スノーボード、最初は何を買えばいいの?

スノーボード、最初は何を買えばいいの?

 初めてスノーボードをやってみようという人は、とりあえず何をもって行けばいいのでしょうか?楽しいかどうかもわからないから、いきなりあれこれ買うのも嫌だし・・・。ここでは、手始めに用意したいアイテムを紹介します。レンタル出来るもの以外から揃えましょう。

Ⅰ.ゲレンデでレンタルできるもの

1.ボードセット

 ブーツとスノーボードのセットです。大抵の場合、最低品質です。

2.ウエア

 アウターウエアの上下です。大抵の場合、イケてないです。

3.小物

 ニット帽、ゴーグル、グローブのセットです。最低品質です。

 大抵のものはレンタルできます。レンタル出来るものの中で買い揃える順番としては、3.小物、2.ウエアという順番になります。

Ⅱ.いくら何でもこれは欲しい

 最低限自分で用意したいアイテムです。レンタルもできません。

1.インナー上下



 ゲレンデは寒いので、身体を濡らすと冷えてしまいます。コットンの下着は汗を吸ってしまうので、身体が冷える原因になります。高機能素材を使ったインナーウエアを着れば、いつでも身体をドライに保つことができます。値段はピンキリですが、ユニクロのヒートテックでも十分です。寒さ対策で、フリースも一枚用意しておきたいですね。

2.ソックス



 厚手のソックスを履きましょう。ブーツのフィット感が良くなります。五本指ソックスも良いですね。素材は、インナーウエアと同じ理由で、コットン製は止めましょう。

3.パスケース



 リフト券を入れておくケースです。ゲレンデででも売っていますが、事前に準備した方が色々選べるでしょう。腕に巻くタイプ、腰にぶら下げるタイプ、首から下げるタイプ、グローブに付けるタイプといろいろ種類があります。どれでも好きなタイプで良いと思いますが、首からぶら下げるタイプだけは、滑るときに邪魔になるので止めておきましょう。

Ⅲ.これくらいは用意したい

 1~3はレンタルできる小物ですが、自分で用意したいですね。他人の汗が染み付いた帽子に手袋なんて、使いたくないですよね。ゴーグルも低品質なのですぐ曇ってしまい、悪天候時には無力です。

1.ニット帽



 寒さ対策と頭部の保護のためにも、ニット帽は必須のアイテムです。デザインはお好みで。

2.ゴーグル

 寒さ対策、紫外線対策、悪天候時の視界確保と、ゴーグルの役割は様々です。レンズの品質が悪いと、悪天候時に曇ってしまい視界が確保できません。品質が重要なので、有名ブランドを選びましょう。

3.グローブ



 スノーボードでは雪面に手をつくことが多く、指先が冷えやすいです。手が冷たくなるとテンションが下がるので、指先を冷やさないことが大事です。ただし、暖かすぎるグローブは逆効果の場合があるので注意してください。

4.プロテクター



 スノーボードを始めたばかりの頃は、とにかくよく転びます。痛い思いをするとテンションが下がってしまいますので、プロテクターでダメージを減らしましょう。お尻と膝をガードするものが欲しいですね。

これらのアイテムはなるべく早めに揃えたいですね。

次からは、それぞれのアイテムの詳しい紹介をしたいと思います。

スノーボードに必要なもの まとめへ戻る

スノーボードウエアの下に何を着るか>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です