ビンディングのアングル(角度)について

ビンディングのアングル(角度)について

 こんにちは。エス氏です。前回までのセッティングに関する記事を読んでいる前提で、ビンディングの取り付け角度についてご説明します。

 基本的にビンディングの取り付け角度(アングル)は3度ずつ変えることが出来ます。角度が大きくなるほど、ビンディングはノーズ方向を向きます。0度は真横を向いた状態で、マイナスになるとテール方向を向くことになります。
 アングルは、実のところ個人の好みが強すぎて、少々説明し難いところはあります。まずは大きく2種類に分けたいと思います。

ノーマルスタンス

 一般的に、アングルは両足がノーズ側に向いています。滑り易いスタンスですが、後ろ足方向、つまりスイッチスタンスで滑るのは慣れるまで難しく感じると思います。

ダックスタンス

 前足はノーズ側へ、後ろ足はテール側へ向けてがに股気味に取り付けることを、ダックスタンスといいます。ノーマルスタンスに比べると、前足方向には滑り難くなりますが、スイッチスタンスでは滑り易くなります。
 ある程度滑れる方が、自分のスタイルに合わせて選ぶスタンスなので、中級レベル以上になってから検討しましょう。

前向きか横向きか

 前足と後足のアングルをどのくらいに設定するかは、自分の好みでどうぞ。と言っては終わってしまうので、もう少しご説明します。
 アングルを前向きにするか横向きにするかで、滑りには大きな変化が生じます。先ほどの分類で言うと、ノーマルスタンスは前向き、ダックスタンスは横向きなセッティングとなります。
 ノーマルとダックの大きな違いは後足の角度です。ノーマルでは後足も前向きになりますが、ダックでは後ろ向きになります。後足が前を向いていれば、腰と上体を前方に向け易くなります。身体が進行方向を向いている方が、当然滑り易くなります。
 後足が後ろを向いていると、膝を前方に向けられなくなるので、腰も上体も前に向け難くなります。必然的に身体が横を向いた状態で滑ることになるので、ノーマルスタンスに比べると滑り難くなります。ただし後足方向に滑る場合、つまりフェイキーでは滑り易くなります。後足が前を向いているノーマルスタンスでは、フェイキーの時に身体を進行方向に向け難くなるので、ダックスタンスの場合よりも滑り難くなるでしょう。
 初心者の方はまず基本的な滑りをマスターすることが先決なので、ノーマルスタンスで自分のメインとなる滑りを練習しましょう。

アングルと身体の動き

 脚に最も力が入るのは、つま先と膝とが同じ方向を向いているときです。膝の関節自体はねじれないので、両足を固定する角度によって、膝の向く方向も決まります。膝から下はねじれることはねじれますが、膝とつま先が別々の方向を向いていては、脚に力が入りません。
 膝の向きが決まれば、それに合わせて腰の向きも決まります。両膝の向いている方向の中間辺りに自然と収まることでしょう。腰の位置が決まると、上体の可動範囲も決まります。上体は進行方向を向いている方が滑り易いので、そのためには、腰をなるべく前に向ける必要があり、当然膝も前に向けた方が良いことになります。結局、アングルが前向きになる方が、滑るのは楽だということです。
 ただし物事には限度というものがあります。

前向きと横向きのメリット、デメリット

 アングルを前向きにすればするほど、つま先と踵は板の中心に近づくことになります。逆に、アングルを横向きにすると、つま先と踵は板の中心から離れ、エッジに近づくことになります。
 アングルを前に向けるメリットは、身体を進行方向に向け易くなることです。また膝も前を向くので、板を傾け易くなり、エッジを立て易いというメリットもあります。デメリットは、エッジに力を入れ難くなることです。
 スノーボードの操作はエッジによって行うので、エッジに力を入れるということから考えると、アングルは横向きの方が有利といえます。エッジに近いところに、拇指球や踵がある方が、板に力を入れて踏み易いでしょう。板の太さと足の大きさを無視すると、アングルが0度のときが最もエッジに力を入れ易いといえます。アングルを横向きにするデメリットは、板を傾け難くいということです。

 板を傾けるとエッジが立つわけですが、それが何を意味しているかは初心者の方にはまだ難しいと思います。ここでは、アングルは前向きでも横向きでも、それぞれメリットとデメリットがあるということをご理解いただければ十分です。

具体的にアングルを決める

 アングルは前向きの方が滑り易いのですが、やり過ぎるとデメリットも出てくるということです。ではいったいアングルは何度が良いのでしょうか?
 フリースタイルスノーボーダーのアングルは、概ね次のようなものでしょう。

前足:18度~30度

後足:-12度~12度

 後足がマイナスになると、ダックスタンスになります。ちなみに私がスノーボードを始めた頃は、前30度/後0度にしていました。後足は0度~-6度くらいをいろいろ試したりしましたね。前足が30度というのはかなり前向きですが、私には滑り易かったです。09/10シーズンは前24度/後-6度でした。
 私が初心者の方のセッティングをするときは、前18度~24度/後6度~9度くらいにしています。まあ無難なアングルではないかと思います。初心者の方はまだご自身に合ったアングルを発見出来ていないと思います。とりあえずこのくらいのアングルから始めてみて、違和感を感じるようなら少しずつご自身で調整を繰り返して行けば、そのうちしっくりくるアングルが見つかるのではないでしょうか。

アングルとハイバックについて補足

<<ビンディングのセットバックとは     ビンディングのハイバックの調整>>


ビンディング取り付けの流れへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です