10/11シーズン11日目 ホワイトバレースキー場

10/11シーズン11日目 ホワイトバレースキー場

 みなさんこんにちは。エス氏です。本日H23.1.30も滑りに行ってきました。先日は二日間ゲレンデにいたのに、スキーしか滑れなかったので、今回はガッツリ滑ってきましたよ。美人抜きで、レベルの高い男性と二人で滑ってきました。

 先週に引き続き、水上のゲレンデへ行ってきました。今回がはじめての、ホワイトバレースキー場です。

ホワイトバレースキー場

IMG_0733

 群馬は雪が降っており、高速道路もチェーン規制がかかっていました。おかげで渋滞していましたね〜。


IMG_0735

 一般道に下りてからは、水を流していたり除雪車が作業をしていたりで、まあ普通に走れる状況でしたが、ゲレンデに近づくと完全に雪道になりました。

ホワイトバレースキー場

 このゲレンデにはリフトが2本しか無く、とても小さなゲレンデです。コースの上部はほとんど圧雪されていないので、パウダースノーを滑りたい人が行くゲレンデですね。それ以外に行く意味はあまり無いでしょう。そして、本日は新雪が積っている日です。
 実際、パウダー専用ボードに乗っている人をたくさん見かけました。普段は滅多に見ることの無い代物ですが。みなさん気合いが入っていますね。

パウダースノーとエス氏

 スノーボードの醍醐味は、なんといっても深雪滑走でしょう。エス氏もパウダースノーは大好きです。といっても、バックカントリーに入ったりするほどではありませんが。リフトで滑れる範囲内で十分です。
 当ブログの左上にある「About This Site」にはエス氏が深雪を滑っている写真が貼ってあります。これは09/11シーズンに北海道のニセコで撮ってもらった、深雪を滑っているお気に入りの一枚です。
 普段はそれほど深雪を求めていませんが、滑りについてはいささか腕に覚えあり・・・のはずが、今回は酷い目に遭いました。

センターハウス?

IMG_0743

 ゲレンデが狭いので、休憩するところは2カ所しかありませんでした。

チケット売り場

IMG_0745

 サンライズ券(午前券)3,000円で十分でした。

最初のリフト

IMG_0746IMG_0747

 乗り場です。リフトに名前は無いようです。

IMG_0749
IMG_0751

 降り場です。初心者さんにも易しいですが、そもそも初心者が行く様なゲレンデではないですね。

ファンタジーコース

IMG_0744

 初心者向けの緩斜面ですね。リフト下は深雪が楽しめます。行きませんでしたけど。下から見て左側には上から下までウエーブがありました。

最後のリフト

IMG_0754IMG_0756

 乗り場です。

IMG_0758

 中間地点の乗り場です。降りることは出来ませんが、ここからも乗せてくれます。

IMG_0759
IMG_0760

 降り場です。シージーな降り場ですが、初心者さんがここから滑って降りるのは、極めて困難でしょう。

ホワイトヘブン

IMG_0761

 パウダー天国ですね。今回のエス氏にとっては地獄でしたが。

エス氏、深雪に大敗

IMG_0764

 深雪を滑るのは、そういえば今シーズンはじめてですね。いささか不安要素がありますが、まあ何とかなるでしょう。深雪を滑る技術は身に付けているつもりです。

 ところが、さっぱり滑れませんでした・・・。

 深雪を滑りはじめた途端にひっくり返り、何かの間違いだと気を取り直して、再び滑りはじめた直後にまたひっくり返り、雪にまみれながら考えました。これは一体どうしたことでしょうか・・・?

深雪が滑れない理由

IMG_0763

 理由は単純で、道具のせいです。いや、ホントに。私の板は150cmと短く、セットバックもしていません。ノーズも写真のように短く、とても浮かせることが出来ませんでした。
 正直、ちょっと舐めていましたね・・・。先シーズンも150cmのBE!POPでニセコに行って酷い目にあったというのに、まったく懲りていませんでした。
 ニセコのパウダーはBE!POPでは歯が立ちませんでしたが、160cm程の板を借りることが出来たので、以後は快適に滑れるようになりました。お気に入りの写真は、実は借り物の板で滑っているときのものです・・・。

150cmの板で深雪を滑る方法

 やられっぱなしも悔しいので、短い板でもどうにか深雪を滑る方法を試してみました。抱え込みが出来るという条件付きですが(以後、抱え込みが分かる人のみ対象)。

 板が短い上にセットバックも無しだと、かなりテール側に荷重してもノーズが浮きません。ノーズが浮くほどテールに荷重すると、もはや完全な後傾になってしまいます。これではターンが出来ません。
 そこで、テールに荷重しつつ上体をノーズ側に被せ前足を引き寄せる、という動きをしたところ、ようやくノーズ浮くようになりました。この姿勢と抱え込みを組み合わせて、どうにかターンが出来るようになった頃には、既に深雪は食い荒らされていました。
 ちなみに、おそらくあまりエレガントな滑りではないと思われる上に、楽しくもないので、やむを得ない場合以外は素直に長い板(少なくとも短くない板)で深雪を滑る方がいいでしょう。その方が絶対に楽しいと思います。

オーリー、ノーリー

 パウダースノーが無くなった後は、ひたすらオーリーとノーリーの練習をしていました。あんまり上手く出来ないもので。
 連れの上手い男性にアドバイスをもらい、少しずついい感じになってきました。たまには美人抜きでガッツリ滑るのも悪くないですな。男同士でコソ練して、女の子に良いところを見せる。これもスノーボードの醍醐味の一つと言えるでしょう!

ユテルメ谷川

IMG_0767IMG_0768

 滑った後はもちろん温泉です。露天風呂は雪も舞っていて風情がありましたが、いささか湯がぬるかったですな。内風呂は丁度良い湯加減でした。

おそば屋さん

IMG_0770IMG_0771
IMG_0772

 温泉の後は、おそばを食べて帰ってきました。ゆったりとしてくつろげるお店でしたね。水上に滑りにきた際は、また寄って見ようとお思います。

 明日からまた仕事ですが、腰が悲鳴を上げています。痛い、マジで痛い・・・。

<<10/11シーズン番外編 某スキー場   10/11シーズン12日目 万座温泉スキー場>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です