スノーボードウエアの下に何を着るか

スノーボードウエアの下に何を着るか

 ゲレンデは寒いです。寒い冬にわざわざ雪山に出かけるなんてあり得ない!という人もいるでしょう。ゲレンデでもなるべくヌクヌク暖かく過ごしたいものです。

 でもスノーボードをしようと思ったら、残念ながら寒い雪山まで行かなければなりません。それならば、寒さ対策はバッチリしておきたいですね。

 ゲレンデでは、その日の天候、気温、自身の体調などに合わせて、着るものを調整します。下着からアウターウエアまで、何枚か重ね着をすることになります。ちなみに重ね着のことを「レイヤリング」といったりもします。スノーボードウエアの下には何を着れば良いのか紹介しましょう。基本は、身体を濡らさないことです。

[参考]

下 着 :ロングTシャツ、パンツ

中 間 :シャツ、フリース、セーター、タイツ、プロテクター

アウター:スノーボードウエア

1.下着



 素肌の上にはロンTやパンツといった下着を着ますが、普段着とは異なりコットン製品は身につけません。スノーボードは結構激しい運動なので、意外なほど汗をかきますが、コットンは汗をすって濡れてもなかなか乾きません。濡れたものを身につけていると、徐々に体温が奪われて寒い思いをすることになります。つまりゲレンデでは身体を常にドライに保つことが重要だということです。アウターウエアの下に何枚か重ね着をするのも、寒すぎず、かといって汗をかく程暑過ぎない温度に体温を調節することが目的です。

 ではコットン以外のどのような素材で出来たものを着れば良いのでしょうか。最近は様々な高機能素材がありますが、どれも汗を吸い取り素早く蒸発させ、身体をドライに保つ効果があります。冬用の製品はさらに保温機能を備えています。各メーカーが様々なネーミングの素材を開発してますが、あまりこだわらなくて良いでしょう。

2.シャツとタイツとソックス



 上半身は下着の上に保温性の高いフリースやセーターを着ます。暖かい日はベストに変えたり、ロンTの上に直接アウターでも良いでしょう。その日のコンディションによって重ね着するものを決めます。間違えると暑すぎたり寒すぎたりしますが、慣れてくれば自分にぴったりのレイヤリングが出来るようになります。

 下半身にはタイツを履いています。スポーツ用のタイツには、身体をサポートする機能があります。疲れを軽減させてくれるので、体力に自身のない人には必須のアイテムと言えます。寒い日は、スポーツ用タイツの上に、保温性の高いタイツを重ね着します。

 ソックスは厚手のものを履きます。厚手の方がブーツのフィット感がアップします。五本指ソックスも良いでしょう。足は特に蒸れて汗をかきやすいので、コットン製は避けた方が無難ですね。

3.プロテクター



 スノーボードは転倒の多いスポーツです。転べば当然痛い思いをしますし、下手をすれば怪我をする危険性もあります。プロテクターは身体に受けるダメージを軽減させてくれる効果があります。転ぶ回数の多い初心者だけではなく、中上級者も安全のために装備しておきたいものです。プロテクターは寒さ対策にもなりますよ。

スノーボードに必要なもの まとめへ戻る

<<スノーボード、最初は何を買えばいいの?   スノーボードにおけるプロテクターの重要性>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です