実録!スノーボードの選び方 〜ビンディング編〜[10/11シーズン]

実録!スノーボードの選び方 〜ビンディング編〜[10/11シーズン]

 H22.10.26、神田の某スノーボードショップにて、ビンディングとブーツを購入して参りました。ボードはまだ届いておりませんが、これで一応、大きな買い物は終わったことになります。
 ボードに続いて、ビンディングを選んだ理由を説明します。最終的には店員さんの話を聞いて決めました。

 メーカーについては板を決める前から、FLUXかUNIONの二択でした。FLUXは従来から使っていたので、第一候補でした。UNIONは使ったことの無いブランドでしたが、DEELUXEのブーツと相性が良いということで、今回候補に挙げました。ブーツはDEELUXE一択です。UNIONもDEELUXEも、カスタムプロデュース(株)という輸入業者が扱っています。
 ボードはFTWOのRANDOMにしたわけですが、これはミドルフレックスの板です。このことから、ビンディングはミドルフレックス以上のモデルに絞ることにしました。フリースタイル重視のビンディングでは、ソフトフレックスのモデルも多いのですが、板よりも柔らかいビンディングは気持ち悪そうだったので、候補から外しました。板を踏み込んだ時に、ビンディングばかりがねじれて、肝心の板に力が伝わってなかったら嫌だなと。という理由で、硬めのビンディングを選ぶことにしました。

 候補はFLUXのSF45とUNIONのFORCE-SLです。ここまで決めて、お店に行きました。あとは店員さんのアドバイスを聞こうというわけです。

FLUX SF45
SF45

UNION FORCE-SL
union-force-sl

 店員さん曰く、ブーツをDEELUXEにするなら、一度UNIONを試してみてもいいのではないかと。FLUXは以前から使っているので、自分には合っていると感じていましたが、せっかくの機会ですから、新しいメーカーを試してみるのも面白いかと思い、UNIONに決めました。手に持ってみたら、非常に軽量だったのも好印象でした。FTWOのRANDOMも非常に軽量な板なので、丁度いいかも知れません。見た目はどちらもかっこ良かったですね。

 家に帰って確認したら、リーシュコードが付属していませんでした。以前の記事で、リーシュはビンディングに付属していると書いたのですが、メーカーによって異なるようです。この場で訂正しておきます。どうせ自分で買うので、どちらでもいいのですが。

 ネットで買ったボードが届いたら、このビンディングの取り付けについて詳しく説明したいと思います。

ビンディングの購入はこちらから。

実録!スノーボードの選び方[10/11シーズン]

実録!スノーボードの選び方 〜ボード編〜[10/11シーズン]

実録!スノーボードの選び方 〜ブーツ編〜[10/11シーズン]

nakama_middle

実録!スノーボード用品の選び方 一覧 TOPへ戻る

Snowboard Gear/スノーボード用品について TOPへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です