11/12シーズン33日目 白馬乗鞍温泉スキー場

11/12シーズン33日目 白馬乗鞍温泉スキー場

 みなさんこんにちは。エス氏です。四連休三日目の日記です。山小屋には一人で滞在しているものの、前の二日間は一人で滑ったわけではありませんでした。この日はついに一人スノーボード…今シーズンではイエティの初滑り以来です。

IMG_3047

 朝起きると、外は一面の雪。昨日までは雨が降っていましたが、いつの間にか雪に変わっていたようです。それにしても積もりましたね…。
 本当は昨日松沢さんに教わった滑りを練習したかったのですが、これはもしかするとパウダーが滑れるのでは?

 当初は八方尾根で滑ろうと思っていたのですが、パウダーを滑るなら乗鞍に変更です。山小屋の持ち主玄米くん曰く、乗鞍は人が少なくて穴場のパウダースポットということですからね。それに、山小屋から歩いていける距離ですし。

白馬乗鞍温泉スキー場

乗鞍温泉スキー場

 てくてく歩いて乗鞍へ。乗鞍で滑るのは二度目で、前回は美人ボーダーモデルの二人と一緒でした。今日は一人です。それにしても風が強いですな。この三日間、雨やら雪やらよく降るものです。

 乗鞍はメインの若葉ゲレンデ側と、お隣のコルチナ側とに分かれています。歩いていけるのはコルチナ側の里見ゲレンデです。

IMG_3048

 朝9:00頃です。ほとんど人がいませんね。アルプス第8ペアリフトが動いていましたが、ゲレンデ上部へ向かう第9リフトは強風で止まっていました。ありゃ…。

IMG_3049IMG_3050

 この強風の中、新雪を無視して練習の準備をするスキーヤーさん。がんばりますのぅ。写真に写っている黒い紐は、強風で煽られたデジカメのストラップです。

IMG_3051

 …積もってますね。新雪です。でもね…斜度が緩すぎんるんですよね。コース上部だけやや斜度がありますが、新雪を楽しめるのはせいぜい3ターンのみです。後はリフト乗り場まで直滑降しないと埋もれてしまいますからね。

IMG_3052

 リフト2本で諦めました。山小屋に戻って車を出しましょう。若葉ゲレンデ側へ行かないと面白くもなんともありません。リフトが動いていないので、滑っては移動できないんですよね。

IMG_3053IMG_3055

 若葉ゲレンデ側の日帰り駐車場です。積もってますね。みんな路駐しています。すみません、エス氏もゲレンデ入口近くに停めてしまいました。

IMG_3057

 けっこう歩いてアルプス第3高速ペアリフト乗り場にたどり着きました。新雪を滑るなら、とりあえずこのリフトかと。

IMG_3058IMG_3063

 それにしてもすごい風でした。乗鞍は前回も風が強かったんですよね。気温自体はそれほど低くなかったと思います。風の割にはそれほど寒くはありませんでした。
 風が当たる面だけ木に雪がついています。完全に横殴りですからね。

IMG_3060IMG_3062

 こんな吹雪でもモーグラーのみなさんはコースを整備しています。こういう人たちが上手くなるんでしょうね…。

IMG_3061

 リフトを降りてスケーティングしていると、追い風に押されて蹴らなくても進むほどでした。

IMG_3065

 上部のハイウェイコースは凸凹でしたが、雪が柔らかくて難しくはありません。新雪はモーグルコースのバーンで楽しめました。

 距離は短いですが、斜度もあって十分楽しめましたね。コースの下部からはひたすら直滑降でリフト乗り場を目指しました。緩斜面が圧雪されていないので、かなりスピードを出さないと止まってしまうんですよね。

IMG_3069IMG_3064

 このコースを何本滑ったでしょうか。人が少ないので、かなりパウダーを満喫出来ましたね。雪は重かったのですが、それでもこれだけ新雪を滑れたのは久しぶりです。
 なぜかみんなが滑らないモーグルコース脇の新雪をいただきました。鉄柱の間に一番乗りしたラインをリフトから撮影しようと思ったら、もう数本のラインが。撮影は残念でしたが、一番乗りできてよかったですわ。
 みんなが滑らない理由はその後判明しました。モーグルコース脇は所々雪が風に飛ばされて、その下の硬い雪面が出ているからでしょう。エッジが噛まないほどのアイスバーンではありませんが、新雪のつもりで突っ込んで、いきなり硬い斜面が出てくると怖いですねー。何度か肝を冷やしました。

コース外の新雪

 コース外には良さ気な新雪がたくさんありましたが、エス氏はもちろん滑りません。一応マナーを守る男、エス氏です。初心者さんに教えたり、ブログを書いたりしていますので。マナーが悪いと、初心者さんに示しがつきませんからね。
 それに、コース外は正直怖いですね。滑ったことがあり知っているコースなら、新雪でも問題なく滑れます。しかし、普段滑らないコースの外は、どこに何があるか分かりません。段差があって危ないところ、緩くて埋もれてしまうところなど、斜面の変化もわかりません。新雪を滑るには勢いが必要なので、雪が深いところで一々立ち止まって滑走ラインの確認なんて出来ませんからね。そう考えると、あまり滑ったことのないゲレンデに自分一人では、ちょっと怖くてロープはくぐれませんな。君子危うきに近寄らず。
 体力的な不安要素もありまして。正直新雪を滑ると足の筋力の消耗が激しくて、あまり長い距離は滑れないんですよね。乗鞍のモーグルコースくらいの長さでもけっこう疲れてしまいます。コース外はどの程度の距離をノンストップで滑ればいいかがよく分からないので、途中で力尽きるのが怖いんですよ…。要するにへっぽこなワケです。

 そんなわけで、本来インドア派のエス氏はコース内の新雪だけでお腹いっぱいです。今シーズンは新雪を意識してちょっと長めの157.5cmの板を買いましたからね。これまであまり長さを活かす機会がありませんでしたが、ようやく本領を発揮出来ました。BURTONのX8CHは新雪でもとても滑りやすい板ですな。

感想

IMG_3068IMG_3071

 新雪を滑りまくり、午前中でエス氏の右足は逝きました。十分満足出来ましたね。もともと練習をするつもりでしたが、足が限界でもう滑れません。一人でも楽しく滑れたので、午後はお休みしました。仲間と一緒だったらもっと楽しかったと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です