ブログネタ
スノーボード全般 に参加中!

スノーボードブーツの選び方

 スノーボードにおける最重要アイテムはブーツです。それは、スノーボードの操作は全てブーツを通して行うからです。自分の足にフィットしたブーツを、ヒモをしっかりと締めて履くことが大切です。

 自分の足に合わないブーツを履いていては、スノーボードの上達は見込めません。初心者にありがちなのは、大きすぎるサイズを選んだり、ブーツのヒモをよく締めないといったミスです。おそらく、普段街中で履くスニーカーと同様に考えているのではないでしょうか。

 大きすぎるブーツを履き、よくヒモを締めなかった場合、どういうことが起こるでしょうか。板を履いたときに、ビンディングのストラップを痛いほどに締め付けても、ブーツの中で足がグラグラ動いてしまうでしょう。これではスノーボードをまともに操作することは出来ません。なぜなら、スノーボードを動かすために必要な動きをしても、ブーツの中で足が動いてしまうとそこで力が逃げてしまい、板にしっかりと力が伝わらないからです。そのために、不自然な動きで無理矢理ボードを操作しようとしてしまいがちです。自己流でスノーボードを覚えた初心者に、後ろ足を使って無理矢理ボードを曲げて滑る癖のある人が多いのは、この辺りも原因の一つだと思います。

 小さすぎるブーツを履いた場合は、すぐに足が痛くなってしまいます。痛みを我慢しながらでは、とてもスノーボードを楽しむどころではありません。酷い場合だとしばらく歩けなくなるほど辛くなる場合もあるので、足が痛いと思ったら無理をしない方が良いでしょう。初心者には足の痛みを恐れて、意図的に大きめのサイズを選ぶ人もいるようです。

 自分の足にフィットしたブーツを、しっかりとヒモを締めては履くことにより、ボードとの一体感が増します。自分の動きをダイレクトにボートに伝えることが上達の近道です。

 このように、スノーボードのブーツは大きすぎても小さすぎてもいけません。自分の足にフィットするブーツを探さなければなりません。スノーボードをより楽しむためにも、なるべく早い段階でレンタルを卒業し、自分のブーツを手に入れたいものです。

 ここからはブーツの購入を検討している人へのアドバイスです。

試着

 ブーツを購入する際にはなるべくたくさんのブーツを試着しましょう。同じサイズでもメーカーによって形が異なりますので、いろいろなメーカーのブーツを試してみてください。
 試着のポイントは、必ず実際にゲレンデで使うソックスを履くことです。スノーボード用やアウトドア用のソックスは、普段履く靴下よりも厚手に出来ています。靴下の厚みによって、ブーツのフィット感はかなり変わります。
 さらに、人間の足は朝と夕方で微妙に大きさが変わるといいます。夕方は足がむくんで、朝よりもサイズが大きくなるようです。万全を期すなら夕方に試着をした方が良いでしょう。
 試着したら、歩き回ってみたり、屈伸してみたり、色々と動きを試してみましょう。足に当たって痛いところは無いか、踵がしっかりとフィットしているかどうかが大切です。スノーボードでは踵を持ち上げる動きが頻繁に出てきますので、ブーツの中で踵が浮かないものを選びたいですね。

ブーツの硬さ

 ブーツには柔らかいものと硬いものがあります。どのような違いがあるのでしょうか。
 柔らかいブーツは足首を動かしやすいという特徴があります。スノーボードを始めた頃は、特に足首を意識した練習をすることになりますので、柔らかいブーツの方が足首の動かし方を覚えやすいといえるかもしれません。デメリットは、ブーツが足をサポートする力が弱いことです。高速で滑ろうとすると、足下が不安定に感じるでしょう。
 硬いブーツは足をサポートする力が強い代わりに、足首を動かすことが難しくなります。極端な例でいえば、スキーのブーツを思い浮かべてください。スノーボードもアルペン用のブーツはスキーブーツ同様の硬い素材で出来ています。硬いブーツはライダーの力をより素早くダイレクトに板に伝えることが出来ます。滑るスピードが上がれば上がるほど、ライダーには大きな筋力が要求されますし、ライダーの力と雪面からボードを通して伝わる圧力を受け止めるためにも、ブーツには足をサポートする硬さが求められます。スキーでもアルペン競技の選手が使うブーツは、一般人のそれよりもずっと硬いものになります。
 初心者の方には、硬いブーツよりは柔らかいもののほうが扱いやすいと思います。ただしブーツの硬さはビンディングやボードの硬さとのバランスもありますので、初心者の方はあまり深く考えなくてもいいでしょう。

 結論としては陳腐ですが、硬くも柔らかくもない普通が一番かと思います。

ヒモかBOAかレーシングシステムか

 ブーツのヒモをしっかりと締めることが重要だと書きましたが、これが中々重労働です。私は毎回渾身の力を込めてヒモを締めていたせいか、シーズンの終わりには両手の小指の付け根が擦れて、微妙に毛が生えてきてしまって驚いたことがあります。
 妙な毛が生えるほどの力でヒモを締めるのは、女性には中々難しいのではないでしょうか。そこで最近は楽にブーツを履けるように工夫された商品があります。
 代表的なものにBOAシステムがあります。これはヒモの代わりに、金属製のワイヤーをダイヤルを回して締めることにより、力を入れなくても楽にブーツを締めることが出来るという代物です。当初はトラブルもあったようですが、今ではすっかり定着した気がします。近頃はレンタルでもBOAのブーツを置いているところもありますね。
 レーシングシステムとは、グリップを引っ張るだけでヒモを締められるという便利なシステムです。締める時は引っ張るだけで簡単なのですが、メーカーによっては脱ぐ時にヒモを緩めるのが面倒だったりもします。
 最近はレーシングシステムがずいぶんと研究されて便利になっているように思いますな。

 スノーボードにおいてブーツは最重要アイテムです。多少高めでも、試着して一番自分の足に合っていると感じたものを買うようにしたいですね。

スノーボードブーツの購入はこちらから。

スノーボードに必要なもの まとめへ戻る

<<スノーボード用ゴーグルの選び方などなど   スノーボードを買う前に>>

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ