22/23シーズン2日目 白樺高原国際スキー場【初200】【クリスマストリップ】

みなさんこんにちは。エス氏です。2022.12.24〜25のクリスマスは長野県に滑りに行ってきましたよ。白樺高原国際スキー場はスキーヤーオンリーのゲレンデでしたが、22/23シーズンよりスノーボード解禁となっておりますので、せっかくだから滑っておこうかなと。しらかば2in1とリフト券が共通なので、イマイチだったら2in1で滑ればイイかなと。

今回はどこで滑るか少々悩みました。足ならしできれば十分なので、それほどコンディションにこだわりはなかったのですが、雪がどっさりある白馬のようなところもあれば、無いところには全然雪がないという状況でしたからね。白樺湖周辺のゲレンデは天然雪は少ないものの、人工降雪機でそこそこ滑れるコンディションかなと思いまして。

白樺高原国際スキー場

談合坂SAで毎度おなじみのすた丼ミニ盛りを食べました。とろろがトッピングされているあたりでホワイトクリスマスを表現したつもりです。

中央道の小淵沢インターから先は雪のため規制があり、係の人が1台1台タイヤの確認をしていました。

諏訪南インターで高速道路を下り、一般道へ。完全に雪道でしたな。

白樺高原国際スキー場の無料駐車場に到着したのは8:30頃でした。

駐車場で着替えましたが寒かったですのう。気温は-7°くらいでした。雪はサラサラでしたね。ちなみに駐車場のトイレは広くて綺麗で快適でした。更衣室もあればよかったのですが。

少し歩いてゲレンデへ。

ゲレンデ目の前のホテル。池の平ホテルっていくつかあるんですね。

ゴンドラ乗り場の奥がチケット売り場のようです。

コースにはそれなりに雪があるように見えますね。ゴンドラとクワッドリフトが動いているということでした。

チケット売り場でリフト4時間券を購入しました。リフト券はICチケットで保証金500円が必要となります。

まずはゴンドラに乗りました。

基本的にゴンドラを回して滑っていましたが、待ち時間ゼロで快適でしたね。

ゴンドラを降りると目の前に蓼科山の登山道。エス氏も蓼科山には別のルートから登りましたよ。度々言及しておりますが、蓼科山編はエス氏のアホさ加減がよくわかるお気に入りのエピソードです。

オフトレ 登山編 蓼科山・美ヶ原・霧ヶ峰 百名山4-6/100

2015年7月13日

メインコース。雪はそこそこ積もっているように見えました。サラサラのパウダースノーでコンディションは良さげでしたな。

滑ってみると硬めの雪の上に新雪が乗っているというコンデション。新雪はサラサラですが、薄く積もっているだけなのでターンすると底付きします。

それでも良いコンディションだったと思いますね。コースは滑りやすくて距離も長く、足鳴らしにはとても良い感じでしたわ。

クワッドリフトにも乗ってみました。ゴンドラコースの半分くらいの長さでしょうか。

スキーの集団レッスンも行われていましたが、特に混雑するということはありませんでした。むしろすごく空いているゲレンデでしたね。ガラガラのゴンドラを回して足ならしできるいうのはとても満足度が高かったですわ。良いゲレンデがスノーボードを解禁してくれましたのう。スノーボーダーもけっこう滑っていましたぞ。

徐々に晴れ間も見えてきました。クワッドリフトにも1回乗ってみましたが、あとはひたすらゴンドラ回しでした。コース脇の薄っすらパウダーを滑ったり、グラトリしてみたりとあれこれ身体を動かしてみましたぞ。グラトリは元々上手くないのですが、この日は先が思いやられるような酷さでしたな。見え見えのモーションから繰り出されるワンエイティ。どっっっせい!という掛け声が聞こえてきそうな重量感あふれる身体の動きだったと思います。もう少し痩せれば動きもスムーズになるかしら。

サラブレットコースはまだ空いていませんでしたな。

クワッドリフトの奥に見えるのは有料駐車場のようですね。金を払えばゲレンデの近くに駐められると。

すぐに疲れてしまったのでレストランで一休み。ちと狭いような気がしますのう。

コーヒーを飲むだけのつもりでしたが、早めのランチにしてしまおうと思い、唐揚げとたこ焼きも食べてしまいました。唐揚げは悪くなかったですね。

ランチの後も何本かゴンドラを回して滑りましたよ。コース脇の薄っすら新雪を楽しみましたね。150cmと短いエス氏のXLAYですが、割とパウダーもイケそうな雰囲気を感じます。荒れてきたコースの凹凸の振動吸収に関してはやはり上級モデルのアグレッサーやDNA Tiに及びませんが、柔らかめのフレックスで操作性抜群なところはかなり好感触。スイスもこれで滑りますぞ。

お昼頃にゲレンデを後にしてこの日の宿へ。予約したのは湯田中にあるあぶらや燈千です。元々はよませ辺りで滑れると思っていたんですけどね。雪不足でオープンが遅れておりまして。

あぶらや燈千

東部湯の丸から上信越道に乗り、信州中野まで移動しました。こちらも規制が入っていてタイヤのチェックがありましたね。

信州中野インターを下り、志賀中野有料道路へ。中野もかなり降ったようですね。

途中イオンに寄ってマツザワ師と待ち合わせ。AMICSS信者を増やすべく、エス氏の21/22モデルのDNA Tiをマツザワ師に渡し、その仲間たちにも乗ってもらおうと思いまして。一方マツザワ師からはクリスマスプレゼントをもらいました。クラッカーとあるけどどうすんのこれ。中身は意外すぎるものでしたが、実に面白い代物だったのでそのうちご紹介したいと思います。そしてこの時イオンで酒を買っておけば良かったと後悔することになります。

白樺高原国際スキー場から2時間ほど移動してようやくこの日の宿に到着しました。宿からは遠かったのですが、白樺高原国際スキー場を選んでよかったと思いますね。

あぶらや燈千については別記事で詳しくご紹介しますが、ルームサービスが無いというまさかの宿でしたな。イオンで酒を買っておけば…。

翌日はどこで滑るか悩んだ挙句、滑らずに帰ることにしました。とっとと帰ってスイストリップの準備でもしようかなと。帰る前にサクッとツルヤでお買い物をすることに。お酒をどっさり買って帰りましたよ。

ランチは関越道の寄居インターでこだわりの親子丼を食べました。なかなか美味しかったですね。14:30頃には自宅に戻ることができました。

さて、ここまで2日しか滑っていないエス氏。まだまだ身体がスノーボードに慣れていませんが、次回からはスイストリップがはじまります。スイス編のブログ更新はどうなるでしょうか。シーズン最後にまとめてになるかもしれませんが、なるべく現在進行形で更新したいとは思っておりますよ。スイス編もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です