オフトレ 登山編 那須岳 百名山16/100

遠慮なく炭水化物が食べられる幸せ。

1百名山那須岳

 みなさんこんにちは。エス氏です。2016.7.2は栃木県の那須岳に登ってきました。天気は良くなさそうでしたが、まあ曇りなら問題なし。今回は翌日も山登りの予定でしたから、どちらかといえば日曜日の天気の方が心配でしたね。

 那須岳はロープウェイでアクセスできるので百名山では簡単な方かと思っていたのですが、那須岳というのは茶臼岳、朝日岳、三本槍岳という3つのピークをクリアしないといけない様でして。基本的に舐めてかかるという悪い癖はなかなか治りませんの。

 3:30に起床し、自宅を出たのは4:10でした。エス氏の自宅から那須ロープウェイまではカーナビさん曰く3:10ほど。安達太良山に比べると近いものですな。ロープウェイの始発が8:30からなので、多少早めに着くようにしました。翌日も山登りなので、疲れを残さない様に念入りに準備運動してから登ろうかと思いまして。早すぎたら寝てればいいですしね。

2 百名山那須岳

 東北道を順調に進み、6:15上河内SA到着。ここで朝食にしました。朝からガッツリかつ丼です。前回の武尊山ではダイエットを意識するあまりバテバテでしたからね。

3 百名山那須岳

 那須インターを降り、セブンイレブンで食糧を調達です。このエリアのコンビニは看板が地味ですね。他店も似たような感じでした。今回の飲食物は、カップラーメン、ウィダーインゼリー2つ、グミ、水2リットルでした。武尊山で痛い目にあったので、今回はそれなりの準備をしましたぞ。

4 百名山那須岳

 7:50那須ロープウェイの駐車場に到着。着替、準備運動、お手洗いで時間的にはちょうどいいくらいでした。

那須ロープウェイ

5 百名山那須岳

 駐車場から見えるのが茶臼岳でしょうか。あれを登ってクリアなら楽チンなんですけどね。

6 百名山那須岳

 ロープウェイ山麓駅の中には売店やらトイレがあります。登山届があったので、記入して出しておきました。ロープウェイの料金は往復で1,300円です。窓口のお姉さんに、今日は天候が不安定なので雷雨に気をつけるように、危なくなったら引き返す様に忠告されました。了解です。ロープウェイの始発に乗ったのは20人ほどでした。

7 百名山那須岳

 ロープウェイは5分ほどで山頂駅に到着します。近いものですな。出発前に気になっていたのが、2人連れの登山者に見覚えがあることです。あれはもしかして…。

8 百名山那須岳

 のんびりと登山口を出発。この日のテーマは、翌日に疲れを残さないことです。ハナから那須岳は楽勝という態度ですが。まずは茶臼岳が目標です。
 すぐに先行していた例の2人組に追いつきました。もしかして…と声をかけてみると案の定でした。彼らは14/15シーズンに野沢温泉のフリーライドミーティングで宮崎郁美さんのレッスンを一緒に受けた仲間でした。15/16シーズンはフリーライドミーティングが無かったのですが、まさかここで再会するとは。

14/15シーズン18~19日目 野沢温泉スキー場

 ちなみにレッスンを受けた仲間は、エス氏と玄米の他、15/16シーズン終盤に野沢温泉で再会したCさんと、彼らSさんYさん2人の5人です。フリーライドミーティング以来連絡を取り合ったりはしていませんでしたが、各自Facebookで繋がってはいました。2人組の1人、Sさんはかなり山に登っているのをチェックしていました。Yさんはスノーボード動画をシェアしまくっていて、エス氏の暇潰しに多いに貢献してくれています。

 2人に同行させてもらい、3人で登ることに。ちょうど彼らもエス氏と同じく茶臼岳、朝日岳、三本槍岳とピストンするつもりだったようで、好都合でした。先頭はベテランのSさん、真ん中がYさん、エス氏は殿。この並びで進みました。

8-6百名山那須岳

 9:15茶臼岳山頂到着。小雨がパラつきましたが、レインスーツを出すまでもなく、ここまでは余裕でしたね。

9 百名山那須岳

 山頂から少し下ると、次の目的地である避難小屋が眼下に見えました。けっこう降りるんですね。噴火口に近いからでしょうか、硫黄の臭いがしました。

10 百名山那須岳

 9:55避難小屋到着。この辺りは風が強かったですね。次は朝日岳です。

11 百名山那須岳

 岩場を登り…。

12 百名山那須岳

 なかなかの冒険感ですぞ。実際はイージーでしたが。

13 百名山那須岳

 朝日岳の肩に到着。ここで荷物をデポして一気にピークまで上がりました。

14 百名山那須岳

 10:35朝日岳山頂到着です。

15 百名山那須岳

 朝日岳から見た茶臼岳。けっこう歩きましたね。

16 百名山那須岳

 ロープウェイ山麓駅も見えました。

17 百名山那須岳

 肩まで降り、最後の三本槍岳へ向けて出発。

18 百名山那須岳

 少し下ると平坦な清水平に出ます。

19 百名山那須岳

 11:15清水平通過。このペースだとお昼には三本槍岳までたどり着けそうです。

20 百名山那須岳

 清水平の先はトンネルの様な登山道で風を遮り、蒸し暑くて難儀しましたな。

21 百名山那須岳

 11:25清水平の少し先にある別れ道で休憩。右に行くとマウントジーンズの様ですね。滑ったことないですけど。

22 百名山那須岳

 三本槍岳の下、最後の登りです。

5 百名山那須岳

 12:00三本槍岳到着。

6 百名山那須岳

 日光白根山方面ですかね。雲がすごいですわ。

23 百名山那須岳

 ここでランチ休憩を取りました。Sさんは調理師免許を持っているそうで、ガレットやラタトゥイユ等、カップラーメンより豪華なランチにエス氏も便乗させてもらいました。美味かったですわ〜。おかげさまでカップラーメンやウィダーインゼリーは使うこともなく温存できました。

24 百名山那須岳

 食後にはコーヒー。濃くて美味しかったです。豆をその場で挽いてましたからね…。すごいですわ。これこそがエス氏のイメージするアウトドア派ですな。到底真似できないので、やっぱりエス氏はインドア派ですのう。

25百名山那須岳

 13:00出発。ここからは来た道を引き返しますが、16:20のロープウェイ最終便までに帰れるかどうか。茶臼岳までかなりの距離です。

26 百名山那須岳

 山頂駅前の最後の下り。滑りやすく余計な体力を使います。

27 百名山那須岳

 15:25山頂駅到着。着いてみれば時間的には余裕でしたが…体力的には予想以上に疲れていました。那須岳のみでこのまま帰るというならともかく、翌日登る体力があるかどうか。

28 百名山那須岳

 山頂駅の売店で那須岳の三山を登ったバッジをゲット。山の地図には熊に注意とありますが…はて、那須岳は熊が出るんですかね。

29 百名山那須岳

 15:40下りのロープウェイに乗りました。乗客が騒つき出したので、聞いてみると熊が見えるとか。山頂駅から山麓駅までの間はかなりの崖になっていますが、どうもそこに熊がいるようです。エス氏は目が悪いので全然分かりませんでしたが、Sさんが写真に収めてくれました。しばらく熊とは縁の無い山登りをしたいですのう。

那須岳 コースタイム 登り3:20 下り2:25

8:40 ロープウェイ山頂駅出発
9:15 茶臼岳山頂到着
9:55 避難小屋到着
10:35 朝日岳山頂到着
11:15 清水平通過
12:00 三本槍岳山頂到着
13:00 三本槍岳山頂出発
14:25 避難小屋到着
15:25 ロープウェイ山頂駅到着

30 百名山那須岳

 帰りはエス氏のスノーボード仲間で温泉に詳しいHさんに教えてもらい、山麓駅から下ったところにある鹿の湯で汗を流しました。入浴料は500円とリーズナブルですが、温泉にはシャワーや洗い場などはなく、湯に浸かるだけです。露天風呂もありません。
 浴槽は6つに別れていて、それぞれ湯温が41°、42°、43°、44°、46°、48°となっています。最終的には48°に5秒ほど浸かることができました。熱い湯のおかげで多少は体力が回復したような気がしますぞ。

鹿の湯

31 百名山那須岳

 この日は宇都宮の宿で一泊することになっていましたが、SさんとYさんも宇都宮で食事をしてから帰ると言ってくれました。ホテルにチェックインしてからSさんの車で幸楽という餃子屋へ。宇都宮といえば餃子なんですかね、やっぱり。前日に食べた日高屋のダブル餃子定食よりはるかに美味しかったですわ。

【セール開催中★ポイント最大10倍&送料無料も!】【~7/5 9:59まで】アミノバイタル 【aminovital】アミノバイタルGOLD ゴールド【16AM4110】(30本入り)アミノ酸 スポーツサプリメント

価格:4,900円
(2016/7/4 22:25時点)

 今回は偶然再会したSさんとYさんのおかげで楽しい山登りになりました。また一緒に登る機会もありそうですね。とりあえずは翌日も山登りなので、この日は21:00には布団に入りました。疲れを残さないように念入りにストレッチしましたが、果たしてどのくらい回復できるか。アミノバイタルが頼りです。出発前、ランチ後、下山後、就寝前と4回も飲んでしまいました。天気も心配ですが、まあなんとかなるでしょう。

オフトレ 登山編 日本百名山 まとめ

767eff7f

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です