【21/22シーズン版】エス氏が試乗して選んだ自分で欲しいスノーボード厳選4モデル

 みなさんこんにちは。エス氏です。試乗記事も書き終わりましたので、13本試乗した中からエス氏が自分で欲しいなあと思う板を厳選してご紹介しますよ。あ、アミックスの3本は別格なので、それ以外の10本から選びました。正直これといった板もなく、悩んでしまいましたわ。厳選するほどの数も乗っていませんし。

強いて選ぶならこの4本

21/22シーズンモデル試乗 K2 ALCHEMIST 157

2021年8月11日

 K2 ALCHEMISTはまあ価格と性能のバランスが取れていていいんじゃないですかね。メインボードにして1シーズンを通して楽しめるかと。

21/22シーズンモデル試乗 LIB TECH T.RICE ORCA 150

2021年8月20日

 LIB TECH T.RICE ORCAは長いサイズなら乗りたいですね。試乗した150は短すぎました。グラフィックは本当にダサいと思うのですが、10年くらいすると、これもアリかな〜なんて心境の変化があったりして。

21/22シーズンモデル試乗 RIDE BERZERKER 159

2021年8月9日

 RIDE BERZERKERはもう少し安いと嬉しいのですが、まあ安く買えそうな気はしますね。これもメインボードとして楽しめる板かと。ソールがちとダサいですが。

21/22シーズンモデル試乗 HEAD DAY LYT 161

2021年8月16日

 HEAD DAY LYTはパウダー系の板としてはリーズナブルで性能も良くおすすめですね。半額で売っていたら心が揺れますな。

 選に漏れた板はこちらです。

21/22シーズンモデル試乗 SALOMON HPS TAKAHARU NAKAI 161

2021年8月23日

21/22シーズンモデル試乗 HEAD E-PULSE LYT 161

2021年8月13日

21/22シーズンモデル試乗 CRDIFF SNOWCRAFT GOAT 158

2021年9月21日

21/22シーズンモデル試乗 CRDIFF SNOWCRAFT SWELL 160

2021年9月24日

21/22シーズンモデル試乗 ROSSIGNOL XV SASHIMI 156

2021年8月30日

21/22シーズンモデル試乗 ROSSIGNOL XV SUSHI 144

2021年9月3日

 HPSは以前はエス氏イチオシの板だったんですけどね。サロモンの板は基本的におすすめで、特にエントリーモデルの出来がいいかなと。ロシニョールは刺身か寿司のどちらか選ぶなら寿司ですね。この手の板は持っていないので、1本くらいあってもいいかも。カーフディフには魅力を感じませんでした。

AMICSSの板なら

21/22シーズンモデル試乗 AMICSS AGGRESSOR 161+161WIDE

2021年10月1日

 やはりアグレッサーがイチオシですね。レベルを問わず乗れる扱いやすさで、カービング性能の高さはもちろんパウダーでも滑れるエス氏史上最高の板です。

21/22シーズンモデル試乗 AMICSS DNA Ti 161

2021年10月4日

 振動を吸収するというのはこういうことをいうんだなと。スピードを出して滑りたいならTiですね。アグレッサー程ではないにせよ相当に乗りやすいですし。

21/22シーズンモデル試乗 AMICSS DNA 161

2021年10月11日

 これも楽しい板ですが、もう少しがんばってアグレッサーやTiを選ぶとより幸せになれるかと。

エス氏が思うスノーボードの選び方について

 自分が欲しいと思った板を買えばいいんじゃないですかね。身も蓋もありませんけど。人の言うことなんて気にすることはないですよ。得体の知れないブロガーの評価なんて特に。エス氏ブログではもちろんエス氏の主観100%であれこれ書きますが、自分の価値観を人に押し付けるつもりもありませんし、他人の価値観を押し付けられたくもありません。よくわからない初心者ならバートンとかサロモンでも買えばいいんじゃないでしょうか。

 さてどこの馬の骨と分からないブロガー、エス氏の場合は完全に性能重視で板を選んでいます。まあ性能といってもいろいろありますが、自分の技術で扱いやすい板が自分にとっての良い板かなと思ってます。難しくて乗りこなせない、なんて板は面白くありませんからね。とはいえいくら扱いやすくてもエントリーモデルでは物足りません。

 つまり、扱いやすくてカービングからパウダーまでオールラウンドフリーライディングがこなせる板がいいと(フリースタイル的なことは出来ないので重視してません)。今回選出しているK2のALCHEMISTもそんな板だと思います。値段は高くなりますが、AMICSSの板はエス氏が良いと思う板の最高峰ということになりますのう。高性能なんですから価格が高いのも仕方ありません。

 扱いやすさってすごく大事だと思うんですよね。AMICSSはハンドメイドの超高性能ボードでなにやら敷居が高そうなのですが、実は初級者から乗れる間口の広さがあるのですよ。他のメーカーではガチガチに硬くてエキスパート以外には乗りこなせないような難しい板もあり、そういう板を乗りこなすのが好きという人もいるのでしょうか、庶民的にはいささかハードルが高いですよね。

 硬くて乗りにくい板しか作れないメーカーに対し、アミックスのエキスパートモデルでありながら初級レベルでも乗れる扱いやすさって、本当にすごいことだと思います。

 以前はセカンドボードも持っていましたが、使い分けるのが面倒になり、最近ではメインボード1本のみ、というシンプルな構成になっています。ビール瓶の形をした板も持ってはおりますが、これは完全にネタですね。1シーズンに板を何本も買う人もいるようで、格差を感じますのう。1本で滑るのか何本か使い分けるのかによって板の選び方も変わってくるのでしょうが、エス氏はもう面倒だから1本でいいや…というスタイルなので、お金がある人は何本でも好きなだけ買えばいいと思います。

 国産かどうか、どこの工場で作られたのか、カタログスペックはどうか、どんなブランドストーリーなのか、いつもお世話になっている師匠が薦めているから、ネットの口コミで評判が良いから、などなど様々な基準で板を選ぶ人がいると思います。エス氏はここに挙げたような内容は全く意に介していませんが、このようなことを気にする人たちがけっこういる、ということは理解しています。繰り返しますが、自分の基準で板を選べば良いので、否定する気はありません。そもそも他人の板選びに興味ないですし。

 ではなぜこんなことを書いているのかといえば、ブログで試乗レビューを載せているからですな。一応どんなことを考えて板を評価しているのかはご紹介しておこうかと。情報として国産だったり中国製だったり書くこともありますが、それが評価に影響することはありません。カタログスペックも見ていないので、特に先入観もなく試乗しています。単純に、エス氏が乗って感じたことを書いているだけです。興味があるのは実際乗ってみてどうなのか、ということだけ。

 まあグラフィックがカッコイイだの悪いだの書いていますが、これこそ好みの問題ですよね。実際のところエス氏もおじさんなので、若い人との感覚の違いは大きいと思います。エス氏がダセェなと思うT.RICE ORCAもカッコイイな〜と思って買う人もいるでしょうから。

 性能の他に重視しているのは価格でしょうか。この性能で7万円ならありだけど、10万円以上もするのかよ、という板は評価しにくいですね。CRDIFFなんかが典型でしたな。基準があるわけではないので、この辺りも完全にエス氏の主観ですけど。

 国産の板は海外製と比べて正直割高だと思いますし、メイド・イン・ジャパンのスノーボードに特にありがたみも感じていません。アミックスの場合は第一に性能を評価しているのであって、メイド・イン・ジャパン(てかハインドメイド)だからという理由で素晴らしいと評価しているわけではありませんぞ。

 以前も書いた気がするのですが、もう20年以上も前にエス氏はリブテックのジェイミー・リンモデルを買ったことがあります。なんせジェイミー・リンはカッコ良かったですからね。当時は試乗もせずにカタログ情報や店頭で板を見て選んでいましたが、まあカタログにはすごいことが書いてありましたわ。

 今でもはっきりと覚えています。超軽量のエアコアにワックスを塗らなくても滑るテフロンベース!実際のところエアコアはずっしりと重く、テフロンベースはいくらワックスを塗っても滑りが悪かったです。それ以来今日に至るまでエス氏はマービン製の板は基本的にクソだと信じておりますし、カタログにどれほど素晴らしいことが書かれていても鵜呑みにしないことにしています。楽しく滑れる板が自分にとっての良い板。

 ビンディングとブーツについても一言。ビンディングはここ数年フラックスを使っていますが、これはベースプレートに雪がつきにくい、という機能を気に入っているからです。それ以外の性能では別にバートンと比べていいなと思っているわけでも無いので、ジェネシスのベースプレートに雪がつかなくなったらバートンに戻るかもしれません。フラックスがバートンに劣っているとも思ってませんけどね。

 ブーツはナイトロがお気に入りです。エス氏はバートン、ディーラックス、サロモン、ヘッド等のブーツを履いてきましたが、ナイトロが一番自分に合っていると思いますな。当分はナイトロ以外を履く気になりません。ブーツが合うかどうかは人それぞれなのですが、ブーツ選びを相談されると一応選択肢にナイトロも入れて提案しています。結果、女性の仲間がナイトロを選ぶ確率は5人中5人で今のところ100%です。一方で男性にすすめないのは、店頭に在庫が無いケースが多いからですな。すすめたくてもモノが無いのです。エス氏もかなり早い段階で予約して買っていますよ。

 まああれこれ書きましたが、人の書いた試乗レビューやおすすめボードなんて、所詮他人の考えにすぎないから当てにしない方が良いですよ、ということです。これも今までに何度か書いてますけど。エス氏が試乗レビューを書いているのは自分で忘れないためと、ブログネタ的に便利だからというだけで、特にみなさんにお役に立てば、という考えは(特に近頃では)ありませんぞ。マイナーブランドは好き好んで試乗しているので、ブログを読んでいただくとこんなブランドあるんだ〜みたいな発見はあるかもしれませんね。本当におすすめしたい板はAMICSSだけですが、まあ高額であることもまた事実なので、買える人にはどうぞ、という感じでしょうか。

 そういえばマイナーブランドってのもエス氏の主観で、実はそこそこ名の知れたブランドだったりするのかもしれませんが、エス氏も勉強熱心というわけでは全くないので、それほどブランドに詳しいわけでもないのですよ。

 それではみなさん、お気に入りの板を見つけてシーズンインに備えてくださいな。イエティなんかもうオープンしてますからね。ではごきげんよう。

スノーボード用品試乗レポート 一覧

2012年10月12日

2 件のコメント

  • いつも試乗インプレッションありがとうございます。
    エス氏さんは他の国内ブログではあまり取り上げない板を紹介してくださるのでありがたいです。
    (AMICSSもこのブログで知りました。)
    LIB TECHはじめMervin製は今回ORCAはじめとして何本か乗りましたが、キャラクターの違いはあれど論外という板はなかったです。
    (T.RICE PROはなかなかまがらんなぁ…、とは感じましたが)

    • 知らないブランドの板に乗るのが好きなのですが、たまに当たりがあるとうれしくなりますね〜(^^)
      マービン嫌いのエス氏ですが、近頃のマービン製の板は乗るとけっこう楽しいなと思いますので、レビューでもそんなに悪いことは書いていないつもりです。
      まあグラフィックはダサいと思いますが(ー ー;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です