ほぼスノースケート回。

1

 みなさんこんにちは。エス氏です。2018.1.28は鹿島槍スキー場で開催されていたMOUNTAIN WAVEというイベントを見物してきましたぞ。まあチラ見程度ですが。MOUNTAIN WAVEというイベントは今回初めて知りましたが、毎年やっているんですかね。よくわかりませんけど、ジャンプ台とかアイテムがあって、参加費を払えばプロライダーとセッションできるみたいでしたの。

17/18シーズン23日目 鹿島槍スキー場【MOUNTAIN WAVE】

1/27・28 MOUNTAIN WAVE 今年も開催!!:鹿島槍スキー場

2

 前日は白馬岩岳でFREERIDE MEETINGというイベントに参加しておりました。この日はFREERIDE MEETINGの仲間5人のうち、エス氏、玄米、チノパンの3人で鹿島槍に来ましたぞ。なんでもこのMOUNTAIN WAVEというイベントには布施忠とギギ・ラフが来るという話を聞いてやってきたのですが、2人とも見かけませんでしたのう。

3

 イベント会場は第5ペアリフトの脇にありました。ちょうどコース5-Cの下あたりですね。コース5-Cの途中にはジャンプ台もありました。会場には関係者らしき人たちが多く、来場客はまばらでした。ゲレンデの中心にあるセントラルプラザからは少し離れたところに会場があるので、わざわざ足を運ぶ人は少なかったのでしょう。

4

 試乗もできました。ブランドはジョーンズ、ライド、グリーンラボ、アウトフロー。試乗会大好きおじさんのエス氏ですが、あまり興味がないですのう。

5

 エス氏が食いついたのはこのスノースケートとかいうアイテムです。短いスキーの上にスケボーのデッキがくっついているような乗り物ですな。こちらも試乗できたので、3人で乗ってみましたぞ。

6

 流れ止めを装着します。スノースケートは両足が固定されないので、転ぶと板がすっ飛んで行ってしまうというのはスケボーと同じですな。流れ止めは腰のあたりに巻きつけました。紐は巻き取り式になっているので、転倒すると紐が伸びて板が体から離れてしまいます。身体と板は伸びた紐で繋がれているので、その間を誰かが滑ると紐に引っかかってしまいけっこう危ない仕組みです。このため、転倒時には紐が伸びすぎないように手で押さえるように説明されました。ふむ…もう少し改良の余地はないんですかね。

7

 ブーツのレースはすべて全開で緩めるように言われました。スケボー感覚の乗るので、足首が固定されていると扱えないのでしょう。

8

 会場の前で試し乗り。おお…ちと怖い…でもなんとか乗って滑れましたぞ。全然曲がれませんでしたけど。

9

 そして無謀にも第2ペアリフトに乗って黒澤ゲレンデに出てしまいました。とりあえずエス氏ポーズ!

10

 玄米とチノパンも。やはり本家とはキレが違いますね…。

11

 コースに出るとかなり怖いですのう。スノーボードよりも高さがあるので視点も高く、転けたら痛そうな感じがするんですわ。なので最初は横滑りから。ふむ、横滑りはイケますね。問題はターン。ノーズをフィールラインに向けるのはなかなか勇気がいりますのう。

12

 慎重派のエス氏とは対照的に、ガンガン攻める玄米。アタックしてはすっ転んでを繰り返していました。出来もせんのにそこまで攻める意味がわかりませんが、最終的に上手くなるのはエス氏よりも玄米だという気がしますね。けっきょくまともにターンはできませんでしたわ。

13

 さて、スノースケートで遊んだ後はプロライダーの滑りを見物しましたぞ。

14

 近頃はフリースタイルに興味が出てきたエス氏ですが、この時点では特に興味なし。今のがプロの誰それです、とか玄米の説明を聞いて、こいつよく知ってんなーと感心しておりました。

 今回初めて「MOUNTAIN WAVE」というイベントを知りましたが、どうなんでしょう、盛り上がったのでしょうか。お客さんはまばらだったので、試乗はし放題だったかもしれませんな。プロライダーの滑りを間近で見られるので、興味がある人は楽しめると思いますね。エス氏としてはスノースケートで遊べたのでけっこう楽しいイベントでしたぞ。スノースケートは春に仲間たちとちょろっと遊ぶにはなかなか面白そうなアイテムだと思いますね。

 そのスノースケートはいくらくらいするアイテムなのかしら。ググったエス氏は、そっとブラウザを閉じたのでした…。

[MOUNTAIN WAVE:日記]

スノーボード用品試乗レポート 一覧

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ