【野沢温泉スキー場】アドレス野沢【おすすめの宿】

こういう滞在の仕方もありですね。

アドレス野沢1

 みなさんこんにちは。エス氏です。今回は野沢温泉村にある宿、アドレス野沢をご紹介します。ここは野沢温泉で初のサービスアパートメントですな。この場合、サービスアパートメントとは短期で借りる住宅程度の認識でいいかと。通常の宿とは違い食事は出ませんが、キッチンがあるので自炊が可能です。仲間とワイワイ楽しむにはいいかも知れませんの。

アドレス野沢


アドレス野沢2

 アドレス野沢は野沢温泉スキー場の長坂ゴンドラ駅から細い路地を下ったところにあります。この辺りの道は細くて運転に気を使うんですよね。

アドレス野沢3

 建物の正面に車を停めました。それほどスペースはないので、他にも駐車場があるのでしょうか。

アドレス野沢4

 エントランスにカウンターがありますが、常駐しているわけではありません。夜間の出入りにはオートロックのパスワードが必要になります。

アドレス野沢4-2

 エレベーターが狭いのはいささか不便でしたの。

アドレス野沢5

 部屋はスタンダードからスイートまでいくつかのグレードがありますが、エス氏が泊まったのはスタンダードの部屋。鍵はカードを使ったオートロックです。

アドレス野沢6

 部屋に入るとダイニングとキッチンがあります。

アドレス野沢7

 アメニティも充実していて、女性たちが喜んでいました。パジャマ以外に浴衣も欲しかったですの。

アドレス野沢6-2

 隣は寝室とユニットバス。

アドレス野沢6-3

 お風呂スケスケ問題に女性たちが困惑。

アドレス野沢6-4

 ダイニングと寝室の間にテレビがあります。

アドレス野沢8

 キッチンはかなり充実していますな。エス氏は使ってませんけど。

アドレス野沢9

 朝食分の食材が付いています。

アドレス野沢10

 冷蔵庫とレンジもあります。

アドレス野沢11

 フライパンに鍋。

アドレス野沢12

 炊飯器も。

アドレス野沢13

 グラス。

アドレス野沢14

 お皿。

アドレス野沢15

 ひと通り揃ってますね。

アドレス野沢16

 地下には温泉もあるので、お風呂スケスケ問題は残念ながら解決です。

アドレス野沢17

 温泉に入ると外国人が湯船に水をジャバジャバ入れて薄めていましたが、その気持ちも分かるくらいに熱かったですの。

アドレス野沢18

 こちらは乾燥室。夜間は外部の出入口に施錠されます。

アドレス野沢19

 洗濯機もありました。

アドレス野沢20

 せっかくキッチンがあるので、晩御飯を作ることに。まあエス氏は見ていただけですけど。建物の前の坂を下るとすぐに大湯通りに出ます。左に曲がるとスーパーを発見。

アドレス野沢21

 肉やら魚やらいろいろ売っています。今回はキムチ鍋を作ることにしましたが、3人で肉1kgは買いすぎでしたね。もう少し小分けで売っていると便利ですな。

アドレス野沢23

 スーパーから反対側へ歩くと、今度は酒屋があります。

アドレス野沢24

 ワイン、日本酒、焼酎などを買いました。宿からの距離は近くて助かりますの。

アドレス野沢25

 大量の肉が投入されたキムチ鍋はなかなか美味しかったですな。

アドレス野沢26

 朝食はパンと卵に残り物の肉。りんごは部屋に置いてあったもので、なかなか美味かったですの。ボリュームがありすぎて食べ切れませんでしたが。朝食も自炊なので、出発時間を自分たちで決められるのもいいですね。

 てなわけで、アドレス野沢はなかなか快適な宿でした。自分たちのペースで過ごせるのがいいですね。外湯めぐりしなくても温泉がありますし、スーパーや酒屋が近いのも便利。食材はよそから持ち込んでもいいかも知れませんけど。女性たちも相当気に入ったようなので、今度は春にでも利用したいものですな。連泊するともっと楽しいかもしれませんの。

アドレス野沢の予約はこちらから。

[アドレス野沢:日記]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です