スノーボードのビンディング取り付けに必要な道具

スノーボードのビンディング取り付けに必要な道具

 みなさんこんにちは。エス氏です。ビンディングをボードに取り付けるためには、いくつか用意するものがありますので順番にご紹介します。

1.プラスドライバー

スナップオンプラス

 プラスドライバーがないとビンディングの取り付けは出来ませんね。自分の持っているビンディングのネジのサイズに合わせて、二本くらいのドライバーを用意しておけば十分でしょう。

2.マイナスドライバー

スナップオンマイナス

 マイナスドライバーはビンディングの取り付けには使いませんが、ストラップとベルトを留めているネジを締める際に必要になる場合があります。自分のビンディングを見て、必要ならば用意しておきましょう。

3.レンチ

スナップオンレンチ

 レンチもストラップとベルトを留めているネジを締める際に必要になる場合があります。

 ドライバーやレンチは、携帯ツールに含まれていると思いますので、持っていればそのまま使えます。ですが、携帯ツールはあくまでも応急処置用ですので、自宅で作業をする場合は、ちゃんとした道具を持っている方が使い易くて便利でしょう。

携帯ツールについてはこちら。

4.メジャー

メジャー

 スタンス幅を測ったりするために、メジャーは必須です。自分が使い易いものであれば、どのようなタイプでもいいでしょう。

おまけ

 ビンディングの取り付けに必要な道具は以上ですが、ドライバーについてちょっと補足しておきます。
 みなさんは、普段どのようなドライバーを使っていますか?工具は100円ショップやホームセンターで、低価格で手に入ります。
 しかしながら工具には、知らない人には全く縁のない高級品の世界があります。プロのメカニックの人が使うのでしょうか。ドライバーもレンチも数千円はするので、低価格品の何倍もの値段です。
 ドライバーやレンチなんてどれでも一緒だよ・・・。ご存じない方は、そう思うのも当然だと思います。なんせ単純な道具ですからね。
 ところが、その単純な道具の使い勝手には、安物と高級品とでは天と地ほどの違いがあるのです。
 私は「スナップオン」というアメリカの工具メーカーのドライバーを使っているのですが、はっきりいってめちゃくちゃ使い易いですね。安物とは比較にならないほど力が入れ易いのです。精度も極めて高いので、ネジをなめてしまうこともありません。一度高級工具を使ったら、もはや安物には戻れないでしょう。私に借りてスナップオンのドライバーを使った人も、必ず「これは使い易い」と驚きます。

 まあ安物のドライバーでも問題ないんですけどね、実際は。私はそういうところにも拘りたい男なんです・・・。

<<初心者向けスノーボードのビンディング取り付けの流れ   レギュラースタンスとグーフィースタンス>>


ビンディング取り付けの流れへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です