15/16シーズン11日目 ジュネス栗駒スキー場[東北6日目]

だんだんBCがどうでもよくなってきた気がします。

エス氏ジュネス栗駒

 みなさんこんにちは。エス氏です。2015.12.31大晦日は秋田県のジュネス栗駒スキー場で滑ってきました。東北一人旅六日目。あまり雪が無さそうだったので別のゲレンデに行こうかと思いましたが、横手周辺のゲレンデはどこも似たり寄ったりな様子。だったら予定通りジュネス栗駒で滑ろうかなと。
 滑った後はこの日の宿、山形県の上山温泉まで移動です。一般道を150km以上走るというなかなかの苦行ですからね。この日も朝から滑って昼頃に上がるというプランです。すっかり半日滑るペースになってしまいましたな。まあエス氏の体力的には1日3,4時間程度が限界ということです。


スノーボードジュネス栗駒

 6:30に起床しましたが、マッサージチェアでのんびりくつろいでから朝食のバイキングへ。食事をしながら外を見ると、天気が悪いですのう。こら多少は降ったかもしれませんね。多少は。
 部屋に戻り、朝ドラ「あさが来た」のまとめらしきものを見ていたかったのですが、あまりのんびりせず8:20頃出発。

スノーボードジュネス栗駒

 雪の降る中ゲレンデまで移動します。それほど遠くはありませんでした。東北エリアを移動中、道路脇によく柵を見かけましたが、これは地吹雪を防ぐものなんですかね。

スノーボードジュネス栗駒

 9:10ゲレンデ到着。

スノーボードジュネス栗駒

 今回はブログ読者おかぴーさんのアドバイスもあり、ブーツのインナーについてる脛を締めるベルトを取り外してみました。足首がなかなか曲がらないと感じていたのがかなり解消され、この日は調子良く滑れましたな。おかぴーさんありがとうございました。

ジュネス栗駒スキー場

 準備を整えて9:30頃ゲレンデに出ました。リフト券は4時間券購入。この時間券という仕組みはすべてのゲレンデで導入して欲しいですわ。できれば1時間単位で買えると最高ですね。

ゲレンデマップ

 余談ですが、ジュネス栗駒スキー場のホームページに掲載されているゲレンデマップは小さすぎて字が読めないんですよね…。どうにかしてほしいですわ。

スノーボードジュネス栗駒

 なかなか広い感じですな。まずは正面の第2クワッドリフトに乗りました。…はて、コース脇に以外と新雪を滑った跡がありますな。そこそこ積もったのかしら。これはもしかして、少しはパウダーあるかも。

スノーボードジュネス栗駒

 足慣らしにエルコースかアミーコースを滑ろうかと思いましたが、パウダーの様子見に連絡コースを通ってゲレンデ上部の上級コースを目指しました。

スノーボードジュネス栗駒

 第3ペアリフトでは凍りついた木が綺麗でしたね。

スノーボードジュネス栗駒

 このゲレンデ、鉄柱にマットを巻かない主義なんですかね。写真の鉄柱も特に規制されたコース外ではない場所にありますし。

スノーボードジュネス栗駒

 まずは上級のレブコースを一本滑りました。ふむ、少し積もってますね。もう一つの上級コース、モールコースはクローズでした。

スノーボードジュネス栗駒

 次はルージュコースを滑って第4クワッドリフトの方へ。ここは何気に滑りやすいコースでしたね。

スノーボードジュネス栗駒

 第4クワッドリフトの降り場の先は開けたコース。幅が広くておさわりカービングが楽しめました。

スノーボードジュネス栗駒

 ルージュコース斜度は緩いのですが、コース両脇の広いスペースが非圧雪でした。薄いながらも何本もパウダーを滑れましたわ。あさが来たを見なくて正解でしたな。
 それにしてもこのゲレンデは滑走禁止エリアがどこなのかよくわかりませんでしたね。

スノーボードジュネス栗駒

 ルージュコースをしばらく回しているとだんだん気温が上がって10:30頃から雪質が変わったので、パウダーは切り上げてゲレンデクルージングに変更。上級コースを滑って第3ペアリフト方向へ降りました。

スノーボードジュネス栗駒

 第3ペアリフトの上から第2クワッドリフトの降り場方向へ。クレールコースの前半は空いていて滑りやすいコースでした。

スノーボードジュネス栗駒

 第2クワッドリフトの降り場からは、クレールコース、エルコース、アミーコースと3本のコースを滑れます。さてどこへ行きますかね。

スノーボードジュネス栗駒

 端から順番に滑ろうと思い、アミーコースへ。パウダーの後はおさわりを満喫です。まあおさわりはしていますが、この斜度で全開フルおさわりカービングはちと怖いので、ズレズレなんちゃっておさわりですけど。

スノーボードジュネス栗駒

 続いてエルコースへ。端にコブがあったのでチャレンジしてみると、まあ転ばずには滑れましたな。ブーツのベルトを外したおかげでしょうか。

スノーボードジュネス栗駒

 コース脇に新雪が残っているのが気になったので、第1ペアリフトに乗りました。リフトを降りると、ゲレンデ全体が一望できましたね。脇の新雪を滑ってみると、雪は少し重くなっていたがいい感じ。楽しくて何本か滑ってしまいました。

スノーボードジュネス栗駒

 後半暑くてソフトシェルとグローブのインナーを脱ぎました。東北へ滑りに来て、初めて気温が0°を超えましたね。
 ちなみに東北ではベースレイヤー、マムートフリース、マムートソフトシェル、アウターと4枚重ね着が基本装備。ベースレイヤー以外はダブルジップになっているのでベンチレーションしやすいですね。ちなみにこの機能、おしっこの際に大変便利だと気がつきました。

スノーボードジュネス栗駒

 最後に第2クワッドリフトからクレールコースを滑り、この日は終了。

スノーボードジュネス栗駒

 休憩なしで13:00まで滑って大満足。大晦日に楽しく滑れましたわ。リフト待ちもなく、コースバリエーションも豊富でパウダーもおさわりも満喫できるジュネス栗駒はかなり好印象なゲレンデですのう。
 ここまで連日パウダーを滑れてラッキーな感じです。これもうバックカントリーとか大変なことしなくていいんじゃないかな…なんて思い始めている自分がいますのう。

 というわけで今回の動画。東北一人旅では最後の動画になります。最後の方は雪質が変わって重くなっているのがわかると思いますな。これはこれで、踏んだ時の跳ね返ってくる感じが楽しかったですけどね。

スノーボードジュネス栗駒

 駐車場に戻ると雪が解けていました。久しぶりに暖かいと感じたのですが、気温はせいぜい2°くらいでしたね。
 さて大晦日の宿は山形。3時間ほどのドライブです。温泉に入ってさっぱりしてから移動したかったのですが、ルート上に無さそうだったので止むを得ず宿に直行。どうせ温泉宿ですからね。遅めのランチはコンビニの肉まん一つ。宿の晩飯はどうせ食いきれないほど出てくるのでしょうから、あまり食べない方がいいだろうと思いまして。

スノーボードジュネス栗駒

 天気が良かったので運転も快適でした。地吹雪を喰らった頃が懐かしいですな。東北エリアのドライブでは、遠くに見える山に迫力がありましたね。甲信越ではもっと近いところに山が見えるイメージですな。

スノーボードジュネス栗駒

宿に到着。玄関前に駐車できたのが何気に助かりましたわ。

かみのやま温泉 別館ふじや旅館

スノーボードジュネス栗駒

 部屋は広くはありませんが、一人なら十分。設備はいまいちでしたけど。ちなみにエス氏は和室好きです。

スノーボードジュネス栗駒

 今回はブーツを少し調整。これまでは車の中に置いたままにしていて、朝履いたときにキンキンに冷え切ってしまいましたからね。面倒がらずに部屋に置いておく方が翌朝快適です。

スノーボードジュネス栗駒

  晩飯前に宿の温泉へ。まあ普通の風呂よりはマシという感じでしょうか。湯の質がいいとは感じませんでしたわ。
 夕食は個室でとることができました。これはありがたいサービスでしたね。写真の料理の他、刺身に天ぷらにビーフシチューにデザートなどバンバン出てきて予想通りのボリュームに苦戦しましたが、なかなか美味しかったです。
 この宿は古い設備を気にしなければ、接客もよくかなかな快適でしたね。

スノーボードジュネス栗駒

 満腹になり、格闘技とこの日撮影したGoPro動画を見ながら酒を飲んで、カウントダウン前におやすみなさい。年末年始感はかなり薄い夜でしたね。元日は蔵王です。さて雪と天気はどんなものでしょうか。ちなみに蔵王のカップ酒はなかなか美味いですな。

 自宅を出発してからの移動距離1,487.0km。

767eff7f

4 件のコメント

  • お気に召していただけたようで良かったです♩
    脹脛が太めなら断然外したほうが調子いいのかな?なんて感じています(-ω- ?)w
    僕の方は次に、オガサカFCかヘッドのForceかで激悩み中です…headのインテリファイバーの荒れた雪面の楽チンさが捨てきれず、未だに決めきれずにいます( ̄◇ ̄;)
    レギュラー方向でカービングすることだけ考えるとFCも理想の1本なのは間違いないんですけどねー(´・ω・`;)

  • >おかぴーさん
    おかげさまで調子よくなりました(^^)ありがとうございました( ̄▽ ̄)
    インテリファイバーはよく分からないのですが、今シーズンはヘッドの板にもっと試乗したいですね(^_−)−☆

  • ゲレンデのジャガイモや夕方になって荒れた凸凹のバーンを無視して滑れるのがインテリ効果と感じてます。板が暴れないので楽できるんですよー( ´ ▽ ` )ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です