックスなどに違和感があるという記述が増えそうなのですが、これはAGGRESSORのしなやかな乗り味に比べて他の板は油の切れた機械の様に感じられてしまったからなんですよね。もはやAMICSS以外の板に乗れなくなっているのではないかと心配になりましたわ。これも知る悲しみですのう。まあ試乗会は自分の板の素晴らしさを再確認する場でもあると思っているので、良い板に乗っていることを素直に喜びたいです。

スノーボード用品試乗レポート 一覧

2012年10月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です