雑誌の感想:DIGGIN’MAGAZINE SPECIAL ISSUE SNOWBOARD BRAND BOOK

しっかり影響されてます

 みなさんこんにちは。エス氏です。雑誌の感想、今回はDIGGIN’MAGAZINE SPECIAL ISSUE SNOWBOARD BRAND BOOKのご紹介です。うーん、長いタイトルですな。これはDIGGIN’MAGAZINEのカタログ号となっています。

 さてこの雑誌、付録なしのくせに価格は1,800円(税込)と高額。他のカタログ号と比べると、ギアではなくブランドの紹介に焦点が当てられていますね。ギアの紹介を通じしてブランドを語るという。ふむ、意識高い系な雑誌ですぞ。

 紙面はSnowStyleかと思うほど字が小さめで白い部分が多いのですが、まあ読んでいて面白いから許しましょう。この雑誌を読んで初めて知るブランドもありましたが、どれも試乗してみたくなるほど魅力的に紹介されています。試乗してイマイチだったブランドがいい感じに書かれていると、胡散臭いなーとも思いますが。

 欲しい板があるけど本当にこれでいいのかと悩んでいるときに、この雑誌で紹介されているような文章はその背中を押してくれるのかも知れませんね。意識高そうな雰囲気の紙面も、良いもの選んでる感を増幅させてくれることでしょう。そういう意味では、高い金出して広告を読んでいるようなものですな。

 で、この広告雑誌を読んでいてふと気になったブランドがありました。15-16シーズンはブーツを買うことにしているのですが、これまでブーツ選びの選択肢に入っていなかったブランドです。板には何本か試乗してかなり高評価だったので、ブーツを試してもいいかもという気になりました。

 記事を読んで選んだわけではありませんが、きっかけになったのは確かです。このブーツは現在在庫確認中の状態でまだ購入できてはいませんが、うまく手に入れば別の記事でご紹介します。

 というわけで、けっこう面白く読めました。こだわって道具を選びたい人にはおすすめですな。高いですけど。
 ちなみに、単純にあれこれたくさんのギアが見たいということなら、他のカタログ号の方が圧倒的に情報量が多いですぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です