ほどほどにしておきましょう。 1スノーヴァ溝の口

 みなさんこんにちは。エス氏です。2016.5.14はスノーヴァ溝の口のハーフパイプキャンプに参加してきました。
 スノーヴァは溝の口も新横浜も自宅から近いのですが、今まで一度も行ったことはありませんでした。このブログでもオフトレと称してあれこれやってきましたが…今回ついに室内ゲレンデに行ってしまいました。それもハーフパイプキャンプに参加です。まあハーフパイプをやる気になったわけではないんですけどね。室内ゲレンデも好きではありませんし。

 15/16シーズンは何やら中途半端なまま終わってしまい、不完全燃焼な感じでした。来シーズンはガンガン滑りたいのですが、エス氏の場合シーズン序盤の1ヶ月は足慣らしで終わってしまいますからね。オフシーズンに少しでも滑っていられれば、足慣らし期間も短くて済むだろうと期待しております。

 てなわけで、これまで避けてきた室内ゲレンデで滑ってみることに。一人で滑っていると飽きて続かないと思い、レッスンを受けることにしました。キッカーやジブは転けたら痛そうなので、消去法でハーフパイプキャンプに参加することにしたわけですな。練習して上達しても、実際にゲレンデのハーフパイプに入ることは決してないでしょうけど。溝の口は新横浜よりスクールが充実してますの。

スノーヴァ溝の口

 自宅から車で30分弱の距離でした。更衣室で着替えるつもりでしたが、駐車場で着替えてる人たちがいたので、エス氏もならうことに。室内ゲレンデは室温が低いようなので冬の装備をしました。その昔滑ったザウスは寒かった気がしますし。

2スノーヴァ溝の口

 駐車場から2階に上がると入口です。エス氏は初めてなので、用紙に記入して受付しました。ハーフパイプキャンプは事前に電話で申込み済みです。入会金1,050円とキャンプ代7,350円。高いのか、安いのか。

3スノーヴァ溝の口

 2階にはレンタル、更衣室、ショップなどがあり、窓からゲレンデを眺めることもできます。

5スノーヴァ溝の口

 1階に降りると休憩スペースがあります。プライベートロッカーもありましたね。これを利用して道具を置いておけば、平日の夜会社帰りに寄って滑ることも可能ですな。絶対やりませんけど。

7スノーヴァ溝の口

 ゲレンデへの出入口にはシャワーとエアブラシが備え付けてありました。

4スノーヴァ溝の口

 ゲレンデは確かに寒い…そう思っていた時期が私にもありました。
 キャンプ開始は10:00から。集合場所を間違えて焦りましたわ。ムービングベルトでコースの上に移動します。今回はエス氏を含め4人がハーフパイプはじめてということでした。経験者も含めると7人が参加していましたね。

 初心者のレッスンは横滑りからはじまりました。パイプの中で木の葉落とし。先生に目線などを注意してもらいました。ふむふむ。

 それにしても雪が硬いですね。あずきバーより硬いのでは。一度バランスを崩して手をつきましたが、いやはや手のひらが痛いのなんの。こんなところで転倒するのはなんとしても避けたいところですな。

 バックサイド、フロントサイドとも木の葉落としの練習をしてからターンに入りました。
 先生はパイプの下にいて、滑った後にその都度アドバイスしてくれるというスタイル。木の葉落からターンに入る場合など、ステップアップする際には滑ってお手本を見せてくれます。エス氏はバックサイドの壁を登る際の肩の開き方などを注意してもらいました。ふむふむ。

 パイプの横にスロープがあり、キャンプの場合はムービングベルトではなくスロープも登れるようになっています。このスロープが曲者でしたね。登っては滑り、また登っては滑る…どんどん身体が熱くなり、汗が噴き出してきます。冬用の装備は完全に失敗でしたわ。途中でフリースを脱ぎ、グローブのインナーも外しました。キャンプ中は登った人から滑って先生のアドバイスを受けるというスタイルなので、途中抜け出して着替えても特に問題ありませんでしたね。
 この登りを繰り返していたら足腰が鍛えられそうです。まあ後半は疲れてムービングベルトを使いましたけど。

 途中で一度ビデオ撮影がありました。先生がみんなの滑りを撮影し、控え室で滑りを見ながら1人ずつアドバイスを受けます。エス氏の滑りは思った以上にショボく、こりゃキャンプに参加して良かったなと実感しました。

8スノーヴァ溝の口

 その後は軽くジャンプターンの練習をして、12:30頃にランチタイム。お弁当が用意されていて、控え室でみんなと一緒に食べました。スロープの登りでグッタリしていたので、揚げ物がメインのお弁当よりは、さっぱりとざるそばでも食べたい気分でしたが。
 まあキャンプに参加している方たちと話ができて楽しかったですね。エス氏ブログの読者の方がいるとは想定外でしたけど。ステッカー持ってて良かったですわ。

 キャンプはランチで終了。その後は14:00までは滑ることができたので、せっかくだからギリギリまで滑りました。なかなか楽しめたしたね。

 こんな感じでエス氏はじめてのスノーヴァコソ練は終了しました。登って滑るの繰り返しで、実に効率良く練習できますね。飽きてきますけど。
 雪は硬いのですが、ゲレンデのアイスバーンに近い感覚ではありますな。新横浜の方が硬いと聞いてびびりました。ハーフパイプキャンプは月に1〜2回開催されているようなので、また参加してみたいと思います。

 パイプには上手な人もいましたが、平坦なコースでは横滑りや連続ターンレベルの人たちもいて、思ったよりガチ勢だらけというわけではありませんでした。平日か土日、もしくは時間帯によって変わってくるとは思いますが。

 オフトレとしてはサーフィンやらスケートするよりも良いでしょうねえ。なんせ実際にスノーボードに乗るわけですから。
 しかしジャンプして転けたりしたらと思うと…正直怖いですな。せっかくだから上手くはなりたいですが、あんまり上手くなると高さが出てくるのでリスクも大きくなるのかなと。まあ上手くなってから考えろって話かもしれませんが。

 悩みはありますが、滑りの感覚を忘れない程度には通いたいと思います。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
ページトップへ