18/19シーズンモデル試乗 THE BAKERY HORST 153

18/19シーズンモデル試乗 THE BAKERY HORST 153 感想・レビュー・評価・評判・口コミ・インプレッション・価格・割引

 みなさんこんにちは。エス氏です。2018.3.24〜25は苗場スキー場で開催されたドリームゲート試乗祭に参加してきました。今回はTHE BAKERY HORST 153の試乗レビューです。

苗場スキー場【ドリームゲート試乗祭】の様子

苗場試乗コース

 第2ゲレンデで試乗しましたが、天気が良くて気温も高く、雪がシャバシャバでコンディションは微妙でしたな。

THE BAKERY

 ベーカリーはドイツのミュンヘンのブランドですな。すべてハンドメイドで作っているそうです。日本には18/19シーズンから上陸ということで、エス氏がいつもお世話になっているエフジャンクのみで取り扱っているようですぞ。下の動画は公式HPにあったものです。

 動画に出てくるビール瓶の板が売ってたら即買いしますが、残念ながらカタログには載ってませんのう。

HORST

 ホルストはツインチップでロッカーのパークボードですね。市販されるモデルとはちとグラフィックが違いますが、中身は同じ板だそうです。少し硬めのミドルフレックスでハリがあり、あまりしならせやすくはなかったのですが、ロッカーの割にはプレスでしっかり圧をかけられてコントロールしやすかったですな。思ったよりエッジが噛んでカービングもできます。小回りも利いてコブでも滑りやすかったですね。乗りやすい板ではありますが、ロッカーでソフトフレックスというカタログスペックから想像される乗り味ではありませんでしたのう。本当に中身同じかしら。人と被ることはなさそうなマイナーブランドの板なので、グラフィックが気に入ればいいかも。ちなみに公式HPを見ると、このグラフィックのヒゲもじゃのおっさんのモデルと思われるおっさんの写真も載ってますぞ。

スノーボード道具まとめ TOPへ

スノーボード用品インプレッション 一覧へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です