18/19シーズンモデル試乗 NICHE AETHER 156

18/19シーズンモデル試乗 NICHE AETHER 156 感想・レビュー・評価・評判・口コミ・インプレッション・価格・割引

 みなさんこんにちは。エス氏です。2018.3.24〜25は苗場スキー場で開催されたドリームゲート試乗祭に参加してきました。今回はNICHE AETHER 156の試乗レビューです。

苗場スキー場【ドリームゲート試乗祭】の様子

苗場試乗コース

 第2ゲレンデで試乗しましたが、天気が良くて気温も高く、雪がシャバシャバでコンディションは微妙でしたな。

NICHE

 ニッチはアメリカのユタ州ソルトレイクシティが拠点のブランドですな。板はオーストリアにあるキャピタの工場マザーシップで作っているようですが。全然知らないブランドでしたが、意外と前からあるみたいですね。日本で販売しているのは主にニッピンなんでしょうか。そりゃ知らんわ。

AETHER

 この板の名前を日本語にすると「エーテル」でしょうか。「エーテル」というのはファンタジーでは馴染みのある言葉で、ファイナルファンタジーではMPが回復するアイテムですな。「AETHER」という単語の発音を日本語にすると「イーサー」という方が当てはまるような気もしますし、実際「NICHE AETHER」で日本語のページを検索すると、この板の販売店では「イーサー」と表記していたりします。ですが「AETHER」という言葉は日本語ではやはり「エーテル」のことだと思いますので、エス氏ブログでは「エーテル」と記載したいと思います。

 さてこのエーテル、高級なだけあって軽量ですね。マルチキャンバー(要はダブルキャンバーかと)のミドルフレックスで板をしならせやすく、プレスのコントロールはしやすかったのですがオーリーが少しやりにくく感じました。マグネトラクションでエッジグリップが良く、カービングではシャバ雪でも安定感があって気持ち良く滑れましたな。扱いやすい板でコブでも滑りやすかったです。良くできたオールラウンドボードだと思いますのう。グラフィックはフェニクスのようですが、正直全然わかりませんでした。

スノーボード道具まとめ TOPへ

スノーボード用品インプレッション 一覧へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です